CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
東京おもちゃ美術館の復興支援 [2011年12月03日(Sat)]
休憩なしの2時間の話は、あっという間でした。

 東京おもちゃ美術館の多田千尋館長の講座の
テーマは、NPOマネジメントの極意を伝授!」でした。

 空港から会場に来る車中の話で、復興支援の
話が加わることになりました。

 4月7日に被災地支援に入って、150ヶ所を訪問し、
遊びとおもちゃで、心の栄養補給をした「あそび支援隊」が
なぜ実現できたか。

 1週間で1万個のおもちゃを集めたのは、グッド・トイの
コンクールを実施してきた250社の協力があったから。

 おもちゃの箱詰めは、多田さんが非常勤講師をしている
3つの大学の学生が活躍しました。

 多田さんは、早稲田大学で福祉、お茶ノ水女子大で保育、
明治大学でNPO経営の講座を担当しています。

 150ヶ所の訪問ができたのは、全国に5千人いる
「おもちゃコンサルタント」の力です。

 1万個のおもちゃは、2ヶ月で配ってしまい、まだ、
訪問予定のスケジュールが決まっていました。

 第2段は、市民から集めることにして、首都圏の
会員100万人のパルシステムという生協に、企画を
持ちこみました。

 今度は、積み木に限定しました。品質に差がないからです。

 阪神淡路大震災の時には、使えないおもちゃの処分に労力が
かかった反省がありました。

 パルシステムのホームページのトップ画面で募集しました。
生協の回収BOXで、積み木を集めました。

 3人に1人は、盛況で新品を購入して協力してくれました。
輸送費は、生協が支援してくれました。

 ☆ パルシステム

 なぜ、短期間で、これだけの被災地支援ができたか。

 今日の講座で、東京おもちゃ美術館の立ち上げの話を
聞いた時に納得しました。

 講座に参加できなかった方は、東京に行く機会がある時に、
東京駅から5、6分の東京おもちゃ美術館を訪問して、
おもちゃ学芸員から続きの話を聞いてください。

 ☆ 東京おもちゃ美術館

 明日、小林市か都城市に行ける方は、直接、多田さんの
話を聞いてください。

 ☆ NPO等活動強化支援事業
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
 つながる、広がる講座が楽しみです。
多様な主体による協働も、こんな風に、
つなげていくことが大切だと思います。
Posted by:せとぽん  at 2011年12月06日(Tue) 22:04
講座の紹介ありがとうございます。
マネージメントとは人材育成&活用だという 誰でも知ってるはずで気付かない内容でしたが、良かったと思います。

 来年には、この記事でも取り上げた、パルシステムの山根さんの講座を予定しています。ぜひご参加下さい。
Posted by:おいちゃん  at 2011年12月05日(Mon) 17:41
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