• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2023年12月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
もんげえ。写真部12月/写真旅「昔ながらの商店街と駅前イルミネーション」撮影会  [2023年12月27日(Wed)]
皆さんこんにちは、もんげぇ。写真部の虫上です。

もんげぇ。写真部、今年最後、12月の撮影会は岡山駅前の古い商店街、奉還町と駅前のイルミネーションの撮影会でした。集合した日はなかなか寒かったのですが古い街中にも沢山の被写体があり、楽しまれていたと思います。

231217-145700_R.jpg
先ずはエキナカで通行人の邪魔にならないところでレクチャーを。

231217-150353_R.jpg

夕方から夜の撮影会でしたので夕暮れの影絵ポイントで皆さん撮影しています。

231217-151238_R.jpg

この通路ではどんな作品が撮れたかというと・・・

231217-151610_R.jpg
こんな映り込みの奇麗な場所でした。この時は私がモデルです^^
hono撮影

231217-152626_R.jpg
この場所では・・・

231217-152835_R.jpg
こんな写真が撮れます!
hono撮影

231217-154532_R.jpg
そしてそしてこの場所では・・・

231217-154355_R.JPG
こんな写真が撮れました
講師撮影

231217-154016_R.jpg
途中、猫さんも登場!しかしながら猫の使い手ではないのですぐに猫の使い手、アシスタントhonoさんの方へ・・・((笑))。

231217-152127_R.jpg
とにかく光と影を感じましょう!

231217-151955_R.JPG
講師撮影。

231217-164137_R.jpg

歩く歩く・・・

231217-155248_R.jpg
ちょっと一息。

231217-155337_R.jpg
歩く歩く。

231217-162632_R.jpg
何気ない日常を活写していますね。
hono撮影

231217-160139_R.jpg
意味深な雰囲気で物語性を強調。
hono撮影

231217-162514_R.JPG

ナイスな建物アートが!しかも光線状況もいい感じでした。
講師撮影。

231217-163941_R.jpg

社会的な表現になっている作品。ゴミが自転車も取り込んでいるようにも見えますね。
hono撮影

231217-150227_R.jpg

最後に集合写真を載せておきますね。皆さん、今年もありがとうございました!来年もどうぞよろしくお願いします!!

Posted by PCC at 16:12
タムタク写真部「動きもの」_中山競馬場 [2023年12月25日(Mon)]
今回のタムタク写真部は「中山競馬場」です。
本日は12月23日(土)ですがあす24日(日)は「有馬記念」ですね!
有馬記念の当日はすごい混雑が予想されますので前日に写真部は開催。

さあ、さっそく撮影して行きましょう!

1I9A3051.jpg

午前中はまだ場内も空いていて撮影ポジションも自由ですね。

1I9A3052.jpg

まずは第4コーナーの立ち上がりを高速シャッターでしっかり押さえましょう。
それが出来たらスタンド正面から流し撮りです。

こちらはパドック。1頭1頭がゆっくり撮影が出来ます。

1I9A3075.jpg

今回は3レースを撮影した所でお時間です。いったんここでお開きとし
後は自由撮影としお時間があるかたは引き続き楽しんで下さい。
明日は有馬記念ですので○券も購入し年末最後の運試し(笑)

636.jpg

今回もご参加頂いたみなさまお疲れ様でした。
来年もよろしくお願い致します。

1I9A3081.jpg

講師撮影画像
https://tamutaku.com/9313/

Posted by PCC at 12:00
ミッチー写真部「イングリッシュガーデンの煌めき」 [2023年12月21日(Thu)]
急に寒くなってきましたね!
ミッチー写真部の中川倫子です。
12月の写真部は大津のイングリッシュガーデンに行って参りました。
「魔法の夜〜幻想的な光の舞踏会〜」と題したイルミネーションが2月12日まで開催中です。
なんと成安造形大学の学生達によるデザイン・制作とのことです。

今回は「イルミネーション」という人工光の撮影なので普段使わないカメラの設定を使用して楽しく遊んでいただきました。
多重露光、露光間ズーミング、カメラ回し、WBの設定変更などです。


多重露光撮影にも色々ありまして・・・。
@ピントの合った像の上にピントをぼかした像を重ねる。
Aピントの合った像を位置をずらして重ねる。
B別の被写体の丸ボケをピントの合った像に重ねる。
など、それぞれを組み合わせることによって多様な撮影が出来ます。

