• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2024年02月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
ミッチー写真部「石のお寺の早春風景」 [2024年02月27日(Tue)]
皆様、お元気でお過ごしでしょうか。
ミッチー写真部の中川倫子です。
今年は暖冬で梅がものすごく早く咲きましたが、今週になってひどく寒い日があったりして体に応えますね。どうぞ風邪などひかれませんように。

さて、ミッチー写真部の2月教室は滋賀県の石山寺に行って参りました。
石山寺は平安時代に貴族達の間で「石山詣」が盛んになり、紫式部が参籠した折に源氏物語の着想を得たと言われております。大河ドラマも放送中ですので実にタイムリーですね。


まずは参加メンバーが揃ったところでレジュメを基に本日のポイントを説明。
「石山寺で何を撮る?」
@天然記念物の硅灰岩
A満開を迎えた梅の花
B定番のお寺の風景など
目的が定まったところでレッツゴーです(レッツゴーは古いですねふらふら

P2240003.JPG

入口の庭園で遅いシャッタースピードで小さな滝を繊細な感じになるように表現してみました。
手持ちですが皆さんお上手でした。


P2240007.JPG

池に映り込んだ光。グリーンとブルーが入り混じって不思議な印象になりました。

P2240019.JPG

寒桜も咲いていました。早春の雰囲気を出すためにものすごくプラス補正にしています。
そして出来るだけ黒い太い枝を入れないように気を付けて。枝が入るといきなり現実に引き戻されます。


P2240029.JPG

登り龍のようにも見える梅の古木。幹に苔だかなんだかわからないカサカサした物体が付着。
花ではなく幹に注目してみました。


P2240033.JPG

散った梅の花びら。梅の花びらって本当に小さいので今まであまり意識しなかったのですが、木の枝の股に積もっている状態にそこはかとなく哀愁を感じました。

P2240038.JPG

第一梅林を俯瞰で。桜のように派手ではないですが、良い香りが漂ってきていました。観梅の方も早春の風景を愛でておられるようでした。

P2240049.JPG

石山寺といえば、その名の通り石の山の上に建つお寺です。本堂の前にそびえ立つ大きな岩は天然記念物の「硅灰岩」で世界的にも珍しいのだとか。昔の人々は奇岩ともいえる「硅灰岩」のこの山を神仏のよりどころのように感じていたようです。

P2240023.JPG

メンバーの撮影風景です。石のお山をグルっと一回りしながらみんなで早春の風景を探しました。
写真部も残すところ二回です。段々お互いの事がわかって和気あいあいな雰囲気になりました。
5月から新しいミッチー写真部がスタートします。
さてさてどのような方々が集まって下さるのでしょう。学校の卒業と同じように今までのメンバーと別れるのが寂しくて、新しいメンバーにお会いするのが楽しみでもあり・・・。
ミッチー写真部に所属して楽しかったと言っていただけるよう頑張ります。


3月は大好きな三井寺での桜撮影です。
ちょうどの見ごろになってくれるだろうかと今からドキドキしています。
あ、その前にメンバーの写真展が開催されまーす!
3月16日から21日までなんばシティのカメラのキタムラさんで展示させてもらいます。
お近くの方は是非ご覧ください。とっても力作揃いですので。
どうぞよろしくお願いいたします。


。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓   
http://www.npopcc.jp/classroom/

━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
Posted by PCC at 18:26
タムタク写真部「動きもの」_葛西臨海公園 [2024年02月25日(Sun)]
今回のタムタク写真部「動きもの」は葛西臨海公園にて「「野鳥」」撮影です。
今までは乗りものやレースなど行けば撮影出来るものでしたが今回は自然相手です。

野鳥撮影と言ったってそう都合よく鳥さんがいてくれる訳ではありません。
さあ、どうなることか・・・
ここ数日は雨や荒天が続きましたが晴男の写真部ですので今回も良い天気です。
のんびり行きましょう!

