• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2022年03月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
2022年3月くっきー写真部「大阪港周辺」 [2022年03月29日(Tue)]
なんとか3月まで辿り着いたこのブログあせあせ(飛び散る汗)
2021年度最後のくっきー写真部はみんなご存知大阪港......の近くへ。「へー!こんなとこあったんだー!」という場所へご案内しました。

大阪メトロ大阪港駅で集合したら、まず向かった先は徒歩10分ほどで「ベタ踏み坂」を臨めるスポット。

DSC_8331_1.jpg
あんなに遠くに見えるのに、圧縮効果、すごーい!

なみはや大橋に向かって急な坂が伸びているのですが、手前には高低差もあり、望遠レンズで圧縮するとなかなか面白い絵になります。

P3210269.jpg
なかなかの急勾配に急カーブですね...

手前の上を横切る阪神高速湾岸線の赤いトラス橋(港大橋)もいいアクセントになります。

そこから次の撮影スポットへ向かう道すがら、ちょこっと大阪港や赤レンガ倉庫、そしてその向こうの観覧車などを撮影。ちょうど夕暮れ時でしたが、この日はあいにくと綺麗な夕景とはいかなかったのがちょっと残念でしたね。

DSC_8339_1.jpg

DSC_8350_1.jpg

P3210283.jpg
人影とタグボート、そして海のキリン(ガントリークレーン)が気になって。

P3210300.jpg

P3210298.jpg

そうして本日のメインディシュとなる天保山ジャンクション......を見上げるスポットへ。
ぐるりと回るように降りてくる高架橋と街灯、そしてお天気がよければ夕暮れの空とのコラボが楽しめます。

DSC_8377_1.jpg
高速道路の構造って面白い〜

DSC_8378_1.jpg
歩道橋って結構揺れるから三脚はアカン、手持ちやな...

P3210311.jpg
この重なり具合が面白いですよね

DSC_8391.jpg
みんな、海に落ちないでよー!

DSC_8412_1.jpg
設定は...っと

DSC_8410_1.jpg
見上げると...ほら、面白いよー!w

DSC_8421_1.jpg
三脚は明るいうちに立ててカメラもセットしておきましょう

DSC_8419_2.jpg
構図を考え中...?

DSC_8428_1.jpg
超広角(12mm)はやっぱり面白いですね!

DSC_8446_1.jpg
超ローアングルからの魚眼でチャレンジ!

実際にどんな写真が撮れるのかというと......

P3210319.jpg
私も換算14mmでアートフィルターを使って撮ってみました

この日は雨こそ降らないまでも、夕焼け空にはならなかったのが残念でしたが、すっかり日が暮れたところでお開きとしました。
今回は「大阪にもこんなところがあったんやねー!」というお声をいただき、とはいえひとりではちょっと行きづらかったりもするので、こうしてみんなで行くことができてよかったかな、と思います。

DSC_8365_1.jpg

そんなこんなで2021年度のくっきー写真部、またもやコロナの影響や天候不順で日程やロケ地変更を余儀なくされたりもしましたが、無事に終えることができました。ご参加いただいた皆さん、本当にお疲れさまでした、ありがとうございました!

2022年度も再度担当させていただき、また多くの方のお申し込みをいただいていると伺っています。いまだに続くコロナを鑑みて5月からのスタートですが、どうぞまたよろしくお願いいたします!
Posted by PCC at 22:19
2022年2月くっきー写真部「淀の河津桜、のはずが...」 [2022年03月28日(Mon)]
例年、2月も下旬になると寒さも少し和らぎ、春の兆しが見えてくる......その印となるもののひとつが河津桜ではないでしょうか。
関西では大阪から京阪電車で京都へ向かう途中、淀駅近くの水路沿いに河津桜の並木路があり、例年2月下旬から濃いピンクの桜並木を楽しめるため、2月のロケ地に選びました。

淀駅から徒歩10分ほどで、いざ!!!

