• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
2022年5月くっきー写真部「石山寺でツツジの赤と新緑の緑を描く」 [2022年05月31日(Tue)]
2022年度のくっきー写真部、5月よりスタートしました。初回は滋賀県大津市にある石山寺へ。GWの頃はツツジの季節ということで出かけました。

DSC_9327.jpg
まずは撮っておく

この東大門前で集合したら、まずは仁王さんを撮影させていただくところからスタート。この奥に真っ赤なツツジが咲いているはずなんですが…

DSC_9340.jpg
ツツジ終わってるやん…悲

緑に埋もれるようにして赤いチリチリがおわかりいただけますでしょうか…そう、今年のツツジはもう終わってしまっていたのでした…チーン

例年ならば見頃のはず、とはいえ、お花の咲き具合に関してはもう仕方がないですよね…ということで、気を取り直して新緑をメインに撮っていきましょう!

P5053717.jpg

DSC_9341.jpg
通りすがりの人に「何撮ってるんですか?」と聞かれるのは大体こういう場面ですwww

葉っぱに光が当たり、背景は少し影になっているところだと、露出を下げることで暗い中に主役が明るく浮かび上がります。

P5053719.jpg
この時は露出補正-2.0でした

何やらしゃがみ込んで撮っておられますが…

DSC_9338.jpg

この参道脇の植え込みに、小さくてかわいい黄色いお花がいたんですね。私も望遠レンズで撮ってみました。

P5053728.jpg
WB : 4000K

ただ、全体的にもう少し緑を爽やかなブルー系にしたかったので、ホワイトバランスの色温度設定を下げて3000Kにしてみました。(上の写真は4000Kでした)

P5053731.jpg
WB : 3000K

色合いが変わると印象も変わりますね。
撮影会ではそういった撮影のアドバイスをしつつ、私が撮った写真もご覧いただいたりしつつ進めています。

DSC_9352.jpg

DSC_9381.jpg

DSC_9393.jpg

ふと見ると…やや!!Σ(⁰Д⁰)

P5053736.jpg

逆さ吊りになった「カオナシ」がいました…笑

入口から階段を登ると、石山寺という名前の由来ともなった硅灰石(けいかいせき)が、どどん!と迎えてくれます。

P5053769.jpg

そこから本堂へ。

DSC_9388.jpg

P5053783.jpg

本堂ではまずお参りをして、おみくじを引く人…

P5053786.jpg
何やら嬉しそうですが、いいことが書いてあったんでしょうか。しかし「命」って!

そして厄落としの絵馬に願掛けをする人…と、撮影しながらも思い思いに過ごしました。

この厄落とし絵馬、「厄」と書かれた文字を、絵馬から文字通り「落として」から奉納するもの。なかなか考えられていますねー!

IMG_2170.jpg
落とされた「厄」の文字がまたかわいいんですが…これを持って帰っちゃうと、落としたはずの厄を連れて帰ることになりそうですね。笑

DSC_9407.jpg
落とした「厄」の向こうには何が見えるのかな?

DSC_9413.jpg
めかくし石…これで願いは叶ったのか気になるところ!笑

そして順路に沿って歩いて本殿の先に出てくる多宝塔のところにツツジが!

P5053798.jpg

P5053799.jpg
この日はもう夏日で暑かったですね…半袖、正解!

思っていたツツジとは品種が違ったようですが、なんとかツツジも撮れてやれやれ…

P5053816.jpg
ツツジに群がる人たち。笑

5月に入ってすぐだというのに暑い1日でしたが、皆さんお疲れさまでした!
今年度も定員の30名目一杯のご応募をいただきありがとうございます!1年間一緒に楽しく撮影していきましょう、よろしくお願いいたします!