たとえば


PC160439.JPG

↑これは一回だけ撮影した基本のイルミネーションです。

PC160438.JPG

↑ピントの合ったものとボカしたものを同じ位置に重ねてみました。

PC160440.JPG

↑ピントの合った二枚の像を位置をずらして重ねてみました。

PC160475.JPG

↑玉ボケとピントの合った被写体は別のものです。

一回の撮影の画像と比較すると表現の幅も広がしますし、自分の好きなように作り出す楽しみもあります。こういった撮影テクニックは自然風景などでは使用しませんが、人工的な被写体などでは「作品を自分の感性で作っていく」楽しみの一つとして是非覚えておいていただきたいです。
ご参加の皆様も設定を予習してきて下さったようで、困る様子も無く挑んでおられました。


次にWBを変えて色の変化を楽しんでみました。

PC160443.JPG

↑設定を日陰マークにすると赤みが増します。

PC160444.JPG

↑設定を電球マークにすると青みが強調されます。

赤み強調の場合はイルミネーションが豪華なイメージになります。青み強調の場合はスタイリッシュなイメージになります。
ビルの夜景等を撮影する際には電球モードを使うと都会的な冬のイメージを感じる作品になりますので一度お試し下さいね。


約2時間程度の撮影でしたが設定を変えて試していると時間はあっという間に過ぎてしまいました。到着した時には灯りが点っていなかった湖の向こうの大津港も「びわこ花噴水」と共に綺麗な夜景になっていました。


PC160506.JPG

ミッチー写真部はまだまだ続きますが、今年の撮影会はこれで終了です。
写真部の皆様の「良い撮影会だった。楽しかった。」というお言葉が私の元気の源です。
和気あいあいと楽しく撮影しながら素敵な発見をいていきたいと思っておりますので、来年もどうぞ宜しくお願いいたします。

どなた様も良いお年をお迎え下さい。2023年もありがとうございました。




Posted by PCC at 15:28
タムタク写真部「東京散歩」_谷根千 [2023年12月19日(Tue)]
今回のタムタク写真部は東京下町の谷中・根津・千駄木エリアです。
スナップ撮影では有名なエリアですね、さあ出発しましょう!

今回は上野公園を抜け東京芸術大学から谷根千エリアへと向かいます。

GR004225.jpg

GR004269.jpg

GR004265.jpg

いたるところに気になる被写体がありなかなか前に進みませんね。

GR004263.jpg

GR004301.jpg

GR004345.jpg

GR004439.jpg

昔ながらの雰囲気のあるお店も被写体としては最高です。

33.jpg

GR004336.jpg

GR004347.jpg

撮影ポーズがシンクロしていてカッコイイ!!!

GR004398.jpg

最終ゴールは夕焼けだんだん。
こちらで再集合し本日は終了となりました。

GR004435.jpg

GR004432.jpg

今回もご参加頂いたみなさまお疲れ様でした。

GR004224T.jpg

講師撮影画像
https://tamutaku.com/9196/



Posted by PCC at 17:34
タムタク写真部_(裏)鎌倉_覚園寺 [2023年12月17日(Sun)]
鎌倉のマイナーポイントを探して歩こうと言う(裏)鎌倉写真部です。
今回は「覚園寺」!
実は境内は撮影禁止のお寺です。
写真部なのに撮影禁止エリアに立ち入ると言うこのマニアックさ(笑)
もちろんルールを破ってこっそり撮影とかはしませんよ。

実は私(講師)が鎌倉で一番大好きなお寺なんです。
今日もすばらしい景観や建造物を拝見させて頂きました。
参加者も今日は撮影ではなくしっかりと目に焼き付けて鑑賞致しました。
たまにはカメラを使わず肉眼で被写体を見るのも良いね、と部員から。

と言う事で写真はありません。
その後、覚園寺本堂前にて撮影です、こちらは撮影OKエリアです。
こちらだけでも撮影をかなり満喫できますね。

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

すばらしい紅葉です。

L1107802.jpg

今回もご参加頂いた皆さまお疲れ様でした。

1.jpg

講師撮影画像
https://tamutaku.com/9092/
Posted by PCC at 20:20
ニチロー写真部2023_11月『雅な秋の彩りをめぐる』の巻  [2023年12月09日(Sat)]
2023年11月