1I9A5100.jpg

1I9A5104.jpg

梅や河津桜が咲いていますね。メジロが来ないかな・・・

1I9A5108.jpg

海沿いに出て見ました、天気が良いので気持ちが良いです。

1I9A5124.jpg
1I9A5633.jpg
1I9A5163.jpg

1I9A5601.jpg

1I9A5632.jpg

公園内の野鳥園にやって来ました。

1I9A6280.jpg

1I9A6409.jpg

1I9A6469.jpg

1I9A6471.jpg

暖かな公園内を一周、野鳥もそれなりには撮れました。
今回もご参加頂いた皆さまお疲れ様でした。

1I9A5087.jpg

講師撮影画像
https://tamutaku.com/?p=10587
Posted by PCC at 20:39
もんげえ。写真部2月「水島コンビナートの夕景&夜景」撮影会   [2024年02月22日(Thu)]
皆さんこんにちは、もんげぇ。写真部の虫上です。

もんげぇ。写真部、2月の撮影会は私が子供のころから遊んでいた水島コンビナートでの撮影会でした。いつもの場所に集合してから移動するのですがコンビナート撮影は2回目ということもあり、すでに現地で撮影している積極的な方も^^

LINE_ALBUM_20240204_240218_1_R.jpg

LINE_ALBUM_20240204_240218_2_R.jpg

まずは全員そろってから三脚の立て方や手順など、レクチャーを開始しました。

LINE_ALBUM_20240204_240218_4_R.jpg

LINE_ALBUM_20240204_240218_3_R.jpg

LINE_ALBUM_20240204_240218_5_R.jpg

コンビナート撮影は夕暮れから開始することがほとんどですから明るいうちから皆さん、それぞれのポジションい三脚を立てています。

240204-170300_R.JPG

240204-172858_R.JPG

実は三脚を立てている付近にもこんな被写体がありますよ!!

240204-171240_R.JPG
photo by hono

夕暮れの工場地帯も手前のうみの部分が奇麗ですね。

240204-171429_R.JPG

望遠で狙うとこんな被写体も絵になります。

240204-175540_R.JPG

こちらはメインのカマボコ橋夕景です。

240204-181718_R.JPG

これは夜景です。

240204-183654_R.JPG

こちらは夜景の望遠作品です。アシスタントのほのさんも気に行ってたようですね^^

240204-173041_R.JPG

電線だらけでも旨く取り入れてみましょう。

こんな感じで皆さんそれぞれに夜景を楽しまれてました!参加された皆様、ありがとうございました。
次回は写真旅・勝山のひなまつり撮影会です!どうぞよろしくお願いします。









Posted by PCC at 11:16
タムタク写真部「(裏)鎌倉」_大船観音 [2024年02月21日(Wed)]
タムタク写真部には鎌倉部が2つありますが今日は(裏)コースです。
メイン所ではなくマイナーな場所を狙って撮影さんぽします。

今回は大船観音からスタートです。
大船観音は電車からも見え見慣れた風景ですが意外と行ったことが無い場所ですね。
ではさっそく撮影して行きましょう。

L1124600.jpg

観音様の真下までやって来ました。
自然と上向きの撮影になりますね、首がつらい?

L1124635.jpg

L1124637.jpg

L1124641.jpg

L1124644.jpg

観音様のお腹の中にも入ってみました。

L1124730.jpg

L1124735.jpg

さて次の場所へ移動です。
こちらはほぼ観光客も行かない裏エリア、裏大船のお寺「龍宝寺」です。
広い境内には立派な本堂のほか民俗資料館や国の重要文化財にも指定されて
いる旧石井家住宅などが点在しております。

L1124874.jpg

L1124885.jpg

L1135033.jpg

今日は2月とは思えない陽気で暑かったですね。
今回もご参加頂いた皆さまお疲れ様でした。

L1124617.jpg

講師撮影画像
https://tamutaku.com/?p=10532
Posted by PCC at 13:14
タムタク写真部「鎌倉」_荏柄天神 [2024年02月21日(Wed)]
今日のタムタク写真部は梅のかほりに誘われて(笑)荏柄天神です。