DSC_9322.jpg

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓   
http://www.npopcc.jp/classroom/

━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
Posted by PCC at 16:52
5/28(土)吉野講師 躍動感のあるサルを撮ろう 大分県高崎山自然動物園 [2022年05月28日(Sat)]
DSC05819.jpg

開催日 2022年5月28日(土)
場所  大分県大分市高崎山自然動物園
講師  吉野努(ヨッシー)

春から夏は出産シーズンでカワイイ子猿を見られます。
70年前から野生のサルに餌付けを始めた高崎山。
全国でも珍しい檻や柵のないサルの動物園です。

DSC05606.jpg

お天気にも恵まれ気温28度の夏日となりました。
コロナも収束しつつあり多くの観光客が来てにぎやかです。

DSC05844.jpg

今回のテーマは「躍動感のある動きを撮る」
望遠レンズ(400mm以上)でサルたちの豊かな表情ある動きを狙いました。

DSC_6616.jpg

躍動感は動いている一瞬を切り取ることで生まれます。
望遠レンズでシャッタースピードを上げて狙うのです。
このような撮影で大切なコツがあります。

DSC05730.jpg

そのコツとは「ISO感度ノイズを気にしすぎない」ことです。
風景や花など動かない被写体を撮る時とは違います。
望遠レンズを使って、動いている動物の一瞬を止めるためにシャッタースピードを最低でも1/250秒にします。
DSC_6617.jpg

日中晴天でも太陽が隠れたり、木陰になったら光が不足するのです。
適切にISO感度を動かして明るくする必要があります。
その結果ノイズが出るのですが、これを気にしすぎたら撮れません。

DSC05596.jpg

現代のカメラは動くモノに対するAFの速さや食いつきの良さも素晴らしい進化を遂げています。後は撮影者が場数を踏んでいけば、すごい一瞬が撮れるのです。

DSC05577.jpg

手持ちで望遠レンズを使い、被写体も動くという撮影ではISO感度は適切に上げないといけない。それで決定的瞬間を撮ることができるんです。

DSC05773.jpg

望遠レンズを使っていますので、顔にクローズアップもできます。
サルの色んな表情を写すことができました。  
高性能なカメラを持っていても、いつも止まっている景色やモノを撮ることが多いと思います。
現代の高性能なカメラは動く一瞬をとらえる能力が優れていることを感じてほしいですね。

DSC05870.jpg

今回はあえて動くサルを撮影するので、猿の動きをよく観察する必要があります。
餌場に向かって走っている、サル同士で遊んでいる等を狙いました。

DSC05783.jpg

今回参加された皆さん、歯ごたえのある撮影を楽しんでいました。
高崎山は年間パスポートがあり2回分の料金で1年中使えます。
ここに通い詰めて動きモノ撮影の達人になりましょう。
またお会いできることを願っております。

次回の開催は6/11(土)日本最大の摩崖仏とアジサイで有名な普光寺です。
ぜひご参加ください。

●6月〜9月は月に2回、大分県内で写真教室を開催予定です。
PCC写真教室で九州→大分県で検索して下さい。
下のリンクから大分県のページです。
https://bit.ly/3wESD84

●オンライン写真教室も月1回開催しています。
無料版Lightroomで本格レタッチ。
スマホで仕上げたい方、必見です。
ヨッシーのレタッチ学園は全国どこからでも参加可能。
下のリンクから詳細をご覧下さい。
https://www.npopcc.jp/classroom/list/?category_id=59

九州・大分のヨッシーこと吉野でした!
ココまで読んでいただき感謝です。
ヨッシー先生プロフィール写真小.jpg

●あわせて過去記事も読んでください。
3/26開催の佐野植物公園のご報告
https://blog.canpan.info/npopcc/archive/854
3/12開催の杵築城下町のご報告
https://bit.ly/3qCwu6F
4/4開催の桜撮影・別府公園のご報告
https://blog.canpan.info/npopcc/daily/202204/04

●FacebookのPCC全国交流グループに参加中。
たくさん写真を投稿しています。
コメント、友達申請も大歓迎です。
下のリンクからぜひご覧ください。
https://bit.ly/3wEWguI
Posted by PCC at 21:52
第1回北関東満喫部 [2022年05月26日(Thu)]
開催日:5月14日(土)
会場:群馬県みどり市「高津戸狭」
講師:桜田文洋

2022年度の北関東満喫部が開催されました。
第1回は新緑と紅葉がとても綺麗な高津戸狭です。
特徴は橋の上から見下ろす圧巻の景色と川岸まで下りて
先ほどの橋を見上げるギャップです。
移動距離は短いですがアップダウンがきついので時間をかけて
じっくり撮影するのがお勧めです。