ワタクシ達ニチロー写真部は、雅な秋の彩りを巡りに、神奈川県は横浜市に在る三渓園へ行って参りました。

広い敷地の庭園は、穏やかな時が流れるような憩いの場所。撮りどころも満載です♪

今回のテーマは『視点を表現にする』です。

少々難解ではありますが、見たものを有るがままに捉えることは重要だけど、それに何を感じたかって事が伝えられる表現するのは、もっと大事なのですね♪

KK0A7029-2.jpg

ニチロー写真部では、毎回プチテキストを皆様に配って、それを基にレクチャーや今月の撮りどころ等を紹介しております。

そして、テキストの表紙写真は、どこでどのように撮ったか、探し・考え・再現する「表紙にチャレンジ♪」というプチテーマを設けております。

今回の表紙はこちら
2023_11.jpg

そして撮影地は、ここ。
KK0A7037-2.jpg
見た目の印象とは、全くかけ離れた景色が広がります。

まず、撮りたいなーと思うのは、存在が目立つ「三重塔」ですよね。それだけを撮っても良いのですが、ちょっとだだけ工夫をしましょう。

表紙の写真を見てみると、大きな建築物である三重塔に対して、覆いかぶさるように松の木が写っていますよね♪どれほどの巨木なのだろう??って、興味を持ちませんか?でも実は、比較的低い木なのです。

松と三重塔とカメラの立ち位置の関係を、レンズの焦点距離をちょうどよく選んで「遠近感」をコントロールした結果、このように写るのです♪


「視点」って、見えたままの写実だけではなく、それをどのように表現しようか考えて撮ることで、見る人に伝わるのですね(^^♪


庭園と言えば建造物の撮影がつきものですね。自分よりも大きく高い対象を撮る事になりますので、特に近づいた場合、見上げて撮ります。そうしますと当然、下から上に向かって遠近感が付きますから「上すぼまり」な写真として写ります。

この時、絶対に意識する必要があるのが『垂直のライン』です。

多くの人が、撮影時には『水平』を意識していると思いますが、地面に対してカメラが水平になっているからといって、必ずしも垂直のラインが、きちんと出ているとは限らないのです。これにより特に、高い建物などは不自然に写ってしまうのですね♪水平は大事ですが、垂直は更に重要なのです!!


垂直のラインをどこに置くか?意図的にずらして撮り比べました
縮小(4).jpg

縮小(6).jpg

縮小(5).jpg

不自然な2枚と自然な1枚。違いが分かりますか?

庭園と言えば、池!
KK0A7052-2.jpg

KK0A7176-2.jpg
水面の煌めきや水鏡など、逃さず撮ります♪

要所要所でプチレクチャー♪
KK0A7068-2.jpg

KK0A7118-2.jpg

撮っては移動、そして撮る(^^♪

KK0A7080-2.jpg

KK0A7154-2.jpg


紅葉や黄葉って、場所や気候に大きく左右されますが、ちょっと残念なコンディションの葉っぱでも、透過光の状態で撮影すると、綺麗に写りますよね♪ 

縮小(3).jpg

その時、直射光が当たっている場所を探しますが、光が当たっていないからといって、諦める必要は有りません!! 明暗差さえ有れば、露出のコントロールで透過光の状態は作れます。

極端な+補正をすれば良いのです。この時、補正値の「数字」に惑わされず、大胆に調整することがコツでございます。

逆光の状態って、太陽や光源が目の前にあるだけではなく、相対的な明暗差が有れば作り出すことが出来るのです。


数々の歴史を重ねたこちらの庭園は、そこかしこに遺構を見つける事ができます。

KK0A7140-2.jpg

当時に思いを馳せながら、自分の表現として撮ります。


高台からの眺めは独自のモノ。かつてここは眼前が海だったのですね。

縮小.jpg

富士山も見えましたよ♪

縮小(7).jpg


これを撮ろう!と思ったら、どのように撮ろうか考え、工夫することで、全く違う写真になります。

縮小(2).jpg

縮小(1).jpg

こちらの2枚、同じ橋を撮っていますが、全く違う景色に見えますよね♪



さて、それでは皆さま!大変お待たせいたしました!

参加者様のギャラリーでございます。

遠山様の作品です

image1.jpeg

image5.jpeg

image4.jpeg

image2.jpeg

image3.jpeg

ステキな作品をありがとうございました!