朱色の鮮やかな社殿が迎えてくれます。
梅の開花はもう少しと言った所でしたが光が良く撮影が楽しいですね。

L1124003.jpg

物を撮らずに光を撮ろう!が本日の合言葉。

L1124048.jpg

L1124052.jpg

L1124054.jpg

L1124059.jpg




L1124107.jpg


奥まったところには筆塚
有名な歴代漫画家のプレートが貼られています。

L1124169.jpg

さてそろそろ次の場所へ移動しましょう。

L1124250_2.jpg

続いては鎌倉幕府後を散策です。
途中、源頼朝公のお墓にも立ち寄り「撮影&歴史探訪」となりました。

L1124305.jpg

L1124313.jpg

今回もご参加頂いたみなさまお疲れ様でした。
今日は暖かくて気持ちが良かったですね。

L1123994.jpg


Posted by PCC at 10:44
2023年11月 くっきー写真部「モノクロで撮るキラキライルミ」 [2024年02月20日(Tue)]

やっと2023年最後のレポートBlog...あせあせ(飛び散る汗)
昨年12月のくっきー写真部は、この時期の定番、イルミネーション撮影......ですが、いつもとはちょっと趣向を変えて、モノクロで撮ってみよう!ということに。

とはいえ「モノクロ以外は絶対ダメ!」というわけではなく、モノクロベースながらも「これはカラーの方がいい!」という場面ではカラーで撮るのもOK!というゆるい感じで楽しく撮ろうの会、です。

集合場所は大阪市役所前。2025年(って、来年ですやん!)に大阪で開かれる万博のキャラクター、ミャクミャクが、市庁舎の前にどーーーん!と寝そべっており......これは思わず撮ってしまいますよね。ね?w

DSC_7169.jpg

PC168672.jpg

なんだか目玉だらけの謎キャラクターですが、しっぽにも目がついてるんですよ!と教えていただき、背後に回ると......

PC168680.jpg

ほんまやー!笑

さて、ここからモノクロ撮影スタートです。
カラーだとこんなロケーションなのですが......

DSC_7188.jpg

この通り。
白い背景に白いイルミが重なると、何が何やらよくわからなくなりがちなので、しっかり黒い(暗い)背景にイルミネーションが輝いているところを狙うとよきですね。

PC168689.jpg

今回も、スマホをアクセサリーにしてみました。

PC168693.jpg

周囲の方も、早速続々と。

DSC_7196.jpg

さらにこの日はクロスフィルターを持参していました。
が、イルミネーションは露出不足で暗い写真だと淋しいイルミ写真になってしまいます。露出を上げて写真を明るくすることで華やかさがUPしますね。

PC168710.jpg

PC168704.jpg

そういえばこの日は日中不安定なお天気で、撮影会開始直後にもパラッと雨が降ったもののすぐに止んでくれたのですが、おかげで大きな水たまりがありました。

DSC_7208.jpg

カメラの高さを低くして、水たまりの写り込みを利用して......

PC168702.jpg

こちらは市庁舎の窓ガラスの写り込みを狙っておられるようですね。

DSC_7237.jpg

中之島公会堂まで来ると、プロジェクションマッピングが行われていました。先ほど撮ったイルミと重ねて。
(モノクロだとプロジェクションマッピングがなんだかよくわからなくなるため、カラーで撮影)

PC168739.jpg

DSC_7251.jpg

DSC_7309.jpg

前月同様、水晶玉チャレンジをされている方も!

PC168753.jpg

最後に、シャッター速度を遅くして、シャッターを切った瞬間にわざとカメラを動かす、という撮り方を提案。こちらはシャッター速度1秒で、波の模様が出るようにカメラを上下に動かしつつ、左から右へ振ってみました。

PC168763.jpg

細かな点線が続いているのはLEDならでは。人間の目にはわからないほどの速さで点滅している、ということがわかりますね。

寒い日ではありましたが、時間中はほぼ雨も上がってよかったです。

結論。
イルミ撮影は、時にはモノクロもいいですが、やっぱりカラーが華やかだし撮りやすいですね。笑
皆さん、お疲れさまでした!