100.JPG
この日は雨上がりで曇り。フラットな光で緑全体が一色綺麗に撮れました。
奥の方に赤い橋が写っていますが高津戸橋であそこまで向かいます。

200.JPG
こちらは川岸まで下りて撮った物です。
一部靄が掛かっていたので望遠ズームで300mmまで伸ばしました。
暗めにして霞を目立たせました。

300.JPG
これはポットホールという呼び名で自然現象で出来たようです。
これを見るのは足場が悪いので私が撮影して皆様にお見せしました。

400.JPG
ちょっとした滝もあり新緑と岩肌を少し見せ水模様を強調しました。
水量があったのでシャッタースピード1/500以上でも綺麗に撮れました。

500.JPG
一枚目の見える赤い橋から今度は白のはねたき橋の方を撮りました。
真ん中や右の白の三角が橋です。こちらの眺めも全く違う景色で綺麗です。
皆様熱心に撮影されています。

600.JPG
赤い橋からの景色で岩肌の形状を強調しつつ新緑もしっかり取り込みました。
水の色が天気や時間帯で変わる事があります。

今回は同じ場所で川と新緑の配置バランスを変え撮影しどれが自分のお気に入りに
なるかカメラとズームワークを活用して皆様に撮影して頂きました。
移動距離はあまりありませんがアップダウンがきついので最後は皆様お疲れ気味でしたが
その分素敵な作品が沢山出来たと思います。
お疲れさまでした。
Posted by PCC at 20:46
タムタク写真部「乗りもの」第1回スタートです! [2022年05月22日(Sun)]
さーて、乗りものを1年間撮りまくろう!!!と言う写真部がスタートしました(^^)v
飛行機、鉄道、船舶などジャンルにこだわらず撮影していきますよ。
またそれに纏わる風景や情景などもテーマにしております。

第1回目は顔合わせオリエンテーションを兼ねて「羽田空港」で集合しました。
講師から1年間の流れや本部活の内容などをご説明し、また撮影にあたっての注意事項や
マナーについてお話しさせて頂きました。昨今、マナーによるトラブルが連発しており
ますのでこの点だけは最初にご周知頂かないといけませんね。

と言う事でいざ撮影に入ります。
まずは「さあ、撮ってください!」の合図とともに自由撮影です。
なにも解説はしません、みなさん日頃から撮られている様でさっそく思い思いのポイント
で撮影開始です!!

R5__0792.jpg

R5__0795.jpg

30分程撮影して頂いてなんとなく感触が掴めてきたようですね。
徐々に質問などもいただく様になりました。
いったん、集合しワンポイントレクチャーを。
便利なカメラ設定と流し撮りの解説をしましたのでもう一度「撮影タイム」です!

R5__0733.jpg

R5__0744.jpg

R5__0775.jpg

R5__0779.jpg

R5__0806.jpg

ちょっと高いテーマも解説したので今度はみなさんちょっと苦戦してるかな?
そうやっていろいろチャレンジするのも写真部の良い所で目的でもありますね。

1年後にはかなりの腕前になっている事でしょう。
ぜひ毎回の写真をプリントしファイリングしてくださいねとアドバイスさせて頂きました。

「乗りもの」写真部はこのメンバーで1年間がんばります!
よろしくお願い致します。

R5__0860.jpg

※1名欠席、鎌倉写真部から1名ご参加
Posted by PCC at 21:19
横井健二講師【自分流アレンジ】下町感・建築美を求めて隅田川の橋撮り歩き 2022年5月20日開催 [2022年05月20日(Fri)]
DSC_9549dv.jpg


本日〔2022年5月20日(金)〕に、隅田川の橋の撮り歩き撮影会を実施いたしました。

川沿いに作られている隅田川テラスから見る隅田川、そして橋の姿は川面に近い高さから見ることができるために、臨場感、迫力はバッチリです。

撮影の仕方はこの撮影会のタイトルにも謳っているように【自分流アレンジ】を掴んでもらうということです。同じ景色や被写体を見てもどのように写真に納めるか、それは撮影する方の意図次第。