季節は冬。日が暮れるのは早いですね。
縮小.jpg

今回は、これにてオヒラキでございます。

次回は、いよいよ年末が近づいた、街の夕暮れを撮りに行って参ります。

ニチローこと、西田がお届けしました。
Posted by PCC at 10:49
【自分流アレンジ写真】冬の夜を彩る東京タワー [2023年12月07日(Thu)]
フォトインストラクターの横井健二です。

2023年12月4日の撮影会は、東京タワーの優美な姿を捉えるのがテーマです。

DSC_8806dv (小).jpg

今は、スカイツリーに高い電波塔の人気ではその首位の座を譲った感はありますが、その優美なお姿は衰えてはいない気がしますね。

今回の撮影会は、日没前からその姿を色々と捉えるのが目的です。まずは浜松町から歩き始め、大門の門を額縁にしての撮影です。

大門をちょっと過ぎると、スターバックスのコーヒー店があります。スターバックスの看板越しに東京タワーのお姿が見える写真にもトライしていみました。

yokoi_12-1-1 (小).jpg

DSC_8749dv (小).jpg

次は増上寺境内に入って、歴史を感じさせる建造物と東京タワーのコンビネーションです。丁度銀杏が黄色く色づいているのが夕陽を浴びて輝いていました。

DSC_8739dv (小).jpg

そしていよいよ、東京タワーのお膝元に到達。日没ちょっと前の、絶好のマジックアワー、撮影会参加の皆さんは思い思いにあちらこちらから、この時間を楽しんで撮影していました。マジックアワーは空が青のグラデーションになって得も言われぬお姿を見せてくれます。

DSC_8757dv (小).jpg

完全に暗くなってからは、東京タワーから離れて、色々な構図から美しいお姿を捉えました。また、東京タワーの足元にはクリスマスのイルミネーションが設えてあり、ミニ東京タワーもひかり輝いていました。

DSC_8774dv (小).jpg

DSC_8766dv (小).jpg

DSC_8773dv (小).jpg

今回驚いたのは、ビルの窓ガラスに東京タアーが映りこんだ、姿の美しさです。森ビルに映る姿は光るモザイクでした。

DSC_8809dv (小).jpg

一つ、参加者の皆様に申し訳なかったのは、LEDのイルミネーション点灯時刻が20時からと遅いため、そのお姿を捉えていただけなかったことです。ここには、私がロケハン時に撮影したものを掲載します。ロケハン時にはより早い時刻に点灯していましたので、予定としては撮影できると見込んでいましたが、目論見が外れて残念でした。

yokoi_12-1-5 (小).jpg

参加の皆様、それぞれに東京タワーの優美なお姿をたくさん写真に収め、満足そうに家路に疲れていました。参加の皆様お疲れさまでした(^_-)-☆。
Posted by PCC at 21:25
タムタク写真部「ステップアップ講座G」_ホワイトバランス [2023年12月05日(Tue)]
1年かけて基本のキからきちんと学んで行こうと言うステップアップ講座。
基本操作や露出、構図などを踏まえて今回8回目はホワイトバランスです。

午前中は原宿の教室にて色に関する講習を致しました。
光の三原色、色の三原色、色相環、補色などテキストを配布しお勉強です。
ついて回るのがPC環境やプリントとの色合わせに関するカラーマネジメント。
上級者でもわかってない方が多い(笑)テーマですが初級コースだからこそ
きちんと理解して始めて頂きたいと思っています。

321.jpg

さて午後はカラーチャートを持って撮影実習です。
座学ではわからない事も実践することで感覚的にわかってくるものもあります。
今回撮影したデータは次回から使用しますので大事に保管して下さいね。

みなさん言われるままにカラーチャートをあちこちで撮影して行きます。

1I9A1250.jpg

1I9A1251.jpg

1I9A1254.jpg

1I9A1288.jpg

1I9A1289.jpg

1I9A1295.jpg

あえてホワイトバランスを電球にしたり、K(ケルビン値)で細かく設定したりと
ふだんやらない撮影をして頂きました。

最後に落ち葉の「ハート光るハート」を・・・
やっぱり撮影前にはカラーチャートも撮っておきましょう。

1I9A1605.jpg

ステップアップ講座も終盤戦です。
徐々に難しいテーマも出てきますが、ここをしっかり理解するか否かで今後が大きく
変わって来ますのでちょっと上級レベルの内容ですがかみ砕いて解説していきますね。
ステップアップ講座では私のノウハウも含めてすべてテキストを作成し講習しています。

さて、いよいよ次回はRAW現像に入って行きます。そして更に作品作りへと進みます。
今回もご参加頂いた皆さまお疲れ様でした。

1I9A1618.jpg

講師撮影画像
https://tamutaku.com/8989/
Posted by PCC at 20:26
丸の内イルミネーションとフォト映え散歩 [2023年12月05日(Tue)]
皆さんこんにちは。フォトインストラクターの染谷です。
だんだん寒くなってきましたね〜
そんな先週の日曜日に、丸の内界隈で夜のフォトウォークをしてきました。