DSC_7181.jpg

Posted by PCC at 22:02
かっしー写真部2月 伝統行事「あめ市」のレトロな情景を撮る [2024年02月19日(Mon)]
2024年2月のかっしー写真部は、冬の市を撮る撮影散歩
フォトインストラクターの柏原清です。
いにしえの時代、新潟県糸魚川から、長野県の塩尻まで塩を運んだ街道を「塩の道」と言います。
その街道沿いで古くから続く伝統的な行事で、かつての塩市が現代はあめ市として行われている冬の市です。今回は、そのあめ市の日に合わせ中央商店街を撮影散歩しました。

A7R05123.jpg
縁起物などを売る露店が並ぶ

IMG_2834.JPG
竹内陽子さん撮影 お多福の配置がいい構図ですね

IMG_2802.jpg
太田邦子さん撮影 イカ焼きのいい匂いが伝わってきます

IMG_2839.JPG
滝澤悌二さん撮影 光とメニューのテキストがたくさん並ぶ様子がインパクト大です

IMG_2838.JPG
太田初美さん撮影 あめ市限定の和菓子「こもかぶり」の作られる手元を捉えたいい作品です。

A7R05098.jpg
新酒の完成を知らせる「杉玉」
水の街「信濃大町」には、造り酒屋が3蔵あります。

A7R05144.jpg
菓子店では昔ながらのドーナツに大行列。なんとかゲットしたメンバーさん(笑)

A7R05129.jpg
露店のストーブ やかんから上る湯気と行き交う人並み

A7R05106.jpg
店先の繭玉

A7R05147.jpg
地元出身「鉄拳」さんのシャッターアート。手前はジミー・リャオさんの作品

絞りを駆使して、引き算構図で切り取る…難しいけど楽しい撮影散歩になりました。

次回は3月30日(土)雪解けのミズバショウとザゼンソウ を撮影します!
お楽しみに!

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━
フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!
詳細は下記の URL でチェック↓↓
http://www.npopcc.jp/classroom/
━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
Posted by PCC at 16:43
第10回北関東満喫部 [2024年02月18日(Sun)]
撮影日:2月10日(土)
開催場所:さいたま市 鉄道博物館
ナビゲーター:桜田文洋

北関東満喫部2月は鉄道博物館です。
ここは展示が沢山あり電車内も入れ座れる所があったりかなり楽しめます。
ただ中が暗い、照明の反射、展示の配置が近いので撮影の難易度が高いです。
狙いは全体より部分アップ、あとは露出を変えて表現を変える。
皆様には手ブレを意識し構図はなるべく不自然にならないように頑張って頂きました。

1000.JPG
この時期限定ヘッドマークです。時期物があると何回も行きたくなりそうです。

IMG_7242.JPG
先月撮ったものです。

GJ9A0630.JPG
機関車を横から全体収めました。他の車両が入りますがこの辺は割り切ってです。

GJ9A0634.JPG
機関車の車輪です。部分アップを狙いました。その方が力強さを強調出来ます。

GJ9A0647.JPG
初代新幹線です。ヘッドライトを意識して暗めにしました。

IMG_7256.JPG

IMG_7263.JPG
最後の2枚はほぼ同じ構図で露出を極端に変えました。
暗い方は照明のふいんきでシルエット調、明かるい方は内部の装飾含めクリア調

皆様撮影は苦労されたようですが、話題として昔はこれに乗ったとか思い出話もお聞き出来て楽しく撮影出来ました。
Posted by PCC at 13:42
ニチロー写真部2023_1月 神秘的な氷柱の煌めきの巻 [2024年02月17日(Sat)]
2024年1月

例年であれば、凍てつく寒さに震えながらの撮影になるのですが、今年は異例と言われる程温かい日が続いていて、一時は開催が危ぶまれていた氷の祭典。あしがくぼの氷柱へ行って参りました。
縮小(4).jpg

芦ヶ久保撮影会 (1).JPG
確かに全面結氷には程遠く、観光の方々からは物足らなそうな声もちらほら聞こえて来ました。

でも、そんな状況だからこそ撮るのですよ、私たちニチロー写真部は!