DSC_7941.jpg

...え。うそん!がく〜(落胆した顔)
ほぼ、まったく、咲いてない......たらーっ(汗)

今年は年末あたりから2月がとにかく寒く、梅も河津桜も開花が遅れているとは耳にしていたものの、ここまでとは......あせあせ(飛び散る汗) いくらなんでも、この状況で2時間撮影というのは無理がありすぎる......たらーっ(汗)

ということで、急遽ロケ地の変更を皆さんに打診。

DSC_8216.jpg
「"あそこ"へ行こうと思うんですけど、よいですか〜?」

淀駅から再び京阪電車に乗って京都方面へ20分ほどの「あの場所」へ移動することにしました。

の前に、1箇所だけ、本当にここだけ咲いているという早咲きの河津桜を通りすがりに撮影。

DSC_8217.jpg
ここだけ見ると「咲いている」んですけどね......w

DSC_8221.jpg
「メジロがおる!」「え?どこ?どこ??」

満開とまではいかずとも、全体的にこのくらい咲いてくれていたらよかったのですが......たらーっ(汗)

そして電車に乗って向かった先。それがこちら。

DSC_7949.jpg
\(ぱぱーん!ぴかぴか(新しい)伏見稲荷大社です!)/

そう、全国的にも有名な伏見稲荷大社。
このコロナ禍で観光客も少なめという点も含めてよい機会ではないかと思い、こちらにしました(というか、近くにここがあってホント助かりました......狐さん、ありがとう!黒ハート

DSC_7950.jpg
まずは大きな朱色の鳥居と楼門から...

DSC_7952.jpg
狐さんに感謝ですー!

神社仏閣を訪れたら、撮影の前にまずはご挨拶......簡単にではありますがお詣りをしてから、この伏見稲荷といえば、の千本鳥居へと向かいました。

DSC_8261.jpg
何を撮っているのかな.....?

DSC_8283.jpg
外国人は少ないながらもそれなりの人出はありましたね。

DSC_7976.jpg
鳥居の隙間から...

DSC_7987.jpg
ここでもミラーレスのモニターをお借りして......

DSC_7983.jpg
望遠レンズでギュッと圧縮!

ずらりと並ぶ鳥居は、広角で遠近感を出したり、はたまた望遠でぎゅっと圧縮してみたり。またシャッター速度を落としてわざと人の動きをブラしたり......いろんな撮り方ができますね。

そしてさすがにお山の頂上まで行くのは(仮に時間があっても)厳しいことから、途中まで登ったところで引き返してきました。

DSC_8299.jpg

DSC_8296.jpg


DSC_8008.jpg
な、なんですか?その不思議なカメラは......!
(3D写真が撮れるんだそうです!)

DSC_8324.jpg
別の機会に見せていただきましたが、3D写真、面白い!

DSC_8016.jpg
鳥居型の絵馬をバックに、キマってます!ぴかぴか(新しい)

結果的には「伏見稲荷、すごい久しぶりに来たー!」「前ほど人が多くなくてよかった」など、好意的なコメントをいただき、ホッとしたクキモトでした。
皆さん、急なロケ地変更を快諾いただき、ありがとうございました、お疲れさまでした!

DSC_8236.jpg

個人的に、伏見稲荷はこれまで何度か撮影会で訪れたことがあったものの、限られた時間での集団行動だとどうしても途中までしか行くことができなかったため、解散後の午後、今回初めてひとりで山頂まで登ってみました。

IMG_1139.jpg

が。
やっぱり、とっても大変でした......
撮影会だと、無理。絶対。笑



Posted by PCC at 14:46
「クニさんのマクロ写真部」2022年3月 最終回! [2022年03月27日(Sun)]
「クニさんのマクロ写真部」、いよいよ2021年度の最終回!
花博記念公園鶴見緑地にて、春の花撮影です(*^^*)

二日前に下見に行った時点ではまだ桜もポツポツ咲き始め。
陽光桜も見頃のピークを過ぎていたので、前日の雨で散っちゃってるだろうなぁと期待してなかったんですが、行ってみてびっくり!

桜、ほぼ満開ですやん!
陽光桜もまだしっかり残っていて見頃継続中。
おかげで予想外に桜撮影をたっぷり楽しめました( ^ ^ )

お天気も良くて気持ちいい青空も広がって、桜撮影日和!
ただ、風がめっちゃ強くて。。。マクロ撮影日和とは言えませんでしたが(;^ω^)

木漏れ日を背景に入れて桜を狙います。
IMG_8445.JPG

桜もいいけど、ユキヤナギもなかなかおもしろい被写体です。
IMG_8447.JPG

ググッとアップで迫ります。
IMG_8451.JPG

マクロでクローズアップすると、ぜんぜん違った姿に見えるのが面白いところ(*^^*)
220327_tsurumi_036_XT3.JPG

池のほとりをぐるっと囲む桜並木。
IMG_8453.JPG

青空に薄いピンクの桜の花が映えますね〜。
220327_tsurumi_042_XT3.JPG

ふと池の方に目をやると、サギたちが撮影してくれとばかりにポーズを取ってました(笑)
IMG_8459.JPG

桜の赤い蕾を前ボケにして。
220327_tsurumi_053_XT3.JPG

陽光桜の周りはちょっとした広場になっているので、記念撮影をしたりお弁当を食べたり、たくさんの方が思い思いに楽しまれていました。
メジロちゃんなどの鳥もやってくるので、鳥狙いのカメラマンさんもいっぱいです。

