CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2020年06月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
第17回通常総会を開催しました! [2020年06月04日(Thu)]
第17回通常総会を開催しました!

開催に先立ち、第43回理事会を開催し、会長・監事参加の下、過去17年間の総括と課題について討論をして、今期活動計画についてご承認を頂きました。

◆日時
令和2年5月30日(土)13時〜16時

◆場所
さとうみ振興会事務局内

■第43回理事会審議事項(13時〜14時)
次項有山本民次会長の研究ご紹介
広島大学において長年取り組まれた水産環境の保全・修復に関する研究で、沿岸海域での
保全・再生を川の上流から下流までの「流域圏」として広域的に捉え、雨水が山から川を経由し、都市部で様々な物質を取組み、海まで流れていく物質循環(水・土砂・栄養塩)の解析と、終着点である海底の環境改善に取り組んでこられました。
海底は、魚等の餌となる生物の棲みかでもあります。そこへ、自然の分解が追い付かない
量の有機物を含む泥が堆積すると酸素が通りにくい状態となることから有毒な硫化水素が発生し、生物が生息できない環境となります。
同人は、牡蠣殻、石炭灰造粒物、鉄鋼スラグ等が、硫化水素の吸着・酸化効果があることを、実験的あるいは現場実証試験で解明されています。
注:文部科学省大臣表彰・日本水産学会賞 受賞紹介

当会も、山口県玖珂郡田布施町馬島海域並びに海老養殖跡地において実証実験を行っています。
ひらめき2011.8.18ブログ参照
ひらめき2013.5.10ブログ参照

◆NPOの取りまく環境
全国NPO累計 5万1410団体、解散数累計 1万8415団体その内、広島県内累計 821団体、解散数累計333団体、取消数50団体と減少方向にあり市民活動に陰りが生じています。その原因は、主に少子高齢化の加速に加え、活動者の高齢化、後継者育成等に課題があることなどから今後の活動については身の丈にあった活動にならざるを得ないこと、財政的なことも考え、合理的な運営に取り組むことを共通認識としました。

■第17回通常総会(14時〜16時)
報告事項
第1号議案 事務局業務ボランティアについて

第2号議案 解散・継続等の要望と会員意見の集約(経緯)
 ・歴代理事長座談会(H30.4.26)
 ・勧告書(H30.6.12)
 ・発足以来の活動総括紹介
 ・キャリア形成促進のための「里海学入門テキスト」
 ・共通課題の抽出(解散・継続)
 ・見なし総会の開催(H30.11.21)
 ・第40回理事会(H31.3.2)
 ・継続を希望する活動(海・海以外)
 ・精算検討委員会の設置(H31.6.1・R1.12.14)

審議事項
第3号議案 事務局運営について
 ・事務所賃貸契約の継続
 ・さとうみ振興会 会員の推移と会費の推移
 ・第9期(後期)役員名簿
 ・令和2年度事務局ボランティア体制

第4号議案 会員への資料等引継ぎ状況について
 ・引継を終えたもの
 ・引継未了なもの

第5号議案 令和2年度の取り組み
 ・ボランティア会員の再募集
 ・新役員候補者の推薦
 ・新役員に期待するもの

第6号議案 旅費等の基準についての一部改正
 ・活動単価の切り下げ、精算委員会の謝金等

第7号議案 さとうみ振興会精算委員会の設置に関する規則

第8号議案 平成31~令和元年度事業報告並令和2年度事業計画について
 ・25件の活動と事業内容、場所、従事した人数、受益者数、事業の形態

第9号議案 令和元年度特定非営利活動に係る事業収支報告書
 ・当期収入1628千円 当期支出額 2929千円

第10号議案 令和元年度預金残高証明書(監査)

第11号議案 令和2年度予算計画について
 ・次年度収入予定額1776千円 次期支出予定額7120千円

Posted by さとうみ振興会 at 11:25 | 事務局より | この記事のURL