まずは、予定していたKITTE(キッテ)の屋上ガーデンへ…
と、ビルの中に入ると、目の前に大きなクリスマスツリーがお出迎え!!
これは撮影しないわけにはいきませんよね〜
ってことで、屋上に行く前に少しツリーを撮影しました。
DSC_0222.JPG
こちらは、多重露光で撮影しました。
多重露光(たじゅうろこう)とは、写真撮影における技術の一つで、
1コマの中に複数の画像を重ね写し込むこと。多重露出とも言います。

例えば、普通に撮影すると…こんな感じ
DSC_0225.JPG

それを、多重露光で撮影すると…こんな感じ
DSC_0223.JPG
ねぇ、少し華やかになったと思いませんか?
詳しい撮影方法は、ぜひ撮影会に参加して頂いたら、お伝えします(^^♪

クリスマスシーズンになると、丸の内では、いたるところにツリーが存在します。
今年は、ディズニー100周年を記念して、各キャラクターをイメージしたツリーが
とても印象的でした。
DSC_0265.JPG

そして、KITTEに来たら、ぜひ寄って頂きたい場所が
6階の屋上庭園「K I T T Eガーデン」です。
東京駅丸の内駅舎を一望できるビュースポットとなっています。
PA132044.JPG

続いて、向かったのは…丸の内仲通りです。
毎年撮影に来ていますが、今年は例年に比べ、とても人通りが多かったです。
皆さん、はぐれないように協力しながら、夜の散歩を楽しみました。

やはりシャンパンゴールドのイルミネーションに目が行ってしまいますが
そのまま街路樹を撮るのではなくて、オシャレに映えるような写真を
撮って頂きました。
DSC_0285.JPG

DSCF2759.JPG

DSCF2758.JPG
こんなふううに、全体にクリスマス感を出すのではなく
イルミネーションは、チラ見せ程度に写したりするとオシャレ感が増します。

DSC_0279.JPG
例えば、外国人のポスター広告があったら、先ほどの多重露光で撮影すると…
DSC_0277.JPG
こんな感じになります。
これは、街路樹のイルミネーションの点光源を玉ボケに飾り付けました!

DSC_0278.JPG
こちらは、上の写真で、玉ボケが目にかかってしまったので
もうワントライしたら、上手く重なりました!!

生徒さんの中で、こんなイメージで撮影されている方がいらっしゃいました。
DSC_0282.JPG
玉ボケは、大きいと華やかになりますが、それも好き好きです。
自分には派手すぎるなぁと思ったら、大きさの調整は加減できます。

今回は人通りが多くて、皆さんの撮影されているオフショットを
撮ろうとすると、一般の方の顔がハッキリ分かってしまうほどの
距離感だったので撮っていませんが、寒い中、笑いの絶えない
楽しい撮影会となりました。
Posted by PCC at 12:00
上野界隈で晩秋フォト散歩 [2023年12月05日(Tue)]
皆さんこんにちは。フォトインストラクターの染谷です。
数日前から、ようやく都内のイチョウも見頃になってきましたね。

そんな先週の土曜日に、上野界隈でフォトウォークをしてきました。
ロケハン時は、まだイチョウは青かったのですが、この1週間で、だいぶ色付きました。

DSCF2395.JPG


今回向かったのは、上野公園です。
DSCF2379.JPG
皆さんがカメラを構えた先は・・・こんな感じ
DSCF2381.JPG


DSCF2385.JPG
皆さんがカメラを構えた先は・・・こんな感じ
DSCF2389.JPG


DSCF2440.JPG
皆さんがカメラを構えた先は・・・こんな感じ
DSCF2443.JPG


DSCF2467.JPG
カメラを構えた先は・・・こんな感じ
DSCF2472.JPG


DSCF2383.JPG
道に止まっていた観光バスの窓の映り込みも撮ったり…

DSCF2390.JPG
午後の伸びた影を撮ったり…

DSCF2454.JPG
逆光を生かして玉ボケも一緒に撮ったり…

イチョウやモミジの葉を単体で写すのではなくて、その場の雰囲気も分かるような
お写真を撮って頂きました。
上野公園には、歴史建造物が多く、今回お散歩したコースを最後に
ご紹介させて頂きます。

両大師橋→国立科学博物館→上野公園大噴水→旧東京音楽学校→黒田記念館→国際子ども図書館(おまけ1)→黒田記念館入館(おまけ2)
Posted by PCC at 11:44
| 次へ