CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

NPO法人 さとうみ振興会

NPO法人 さとうみ振興会(さとうみしんこうかい)からのお知らせや、活動報告などを書いていきます。
当会のホームページはこちらです。
http://www.satoumi.org/


プロフィール

さとうみ振興会さんの画像
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリアーカイブ
検索
検索語句
熱中症予防声掛けプロジェクトに
賛同しています!
125_125_01.jpg
第3回 わくわく土曜講座(自然科学系)を開催しました! [2020年07月17日(Fri)]
第3回 わくわく土曜講座(自然科学系)を開催しました!

この講座は、マツダ財団助成事業です。

■第3回 リサイクルキャンドルを作ってみよう!
      
◆開催日
令和2年7月4日(土)13:00〜15:00

◆講師
青山範子
◆サポーター
高松篤志・田坂敦

◆必要なもの
紙コップ、空き瓶(児童持参)、割箸、コンロ、ホットプレート、鍋又はやかん(ロウを溶かす物)、アルミホイル、クレヨン、はさみ、カッター、セロテープ、牛乳パック(容器)、バケツ、氷、新聞紙、雑巾リサイクルろうそく、 等

★ろうそくとキャンドルのおはなし
  
ひらめきクイズ1:どんな時に、ロウソクが使われているかな?
明かりとして停電の時。誕生日や結婚式などイベント。仏壇、祭壇。
癒しとしてなど、いろいろな時に使われている。

ひらめきクイズ2:ロウソクの原料は何だろう?何でできているの?
植物(ハゼの実、松脂)、鯨の油を使った蝋、ミツバチの巣からとる蜜蝋など現代は多くが、石油(パラフィン)を原料として造られている。


ひらめきクイズ3:ろうそくはいつごろ生まれたのだろう?
なんと今から3500年も前!!紀元前1550年頃の古代エジプトではすでにつかわれていたんだよ。
ミイラつくりにも使われていた。日本では奈良時代に中国から仏教と一緒に入ってきて使われ始めた。

★「ロウソクの科学」をちょっとのぞいてみよう
rosoku1.png

image002.png

image003.jpg

image007.png

image008.jpg

image010.png

image011.jpg

image015.png

image016.jpg


7月7日はクールアースデー(COOLCHOICE)というお話し、覚えていますか?
あいにく今年は大雨でそれどころでは、ありませんでしたね。
いつか、今回作ったロウソクを食卓に並べて、電気を消し家族そろって団らんの時間を作ってみてくださいね。

image019.jpg


参照URL:https://ondankataisaku.env.go.jp/coolearthday/

★★ 次回のお知らせ ★★
・日時 8月8日 13時から15時
・もちもの 新聞紙1部 はさみ カッター 筆記用具 (忘れないでね!)
・休む時は早めご連絡ください。 さとうみ振興会 082-533-6111

Posted by さとうみ振興会 at 19:17 | わくわく土曜講座(自然科学) | この記事のURL