CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

宮崎のNPOの魂を伝えるブログ

宮崎のNPO支援サイト
「街が元気だネット!」のレポーターSが
思わず感動してしまった話


<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリアーカイブ
最新記事
最新コメント
坂本郁代
宮崎でフードビジネス・コーディネーターセミナー  (02/08) 長友宮子
公務員としての原点 (08/11) ままのて
コミュニティーサロン ままのて (01/23) 吉沢アキラ@能力開発
車いすのアナウンサー (06/05) ビジネスと心理の★吉田ケイ
ひむか感動体験ワールド (06/01) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) 宮崎がん患者共同勉強会スタッフ
「とるぞ!! 認定NPO法人」 (03/18) でちぃ〜ん
進化したポメラ (02/15) でちぃ〜ん
ポメラの文書が消える理由 (02/14) でちぃ〜ん
ポメラの故障? (02/14)
最新トラックバック
長崎のNPOが食を通じ被災地支援 [2011年05月15日(Sun)]
 5月15日の西日本新聞に掲載されていました。

 被災地の避難住民やさまざまな支援活動に
携わっている人々に、ミネラルやビタミンに富んだ
食を届け、復興へのエネルギー補給に役立ててほしいと、
長崎県佐世保市のNPO法人「大地といのちの会」(吉田
俊道代表)が、天然素材をふんだんに使ったふりかけ食品
「元気っこ」を現地に送る取り組みを進めている。


 確かに、緊急事態では、栄養管理は後回しになりがち。
でも、そこから、疾病が起こりやすくなります。

 同製品(元気っこ)は、地元の障害者福祉施設「麦わら帽子」
の手によって商品化。海の微量ミネラルが濃縮されたトビウオや
イリコをはじめ、昆布、ゴマ、シイタケ、土づくりを徹底して
育てた無農薬野菜を皮や成長点ごとに粉末にした食品で、
ごはんなどに振りかけるのはもちろん、そのまま食べても
おいしい。これまでに2回、宮城県石巻市や気仙沼市の
被災地に、メッセージや使い方を書いたシールを貼って
届けた。


 大地といのちの会のホームページの交流掲示板に、
吉田代表のコメントが掲載されていました。

 今日の西日本新聞に、元気っこ支援プロジェクトが大きく掲載されて
いました。
元気っこを被災地や原発作業員のみなさまに届ける取り組みです。
食農欄ですから、全国の西日本新聞に載っていることになります。
ありがとうございました

これから、息長く続けたいので、みなさまご支援よろしくお願いします。


 西日本新聞には、この活動への支援方法も
紹介されています。

 この支援活動に対する寄付を募っている。
郵便振替で加入者名「大地といのちの会」
口座番号01760−3−90692へ。

通信欄に「元気っこ支援」と明記を。
1パック560円で市販もしている。
問い合わせは同会=0956(25)2600。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました
» 脳外科病院にて高次脳機能障害追加申請と病院食堂で大盛り from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
 交通事故による脳挫傷による後遺症と今まで大学生からサラリーマン=現場監督として闘ってきているが、2月にハ... [Read More]
Tracked on 2011年05月16日(Mon) 15:46
» 脳外科病院にて高次脳機能障害追加申請と病院食堂で大盛り from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
 交通事故による脳挫傷による後遺症と今まで大学生からサラリーマン=現場監督として闘ってきているが、2月にハ... [Read More]
Tracked on 2011年05月16日(Mon) 15:46
» 脳外科病院にて高次脳機能障害追加申請と病院食堂で大盛り from 脳挫傷による見えない障害と闘いながら・・・
 交通事故による脳挫傷による後遺症と今まで大学生からサラリーマン=現場監督として闘ってきているが、2月にハ... [Read More]
Tracked on 2011年05月16日(Mon) 15:45
コメント
プロフィール

せとぽんさんの画像
リンク集&私の訪問先
月別アーカイブ