IMG_8464.JPG

*

一年間開催してきた「クニさんのマクロ写真部」も、無事最終回を迎えることができました。
ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

2022年度は少し趣向を変えて、マクロだけでなく広角ズームや望遠ズームも使って、素敵な花風景を撮影しながらのお写ん歩を楽しみたいと思います。
ぜひ新しい写真部もよろしくお願いいたします!(*^^*)

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓   
http://www.npopcc.jp/classroom/

━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
Posted by PCC at 22:02
ヤスサン写真部 2022年3月「桜と池で春を撮る」 [2022年03月27日(Sun)]
久しぶりの「ヤスサン写真部」の開催です。
春の花「桜」を撮影します。
しかし、曇りから雨の予報。
寒の戻りがあり、桜の開花状況もご覧の通り満開ではないです。

@.jpg

カメラの設定(コントラスト、彩度)を変更して撮影開始。
@a_撮影風景.jpg

桜の開花状況が良い所へ移動。
空を入れずに撮影(白の部分を少なくする)
C.jpg

良い所を見つけて撮影。
Ba_撮影風景.jpg

Bb.jpg

晴れていればもっと良かったと思います。

開花して間もないので、花の状況は良い状態です。
D.jpg

皆さん、何を撮っているのでしょう?
Fa_撮影風景.jpg
Fb.jpg

一輪の花に、赤と白の花びら!

又、良い被写体を見つけました。
Ea_撮影風景.jpg

つくしです。
Eb.jpg

G.jpg
H.jpg

色々と被写体を探しています。
I.jpg

この後、雨が降ってきました。
一時的な雨であったので撮影開始。

J.jpg

丸ボケを入れて!
K.jpg

最後に、映り込みを撮りました。
N.jpg

2021年度の「ヤスサン写真部」は、
コロナ感染拡大で中止にしたこともありましたが
無事終了致しました。
参加された皆様、ありがとうございました。

2022年度も、参加して頂けると幸いです。









Posted by PCC at 17:09
朝の光にきらめく北の丸公園の桜 [2022年03月27日(Sun)]
はじめまして。
フォトインストラクターの染谷真弓です。

今回のPCC撮影会で講師デビューしました。

事前から天気や開花状況に一喜一憂しながら、緊張した朝を迎えましたが…

蓋を開けてみたら、天気は良すぎるくらいに暑さを感じる日となり、一番心配していた桜の開花も進み、8分咲き一歩前くらいまで見頃を迎えていました。
OI000924.JPG
生徒さんに『先生、晴れ女ですか?』と聞かれ、ほのぼの会話を交えながら、撮影会を始めました。

気が付くと、私の緊張も解れていて、レクチャーもすんなりいきました。

初めテーマを1つ決めて、皆さんに1つ覚えて帰って頂こうと用意していたのですが、皆さん上達されるのが早く、急遽もう2つ増やし、前ボケとコーナーパワーも覚えて帰って頂く事になりました。

地図を用意して皆さんにお配りし、撮影スポットをお伝えしながら、次お一人で来た時も、場所が分かるように準備をしました。
OI000383.JPG
しかし、今朝、駅出口の桜がキレイに咲いていて、光もちょうど良い光が指していたので、撮影スポットを急遽増やしました。

逆に人が(観光客が)増えて来てしまい、撮影スポットにしようと考えていた(ロケハンしていた)場所のスペースが狭くなり、密になりかけたりと、予想がハズレて嬉しい事も、うぅんと思う事も、どちらもあり、あまり撮影ルートを固めない方が良いのだと学びました。
OI000190.JPG
皆さんとコミュニケーション取りながら、もし撮った写真を見せたくなさそうな人がいれば、やめようかと思って(デリケートな部分なので)、撮れた写真を見せて頂いていて、皆さん大丈夫そうだったので、最後に今日イチの写真を、皆さんと見せ合いっこしました。

終始楽しい撮影会になりました。
朝早くから参加して下さった皆さん、有難う御座いました。


IMG_20220327_083048.jpgIMG_20220327_083006.jpg
Posted by PCC at 16:56
九州・大分 吉野講師 ポカポカ温室で花をクローズアップ [2022年03月26日(Sat)]
DSC02347.jpg