「誰が撮っても綺麗な写真」を記録するのではなく「自分が撮ったから綺麗な写真表現が出来た!」と言えるように、常々腕を磨いているのですから♪


そして、今月のテーマは「質感描写を極める」です。

さて、皆様!ここで問題です!!常温での水は『液体』沸騰すれば『気体』になりますが、凍ったら『  タイ』になるでしょうか?!


答えは..................


『ツメタイ』です(^^;


溶けた氷も凍りつくようなオヤジギャグを繰り出しましたが、何を言いたいかというと、氷は冷たい物であるって事が伝わるように撮りましょうね♪でゴザイマス。


撮り方のコツとしては、氷はほとんどの場合、輪郭が曖昧ですので、絞りの効果で鮮明に見えるようにするよりも、コントラストの調整でメリハリをつけると良いですね♪

そして、見た目の色も温度感に影響を与えますので、ホワイトバランスの設定も大事です。
縮小(7).jpg

とはいえ、凍えるような寒さを演出したいが為に、プリセットホワイトバランスの「電球」などを選んで思い切り青味を足し過ぎると、現実離れする位になるので、やりすぎ注意ですね♪

巷に溢れるホワイトバランスの情報に惑わされず、自分が表現したい色を出せるようにしましょう! 

 また、氷や雪って、モノクロームでの表現が実は向いていることも体験しましょうね♪
縮小(5).jpg


それでは、撮りましょう。
芦ヶ久保撮影会 (3).JPG

シンプルに氷だけで描くことも美しいですが、凍っていないモノとの組み合わせによって、冷たさを強調する事が出来ます。

縮小(8).jpg

大きさや手触りなど「知っているもの」との組合わせは質感や存在感の描写に説得力を持たせることができるからです。


光の向きで、輝きが変化します。透明な氷って、レンズ効果が有るからですね♪

DSCF0036.JPG

DSCF0041.JPG

全面結氷していないからこそ撮れたものもたくさんありました。

縮小(3).jpg

縮小.jpg


それでは、お待ちかねの参加者様ギャラリーコーナーです(^^♪

福室様の作品です

縮小.jpg

縮小(1).jpg

縮小(2).jpg


吉竹様の作品です

縮小(2).jpg

縮小(1).jpg

縮小.jpg


ニチロー写真部では珍しい?記念撮影
芦ヶ久保撮影会 (9).jpg

これもある意味、記念?
芦ヶ久保撮影会 (12).jpg

暖冬とはいえ、風が吹くととても寒いですねぇ

そろそろ、お開きにして温まりましょう。


次回は、東京の街をのんびりと走る電車で巡ります。


ニチローこと、西田がお届けしました。






Posted by PCC at 10:24
2023年11月 くっきー写真部「晩秋のハーブ園とクリスマスマーケット」 [2024年02月15日(Thu)]
引き続きまだまだ11月のお話ですが。

昨年11月のくっきー写真部は神戸布引ハーブ園へ。四季折々の草木やお花とハーブを楽しませてくれるこちらのハーブ園ですが、今回は秋の植物&クリスマスマーケット撮影の2本立て。1日で2度美味しい、そんな企画を考えてみました。

ロープウェイでハーブ園の山上駅で集合したら、まずは園内の北の端へご案内。

DSC_6644.jpg

こちらである植物の撮影......ではなく、香りを楽しんでいただきます。

DSC_7530.jpg

この葉っぱなんですが、軽く指で挟んで指についた香りを嗅ぐと......どこかで嗅いだことのある香りが。

これ、なんだったっけー?

