CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
第4回 干潟観察会のご案内です! [2020年06月29日(Mon)]
広島干潟生物研究会、科学実験教室ラボ・オルカから第4回 干潟観察会のご案内です!

ウミホタルの幻想的な光、アカテガニのお産に立ち会おう!

ウミホタルをトラップで捕まえ、青白く輝く様子を見つめます。また、満潮に近づくとアカテガニが集団で海辺にお産(正確には放仔)にやってきます。
足元には、キュートなハマダンゴムシが動き、アスリートのスナガニが走り出し、ヒメハマトビムシやヒゲナガハマトビムシが何百匹もピョンピョンハイジャンプ。月は小さく、満天の星空にうっとりとなるかも!

かわいいチラシ&うみほたるホイホイの作り方
→ 第4回干潟観察会.pdf

◆日時
2020年7月18日(土)19:00〜21:00

◆場所
江田島荒代海岸

◆内容
島嶼部にある典型的な前浜干潟に出かけ、発光生物であるウミホタルを採集し、観察する。またアカテガニの放仔に立ち会うとともに、夜行性海岸生物の多様性に触れる。

◆持参するもの
懐中電灯(各自)、タオル、軍手、健康保険証の写し、ウミホタルホイホイとエサ(チラシを参照に各自で作ってくる)、体温計
※あれば便利
カメラ、ビデオカメラ、スコップ、小さな水槽、小さな網、星座早見盤

◆服装
長靴、長袖、長ズボン

◆参加費
無料
ただし、帰路のフェリー臨時便(切串吹越桟橋→呉ポートピア港)をご希望の方からは片道運賃を当日会場で切符と引き換えに徴収します。(釣銭のいらないよう)
※片道運賃大人340 円、小人170 円、軽自動車1,170 円、普通車(6m 未満)1,900 円。
ただし、車両運賃に運転者1 名分の運賃は含まれています。

◆ガイド
広島干潟研究会事務局長 くや みつお

◆当日の日程
19:00 集合「荒代海岸」受付・検温・諸注意・レクチャー
19:30 トラップを設置後、アカテガニの放仔などの観察、海岸の生き物観察
20:30 トラップの引き上げ、観察
21:00 解散、切串吹越桟橋へ移動
21:40 切串吹越桟橋発(呉ポートピア着21.52)

◆申込
「ウミホタル申込」とタイトルをつけてメールで7月13日までにお申し込みください。
E-mail:higataken98@yahoo.co.jp
電話でも可:082-274-4100
@参加者・引率者全員のフルネーム、男女の別、学校名、学年、成人の場合は「成人」代表者の連絡先
A帰路のフェリー利用希望の有無(希望者は、「軽」か「普通車」かを明記。)
*帰路のフェリー利用の場合、申込順で30 台で締め切りますので、それを超えた場合は、呉回りの陸路でお帰りください。

ひらめき注意事項などありますので詳しくはチラシをご覧ください。


Posted by さとうみ振興会 at 19:37 | 事務局より | この記事のURL
わくわく土曜講座(IT系)を開催しました! [2020年06月29日(Mon)]
第1回わくわく土曜講座(IT系)を開催しました!

この講座は、マツダ財団助成事業です。

□わくわく土曜講座(IT系)第1回 オリエンテーション

◆開催日
令和2年6月20日 12時30分〜14時45分

◆講師
公益社団法人 日本技術士会中国本部:長原基司/近藤寿志

◆参加者
2年生2人 3年生1人 4年生3人 5年生1人 6年生1人・・・計8人

◆2020年 わくわく土曜日講座 スケジュール
→ わくわく土曜講座(IT系)2020開催スケジュール.pdf

◆内容
まずは第1回目ということで、これから学習していく以下のことについてのお話やデモンストレーションを行いました。

技術士って?何?
みんなになじみがあまりない「技術士」について、どんなところでなにをしているかなど一例ですがあげて説明しました。
■例えばケーキをつくるときにもいろんなところで働いているんだよ
・ケーキのイチゴを育てることができる温度の開発にとりくんでいるよ
・安心なケーキをつくるため、牛乳やタマゴの検査方法を考えているよ
・ケーキをつくる水の排水を安全に処理するしくみをつくっているよ
・ケーキをつくる工場の機械のコンピューターシステムで管理しているよ
・タマゴを衛生的に早く割る機械を開発したんだよ
・機械を動かす電気を効率よくつかえるような仕組みを作っているよ
・工場でつくった各地のお店に届けたりするしくみを作っているよ
・お店の空気をきれいにするしくみをつくっているよ
・ケーキを長持ちさせる包装フイルムの開発にとりくんでいるよ
・ケーキを運ぶ道路や鉄道の建設にとりくんでいるよ
・魚が住めるような水をチェックする環境にやさしいとりくみをしているよ
・地球温暖化を吸収する緑づくりにとりくんでいるよ

プログラムって?何
・コンピューターは人間と同じ
・コンピューターのCPUは人間の脳と同じ
  →計算したり判断したりする(演算装置)
  →考えてコントロールする(制御装置)
  →いろいろな情報を記憶する(記憶装置)
・人間はどのようにして動く?
  →目や耳、手からはいってくる情報をから脳が,さまざまな判断をして動きます。
・コンピューターもカメラ(目)、マイク(聴覚)、キーボード(触覚)などからの情報をもとにCPU(脳)がピログラムにもとづきさまざまな判断をして動作します。

wakuwakuit1.png


プログラムはどのようにしてつくられる?
・人間の場合
 @やり方を全ておしえてもらう
 Aやりかたを自分で勉強する

・コンピューターの場合
 @全ての動作を人間がプログラムをつくって組み込む
 Aコンピューターが自分で勉強する

この教室でのプログラミング
 全ての動作を人間がプログラミングする@の方法を勉強します

この教室で使うプログラミング言語は
「スクラッチ」というプログラミング言語を使います。命令のブロックを積木のように組み合わせて使います。

wakuwakuit2.png


image004.jpg


◆mBotのデモンストレーション
image005.jpg

黒の「8」の部分をmBotが走ります目


◆ドローンのデモンストレーション
image006.jpg

少しだけ飛ばしてみました


◆参加生徒の感想ですわーい(嬉しい顔)
・ロボットも人と同じようなことができることが判った
・黒い道路についてセンサーガ辿って行くのがすごい
・コンピューターで動くこと
・最初は、コンピューターにかんするお話を聞き、ドローンと車を走らせてくれました。
 コンピューターには機械がいっぱい入っていて、それが動いていることがわかりました
・ロボットの車にはセンサーがついて黒い道路に反応し動くのがわかりました
・センサーが判断することが面白かった
・小さくてもセンサーの機能が詰まっていることがすごかった
・プログラムをつくらないと動かないなんて初めてしりました
・ドローンが飛んだこと

次回(7月11日)から、本格的に学習にはいります!
まずは「スクラッチ(プログラム)に親しむ」を3回に渡って学習していきます。
Posted by さとうみ振興会 at 19:14 | わくわく土曜講座(IT系) | この記事のURL