3/26(土)大分県大分市 佐野植物公園
「ポカポカ温室で花をクローズアップ」

みなさん、こんにちは!
ヨッシーこと吉野努です。
九州・大分での写真教室も2回目となりました。

今回の参加者は佐野植物公園が初体験。
温室内に1年中花が咲いており入場無料。
マクロ撮影の練習には最高の環境です。

DSC02330.jpg

企画した時が真冬だったので
ポカポカ温室とタイトルをつけましたが、
本日は春の暖かさ、汗をかきかきでした。
DSC02299.jpg

上の写真は小さい花たちを前ボケで撮りました。
思いっきりカメラ位置を下げるので、チルト式モニターが便利です。
前ボケを決めるコツはレンズフードを外し、
レンズ前面に花がくっつく位にすることです。

マクロ撮影は風が吹くとソワソワするのですが、
温室内は無風なので落ち着いてマクロに全集中できるんです。

DSC02327.jpg

背景をどうするかを工夫するのも面白いですね。
倍率を抑えて背景のボケで表現をたのしむ。
マクロ撮影はカメラを使いこなすコツと、
フレームの中に上手く被写体をまとめるコツがあります。

DSC02304.jpg

花の色を生かして背景と落差を付けるとドラマチック。
ファッションの色合わせのような感覚も磨きたいですね。
カメラの性能がよくなると意識を向ける内容が変化するんです。

DSC02278.jpg

真剣に楽しくマクロ撮影の2時間でした。
ご参加いただいた方々ありがとうございました。
またお会いしましょう。
カメラや写真を通して仲間を作ることは素晴らしい。
1人で楽しむ良さもあるのですが、みんなで取り組む楽しさもいいです。

DSC02350.jpg

●FacebookのPCC全国交流グループに参加中。
たくさん写真を投稿しています。
コメント、友達申請も大歓迎です。
下のリンクからぜひご覧ください。
https://bit.ly/3wEWguI

●4月〜6月は月に2回、大分県内で写真教室を開催予定です。
PCC写真教室で九州→大分県で検索して下さい。
下のリンクから大分県のページです。
https://bit.ly/3wESD84

●オンライン写真教室も4月〜6月に開催しています。
全国どこからでも参加可能。
下のリンクからお申込みできます。
https://bit.ly/3qEZyu9

九州・大分のヨッシーこと吉野でした!
ココまで読んでいただき感謝です。

あわせて過去記事も読んでください。
3/12開催の杵築城下町のご報告
https://bit.ly/3qCwu6F

ヨッシー先生プロフィール写真小.jpg
Posted by PCC at 21:22
ニチロー写真部2021年度_2月 鶴見線 [2022年03月26日(Sat)]
まるで時が止まってしまったような佇まい。

そこに立つと、自分がどこに居るのか分からなくなるような錯覚さえ覚える。

昭和期の面影が残るJR鶴見線。
走る車両こそ現代のものですが、旧型国電が走っていた頃を偲ばせる景色は随所に見られます。

そんな魅力に溢れた鶴見線を堪能するべく、たっぷり3時間のスペシャルコースです(^^♪

まずは、既にお馴染みの「レクチャーと言う名の長話」でゴザイます。
KK0A0750.JPG
座る場所が有ると一層話が長いとの定説が有りますが、、今回は比較的短め?
KK0A0759.JPG

それでは最初の撮影地。
KK0A0764.JPG

KK0A0800.JPG

鶴見線の駅で一番有名な場所と言えば、恐らくここでしょうね『国道駅』 
DSC00669縮小済(1).jpg

DSCF0088縮小済.jpg

その独自な世界感に、しばし心酔。


さて、こちらの場所ですが、実は写真撮影にとって極めて大切な事を学ぶのに最適なのですよ♪ 

大切な事とは『光』です。

極めて当たり前の事ですが、写真は光がないと写す事ができません。photographって言いますものね♪

明るい・暗いだけではなく、光には色があります。そして、肉眼では光の色の違いに意外な程気付かないのです。

その理由は、目で見てそれを脳が何色か判断している事と、人の眼は環境に馴染むからです。
この性質は『ホワイトバランス』の設定を難しくしている原因のひとつなのですよ(^^♪


まず「撮影地の光の色を知る」これってとても大事な事です!!では、どうすれば良いか?? 実はとても簡単に光の色を知る事はできます。

カメラのホワイトバランスを『太陽光・晴天・はれ』にします。メーカーによって呼び方は違いますが、晴れた日の昼間の太陽の下で撮る設定です。そして、その場所の写真を一枚撮る。
すると、、えぇ!ここってこんな光の色なのぉ??と驚くと思います。だって、見た目と全然違う色なんですもの(^^ゞ
DSC00660縮小済(1).jpg

