CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
認知症の問題行動を抑制しないシステム [2011年10月13日(Thu)]
 私は、16年前、2週間の米国での自治体職員研修に参加しました。
その時、一番、印象に残ったのは、ニューシティの高齢者住宅でした。

 建物の中にプールがあり、介護を受けるお年寄りも住んでいる。
垂直の移動の方が、効率よくサービスが提供できると説明されました。

 30代だった私は、これからの日本に必要なしくみだと思い、帰りの
飛行機で、眠れないほど興奮していました。

 日本にも、そんな高齢者住宅があるのを、春山満さんの「人生で
いちばん輝くとき」とう本で知りました。

 ☆「人生でいちばん輝くとき

 春山さんがプロデュースしていたのは、町田市の「鶴間アシステッド
ナーシング&リビング」です。

 7階建ての建物の中に、ほんの少し介助が必要になった段階から、
重度の要介護状態、看取りまで、さまざまな介護に対応するサービス
が行われます。

 1階に、クリニックとデイサービス、ヘルパーステーション、ショート
ステイなどの在宅看護機能があります。

 認知症で問題行動のあるお年寄りのスペシャルケアのフロアは、
二階にあります。問題行動を抑制せず、ゆるやかに管理する
システムが導入されています。

 八室を1ユニットとし、それぞれ屋上庭園と一体化した回廊式の
ユニットが3つあり、管理されているのを気づかせないしくみの中で、
お年寄りが自由な意志で徘徊できます。
 スタッフステーションが中心に配置され、夜間の集中管理を行います。

 ユニット内にはキッチンがあり、料理の匂いを漂わせたり、スタッフと
入居者が一緒に食事の準備をしたりと、少人数の家庭的な雰囲気の
中で、一日のリズムをつくります。

 問題行動のあるお年寄りは、他の要介護のお年寄りとともに暮らすと
混乱が生じますが、スペシャルケアの設備の整ったフロアで介護する
ことによって、抑制をかけず穏やかに暮らしていけるようにしています。

 3階、4階は、在宅介護、在宅医療を提供するアシステッドナーシング
です。

 5階から7階は、ご夫婦を対象にした賃貸しマンションです。
訪問介護を受けながら、夫婦水入らずで暮らせます。

 炊事が億劫な時は、階下のアシステッドナーシングの食堂を
利用できます。

  ☆アシステッドナーシング&リビング「鶴の苑」

 宮崎県内にも、病院に隣接した高齢者住宅などができています。

 制度の枠にとらわれずに運営している「かあさんの家」があります。

 新しい施設をつくるだけでなく、既存の施設の改装や、サービスの
組み合わせで、どんな状態になっても、どこにも移らなくてもいい
介護システムができないか、考えていくことが大切だと思います。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