ってことで、撮影を開始しましたが、参加者の皆さんは超意欲的。講師の助言など不要でした。

予定していた橋の数は、9ありましたが、それぞれの橋での撮影に熱心なあまり、6つで終了という状況になってしまいました。これも、講師の拙さ故なのでしょうね。反省しています。

撮影会の様子と講師の私が撮影した写真をアップします。

DSC_9592dv.jpg


DSC_9626dv.jpg


DSC_9574dv.jpg


DSC_9620dv.jpg


DSC_9623dv.jpg


DSC_9605dv.jpg


DSC_9594dv.jpg


DSC_9557dv.jpg
続きを読む...
Posted by PCC at 18:19
もんげえ。写真部5月「旅情あふれる街並みと西洋建築」撮影会  [2022年05月20日(Fri)]
皆さんこんにちは!お陰様でもんげぇ。写真部もとうとう3年目に突入しました!第一回目となる撮影会は私の地元・倉敷で開催いたしました!
私は現在、倉敷駅に近いところに住んでいて、実家も倉敷駅から自転車(笑)、で15分ほどのところにあり、小さいころから本当にお世話になっている街なのです^^
ですので美観地区付近も知り合いも多く、大変好きな街です。
そんな街を案内出来て嬉しかったです。

ではまずは集合場所付近でいつもの集合撮影を。

220508-101534_R.JPG

今回集まったメンバーです!本当はまだまだ参加される予定だったのですがなかなか皆さん都合があるようで、最終的には16名の皆様と私と専属アシスタントのほのさんの18名で開催出来ました。ご参加ありがとうございます。

220508-102623_R.JPG

倉敷の商店街には色々な魅力的な被写体があふれています!これは私のお気に入りのポイント、魔法の手です^^

220508-103208_R.JPG

急遽、第二アシスタント?の久保田さんが登場。シヤッターアートの前でいい感じのモデルになってくれました^^

220508-103347_R.JPG

こちらもいい感じにポーズを決めてくれましたね。

220508-104257_R.JPG

知り合いの花屋さんの前でレクチャーしています。知り合いのお店なので販売しているお花も撮影OKです。

220508-105102_R.JPG

こちらも知り合いのブランド品のお店。大きなダイヤモンドがあったそうです^^

220508-105419_R.JPG

こちらは水面に映るホテルの映り込みを撮影しています。低い位置が良いですよとアドバイス。

220508-105458_R.JPG

220508-110634_R.JPG

こちらも私のお気に入りポイントの倉敷最古の商店街。
220508-110934_R.JPG

アシスタントのほのさんにモデルになってもらいました。
また、この写真をレタッチソフトのADOBE LIGHTROOMでRAW現像する工程の無料セミナーを以下のWEB上で開催しますのでよろしければご参加ください。
https://v2.nex-pro.com/adobe_creativecloud

220508-112239_R.JPG

さて、別の路地で皆さん撮影。
220508-113855_R.JPG

有名な鶴形山トンネルで撮影。参加者の方が良いモデルとなりましたね。グループ撮影の醍醐味です^^
220508-112828_R.JPG

路地にはこんなシュールな光景も!!!好き嫌いがわかれますがこんな社会的な被写体も私はツボにはまるのです。

220508-120030_R.JPG

最終目的地のアイビースクエアにたどり着くと何やらアシスタントが騒がしい・・・行ってみると、なんとカルガモの親子が泳いでいるではありませんか〜〜〜
皆さん、超ラッキーでしたね。なんでも3日前に生まれたばかりで、この撮影の2日後にはすでに2羽程度に減っていていたらしいです。

220508-125125_R.JPG

撮影終了後、有志でランチタイムに。野菜カレーがとても美味しい古民家を改造した三宅商店さんでカレータイム中に撮影してこの日は終了となりました。
皆さん、お疲れさまでした!

