CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
企画力向上実践講座の模擬審査 [2012年02月06日(Mon)]
 2月4日に開催された企画力向上実践講座の模擬審査会
には、宮崎大学の根岸准教授をはじめ、実際の県内の公募
事業の審査員を何度も何度も経験している方が5人も並びました。

 「私たちが、大御所と呼んでいる宮崎のNPOの重鎮から、
直接、しかも、まとめてアドバイスが受けられます。」と告知
しましたが、私の想定を超えたコメントが出てきました。

 終了予定時間を越えても、熱気の続く会場の雰囲気に、
進行役の井上センター長は、打ち合わせにないコメントを
5名の模擬審査員に求めました。

 企画公募事業の応募で、一番大切だと思うことに、
模擬審査員は、それぞれの立場で答えてくれました。

 NPOの大御所ふたりのコメントに、私の勤務地の
延岡から参加したNPO法人申請検討中の方が、
大きく、うなずいていました。

 公募事業の事業名をどうするか

 事業内容が、盛りだくさんになった時どうするか

 答は、大御所に直接聞いていただくか、NPOの
相談員の見習い中の私に聞いてください。

 でも、実践講座のようなチャンスを逃さないことが、
一番大切だと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