CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2021年11月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
アスリート雇用で社会貢献 [2012年09月30日(Sun)]
 ロンドンオリンピックの水泳競技の主将を務めた
松田選手を支援したのは、宮崎発祥の「コスモス薬品」
でした。

 企業の宣伝ではなく、地域貢献、社会貢献として、
無条件の支援でした。

 先週の西日本新聞に、アスリート雇用の民間組織が
紹介されていました。

 地場企業 障害者の仕事と競技支援
 選  手 国際大会で活躍 地域に力
 福岡モデル 値千金  


  ロンドンパラリンピックで金メダルを獲得した
 ゴールボールの2選手が所属する、民間組織の
 障害者スポーツ選手雇用センター「シーズアスリート」
 (福岡市)に注目が集まっている。

 仕事と競技の両立に悩む選手を支えようと、地場企業が
 会費を出し合って雇用の場をつくり、遠征費も支援する
 全国初のシステムを確立。

 2005年の発足以来、初のメダル獲得に沸いている。


 ☆シーズアスリート

 選手を雇い、雇用センターへ出向させる特別会員(2社)の
うち1社は、福岡の宮崎県人会の会長の小山田浩定さんが
相談役になっている総合メディカルでした。

「メダリストの存在は地域を活気づけ、福岡の魅力を
 上げてくれる」と今後の支援も約束。


 企業の社会貢献をコーディネートする存在が
重要だと思いました。

10月5日に宮崎市で開催される「社会貢献
コーディネーター養成講座」が楽しみです。

 ☆みやざき公共・協働研究会

 
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