その答えは「永●園の松茸のお吸い物」

そう、多くの方がご存知であろう、粉末にお湯を注ぐあのお吸い物の香りがするのです。笑

実はこれ、以前こちらのハーブ園の職員さんから教えていただいたことなんです。その割には、肝心の植物名を覚えていないんですけどね......w

と、まぁそんなお話もしつつ、撮影スタート。

DSC_6670.jpg

DSC_6654.jpg


先ほどの「松茸もどきの香り」を背に、素敵な撮影スポットがあります。

カメラに搭載されたフィルター効果なども積極的に使ってみることを提案。こちらはニコンのクリエイティブピクチャーコントロールの「トイ」を使用しています。

DSC_7532.jpg

建物の2階部分から見下ろした先は......

DSC_6691.jpg

クリスマスマーケット会場。暗くなるとこれらの緑の傘は折り畳まれるようなので、傘が開いている光景は今のうちに。

DSC_7540.jpg

ここからだんだんと南に山の斜面を下っていくように撮影を進めていきます。

こちらはニコンのクリエイティブピクチャーコントロールの「デニム」を使って。この日、同じニコンユーザーとはこの「デニム」がいいねー!と話していました。

DSC_7555.jpg

時刻は15時半を回った頃ですが何しろ11月の終わり、しかも山の中腹で、太陽はかなり低くなってきました。その西陽をうまく利用しての撮影を楽しみます。

DSC_7572.jpg

ホワイトバランスを「曇天」に合わせてアンバー色を強めにしてみました。

DSC_7588.jpg

DSC_6807.jpg

途中、見上げた先にロープウェイが見える場所がいくつかあるのですが、画面内にゴンドラ=場所の情報を入れて。

DSC_7604.jpg

ハーブ園の最南端まで下りてきました。日没ギリギリのタイミングを楽しみます。

DSC_7626.jpg

センニチコウを前ボケに入れて、ロープウェイの中間駅とゴンドラを。

DSC_7631.jpg

いつもならこの中間駅のところで解散となることが多いのですが、この日はここ中間駅から再びロープウェイに乗車して山上駅へ戻ります。

この布引ハーブ園のロープウェイの往復乗車券は、なんと中間駅と山上駅との間は自由に乗り降りができるようになっているので、こうして再び山上に戻ることができてとてもありがたいです。(一度山麓駅まで下りてしまうと無効となりますのでご注意を!)

山上駅に戻るとちょうどあたりが暗くなってきた頃で、ここからはクリスマスマーケットとイルミネーションの撮影タイムです。

DSC_7681.jpg

この日はクリスタルボールを持参していました。こういった小道具があるとまた撮影が楽しくなりますね。

DSC_7666.jpg
クリスタルボールは中の被写体の天地が逆になります

クリスタルボールがなくても、皆さんお持ちのスマートフォンも小道具として活用することができます。

どちらも、できれば最短撮影距離が20cm以内で、35mm判換算で35〜80mm程度までの焦点距離のレンズがおすすめです。今回は50mmのマクロレンズを使用しました。もちろん絞りは開放で!(今回はF2.8に設定)

クリスタルボールやスマホに写った被写体にピントを合わせるのですが、周囲のボケとの差が大きい方がきれいに見えます。

DSC_7671.jpg
スマホだと画面内の上下がそのままなのがいいですね

17時以降は中間駅まで降りることはできず、途中の大きなクリスマスツリーまでで引き返してくることに。(この際、坂を登るのがちょっと大変w)

DSC_6951.jpg

すっかり暗くなった夜空が大きなクリスマスツリー。ちょうどロープウェイのゴンドラがやってきました。

DSC_7699.jpg

ツリーを下から見上げて。

DSC_7696.jpg

こうして、1日で2度美味しい(笑)撮影会は無事に終了。ちょっと長い時間でしたが、皆さんお疲れさまでした!

DSC_6653.jpg

2024年度のくっきー写真部も、既に満席のお申込みがあったとの連絡をいただきました。皆さん、ありがとうございます。また来年度もよろしくお願いいたします!




Posted by PCC at 15:44
| 次へ