CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
花堂監督のシーン [2012年01月21日(Sat)]
 昨夜、花堂監督の最強のNPOスタッフ養成講座が
終わったとき、シーンとしていました。

 ☆ 映画「夢 追いかけて」 (花堂純次監督)

 「つまらなかった」時と、同じ様な反応ですが、違います。
「聞き入ってた」と前の席の人がつぶやきました。その人は、
クリエーターでした。

 私は、たくさんのシーンがありすぎて、消化しきれてない感じでした。

 まる一日たって、気づきました。編集前の映画を見せられたようだと。

 あのシーンとこのシーンをつなげれば、観客は、こう考える。
そういうことが、いくつか、浮かび始めました。

 講座に引き続き開かれた、NPO事務局長連絡会議には、私は参加
しませんでしたが、花堂監督は同席していました。
そこで、映画の編集作業のような、やりとりがあったような気がします。

 脱線した話は、すべて、後から編集で使う可能性のあるシーンでした。
ほんとうに、そんな風に思えてきました。

 今度は、小林でという話も出ていました。
次の機会には、ぜひ、皆さんも、編集前の映画のような話を聞いて、
自分で、シーンをつなげてください。

 私が、つなげたいシーンのモチーフを、メモで残しておきます。
 助監督には、ファースト、セカンド、サードがある。

 花堂さんがファーストになった時、花堂の下では、人が育たないと言われた。

 花堂さんは、ピンク映画時代、助監督二人で、全ての映画スタッフの仕事をこなした経験がある。

花堂さんは、助監督チーム全員の仕事をカバーしていた。

 できの悪い上司がいる時は、チャンスだ。

上司のカバーをすれば、いい仕事ができる。

部下が、してほしくないことが、わかる。

 先に、胸をひらいた方が勝ち。

 指摘するだけでなく、代案を出す。

 制約があるから、いい仕事ができる。

 山本晋也監督は、予算10倍以上の作品で、大失敗した。

 一番いい案は、二番目に出す。

 場の空気をつくるのが、助監督の仕事

まず、声を出す。

相手のふところに、飛び込む。

相手の目を見る。

 興味のない話題にも、話をあわせる方法がある。

 助監督は、男芸者。
でも、こんな瞬間を共有できるなら、それでもいいと思った。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