次回はいよいよ毎年恒例のホタル撮影会です!どうぞよろしくお願いします。





Posted by PCC at 14:16
タムタク写真部「鎌倉」第1回スタートです! [2022年05月17日(Tue)]
タムタク写真部「鎌倉」第二期の1回目がスタート致しました。
今回は予想を上回るスピードでお申し込みを頂き早々に満席にてキャンセル待ちも
出てしまうほど人気の写真部になってきましたね。(来期はちょっと考えましょう)

さて第一回目は恒例のオリエンテーションです。鎌倉駅のすぐ近くにこんな静かな大寺
があるんですね。ちょっと小雨が心配だったので今日はこちらに訪問しました。

R5__0104.jpg


やはりご参加頂くには部員同士の交流も大切だと思っておりますので簡単な自己紹介や
写真歴などをお話し頂いたりもちろん初めての方もいらっしゃるのでワタクシの紹介も
させて頂いたりして和んでいただくのが目的です。そして軽く肩慣らし程度に撮影を
致しました。今回の参加者は皆さん日頃から撮影されてRAW現像などもやられてると
お話されていただけあって撮影も手慣れた感じですね。

R5__0005.jpg

R5__0003.jpg

R5__0009.jpg

R5__0011.jpg

R5__0015.jpg

参加者は第1期からのリピーターの方々に加え私の個別講座にご参加頂いた経緯の方や
新規で参加された方などいらっしゃいますがいざ撮影に入ると楽しく和んで良い雰囲気が
出来てきましたね。

R5__0020.jpg

R5__0022.jpg

R5__0024.jpg

第1期からご参加です、熱心に撮影されております。

R5__0023.jpg

R5__0033.jpg

R5__0034.jpg

と言う事で、第1回目の写真部はあっと言う間にお時間に!
ちょっと小雨がパラつきましたが傘をさすほどではなく・・・
タムタク教室の「雨が降らない記録」は更新って事でよかったです(汗)

さて皆さんでお決まりの集合写真です。(15名、本日1名欠席です)
1年間このメンバーにて鎌倉を満喫していきますのでよろしくお願い致します。

R5__0105.jpg



Posted by PCC at 21:52
かっしー写真部スタート! 第1回 伝統工芸「手漉き和紙」の技を撮る [2022年05月17日(Tue)]
かっしー写真部、インストラクターの柏原清です。
四季折々の大自然に抱かれた北アルプス山麓、信濃大町を拠点に、楽しく写真が学べる撮影会を毎月実施します!

スポットの撮影会を経て、2022年5月からスタートした写真部の第1回目を実施しました。
初回はちょっと変わった被写体「手漉き和紙」の匠の技を撮影してきました。
A7R04071.jpg
楮(こうぞ)から和紙になっていく手間のかかる紙漉きの流れを追って、社会科見学のような撮影会が始まりました。
A7R04039.jpg
清冽で良質な水が豊富な当地は、水を育む町。小さな町ですが造り酒屋が三蔵、いまやミネラルウォーターの工場も数社あり、きれいな水を使う紙漉きにも適した地域です。長久三年(1042年)から続く、紙漉きの技術をカメラに収め、伝承したいと思い企画しました。
A7R03864.jpg
信州松崎和紙工業、腰原社長の優しいお人柄が表れる素敵な松崎和紙は、全国でも珍しい天然の葉っぱなどの素材を紙に漉き込む、特殊な製法が特徴です。
A7R04074.jpg

A7R04059.jpg
光を探したり、構図を決めているうちに次の工程に進んでしまいますから、動きのある被写体は忙しくて難しいけど、おもしろい!
ある生徒さんは、夢中になりいつもよりかなり多めにシャッターを切ったと仰っていました。

後半はお楽しみ!参加者の皆さんが実際に和紙を漉いてみました。
あれ?この配置…写真構図にもつながるよね!などと言いながら、はがきサイズの和紙に天然の葉を配置していました。それも狙いなんです笑
そして、次第に作品作りにのめり込む皆さん…4作品作った生徒さんもいらっしゃいました。
A7R03863.jpg
ご自分の作品は当日お持ち帰りができ、よい思い出づくりができたと喜んでいただきました。
A7R04082.jpg

写真の学びはもとより、歴史、伝統工芸に触れた楽しい撮影会になりました!
次回以降は大自然に飛び出し、風景撮影を楽しみます!

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━
フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!
詳細は下記の URL でチェック↓↓
http://www.npopcc.jp/classroom/
━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
Posted by PCC at 00:25
2022年度「クニさんの花ふぉと部」始動! [2022年05月15日(Sun)]
2022年度の写真部は、装いも新たに「クニさんの花ふぉと部」として始動しました!

通常のワンデイ撮影会と違い、あまり細かいテクニックなどは気にせずに楽しく撮影を楽しむ写真部にしたいと思います。
また、マクロにこだわらず、その季節その場の雰囲気も取り入れながら撮影を楽しんでいくつもりですので、どうぞお楽しみに!

今回は初回ということで簡単なレジメをお渡しして、普段から意識していただきたいことなどを説明。

・ポイント1 心の動きを吟味する(漠然と撮らない!)
・ポイント2 「なにを撮るか」ではなく「どう撮るか」
・ポイント3 自由に撮る!

とは言え、あまり難しく考えず、撮りたいイメージを持って自由に撮りましょう!

一通り説明が終われば、さっそく撮影スタート。
皆さん思い思いにきれいな花を見つけて撮影されてます。

IMG_9403.JPG

マクロの基本、醍醐味はやっぱりクローズアップ。
ここはどの花も近づいて撮れるので、クローズアップが撮りやすい!

IMG_9402.JPG

まだ開ききっていない花は、渦を巻いている部分を狙うとGoodです。

220515_aramaki_106_XH1.jpg

少し高い位置にある花。
下から見上げるように撮ると、背景の葉の隙間から入る光がキラキラした円ボケを描きます。

IMG_9407.JPG

こんな感じ。

220515_aramaki_024_XH1.jpg

こんどは低い位置に咲く花を。
しゃがんだ体勢でしっかりカメラを構えて慎重にピント合わせ。
クローズアップはほんの少しのピント位置のズレでも大きくピンボケになってしまいます。

IMG_9409.JPG

IMG_9410.JPG

主役の花だけでなく背景もよく観察して、背後にある花を色の後ボケとして活用します。

IMG_9416.JPG

IMG_9420.JPG

この日はちょうどバラが見頃の休日とあって、ものすごい人出でした。
そんな状況にもめげずに夢中に撮影していたら、あっという間に二時間が。
皆さん、今後ともよろしくお願いいたします!

最後に皆さんで記念撮影!

IMG_9431.JPG

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓   
http://www.npopcc.jp/classroom/

━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
 
Posted by PCC at 21:30
春の花で多重露光にチャレンジ! [2022年05月15日(Sun)]
皆さん、こんにちは〜
フォトインストラクターの染谷です。

PCC撮影会3回目は、葛西臨海公園での撮影会でした。
本来、この時期はポピーが咲いていて月末には、花摘み体験などもやっておりましたが…
なんと、今年はポピーを植えてないことが、ロケハン時に判明し、急遽『多重露光』をメインにして撮影会を始めました。
IMG_20220515_192148.jpg
そもそも、多重露光とは?
1コマの中に2枚以上の複数の画像を重ねて撮影する技法のことです。
今日は、その中から2つの撮影方法を、ご紹介しました。

@全く違う被写体を重ねる方法
IMG_20220515_192123.jpg
A同じ被写体を重ねてソフト感を出す方法
IMG_20220515_192432.jpg
多重露光を上手く重ねるのには、少しコツも必要で、皆さん初めは、試行錯誤していらっしゃいましたが、30分もすると、どんどん取得されて、思い思いの1枚を仕上げられていました。
OI001057.JPG
最後は、今日イチの写真を皆さんで見せ合いっこしました。
OI000986.JPG
撮影開始時は、ポピーの咲いてない状況で、楽しみにされていた方も多かったと思いますが、最後には「多重露光って楽しいですね」と、おっしゃって頂いた参加者さんがいて、やって良かったなぁと感じました。

追記:撮影中『蓮池』に咲いていたのはハスではなくスイレンでした。
訂正して、お詫び申し上げます。
OI001192.JPG

来月の紫陽花の撮影会では、小物を使って『映える写真』を撮っていけたらなぁと、準備中です。宜しかったら、ぜひ\(^o^)/

Posted by PCC at 19:57
| 次へ