KK0A0790-1.jpg
あとは、その光の色を活かすなら、ホワイトバランスはそのまま太陽光で撮り、光の色の影響を取り除きたければ、ホワイトバランスをオートにすれば、光に照らされているモノ本来の色に近く再現されます。ポイントは、どのように仕上げたいかイメージする事ですね♪

DSC00700縮小済(1).jpg
実はこんなに光の色がイロイロ
縮小(1).jpg

では、引き続き撮りましょう。

広い空間を撮りたいと思ったら、広角レンズの出番ですね。高さが有る空間だと、下から見上げる構図で撮る事になりますので、どうしても下から上に「すぼまって行く」ように写ります。
これは遠近感が強調された結果ですので、効果的に採り入れたいと思います。難しいなと感じたら、垂直線が画面のどこにあるか?を意識すれば、上手くまとめられるようになりますよ(^^♪

縮小(3).jpg
垂直線が真ん中だと安定感。

縮小(2).jpg
左端に垂直線

縮小(4).jpg
右端に垂直線
垂直線が画面の端に有ると、不安定な感じや緊張感を出すことができます。



と、、小一時間あまり撮ったら、次に移動します。
KK0A0824-1.jpg

乗り換えの駅でもしばし撮影。
DSC00728縮小済.jpg

DSCF0132縮小済.jpg

そして終点の扇町駅で降りて、工場夜景を撮りに向かいます。
DSC00735縮小済(1).jpg

夜景撮影の大事な事のひとつは「明るいうちに撮る場所を確認しておく」です。
KK0A0830.JPG

DSC00736縮小済(1).jpg

DSCF0187縮小済(1).jpg


雨が降ったらリフレクション撮影のチャーーーンス♪(^^♪
映り込みを撮るなら、どれだけ水溜り等の反射面に近づくか遠ざけるか?その距離感が大事です
KK0A0858-1.jpg


そうこうしているうちに、だんだん空が暗くなって来て、、こんな感じです。
DSCF0230縮小済(1).jpg

DSCF0205縮小済(1).jpg

DSCF0248縮小済.jpg

DSCF0241縮小済(1).jpg

縮小.jpg

ここでも、光の色を撮る為のホワイトバランス設定が大事ですね♪


それでは大変お待たせ致しました。参加者様のスペシャルギャラリーでゴザイます。

   富樫様の作品です♪
DSC02243 - コピー縮小済(1).jpg

DSC02265縮小済(1).jpg

DSC02315 - コピー縮小済.jpg


   宮崎様の作品です
bF2155268.jpg

bF2155341.jpg

bF2155443.jpg

bF2155466.jpg

bF2155706.jpg

bF2155778.jpg

    ♪素敵な作品をありがとうございました♪

いつのまにやら、帰りの電車の時間がやってまいりましたので、これにて御開きでゴザイます。


いよいよ次回は、ニチロ―写真部2021年度最終回!小さな春の足音を聴きに行って参ります!
ニチロ―こと、西田がお届けいたしました。



号外!号外!!号外ーーー(^^♪
ただ今、フォトカルチャー倶楽部では、2022年度写真部の御申し込み絶賛受付中でございます。

東日本バージョン https://www.npopcc.jp/event/detail/?event_id=533
西日本バージョン https://www.npopcc.jp/event/detail/?event_id=531

ブログを御覧頂いて、ちょっと興味が有るなーと感じたら、ぜひとも御申し込み下さいマセ!
Posted by PCC at 03:26
2022年1月くっきー写真部「長谷寺の寒牡丹を愛でに」 [2022年03月23日(Wed)]
レポートブログもようやく2022年に突入です!(遅)
年明け最初のロケ地は奈良の長谷寺。冬の時期は寒牡丹で有名で、うまくいけば雪と寒牡丹が撮れるかな〜と思って設定したのですが。

1月22日(土)、北の京都は前日から大雪に見舞われていたので、京都からは南とはいえ、山間にある長谷寺もちょっとくらいは雪雲のしっぽがかかってないかしら......と期待したものの、どうやら晴れパワーを発揮しすぎたようでしたあせあせ(飛び散る汗)

スタート時、入口そばには何やら石がくるくる回るものが......。これは回すとお経を読んだことと同じになるマニ車みたいなものですね。

DSC_7095_1.jpg

DSC_7239.jpg
入口の仁王門には大きな草鞋が!

境内に入るとまず待ち構えているのが、長谷寺といえばの長〜い登廊。広角レンズで遠近感を強調したり、望遠レンズでぎゅっと圧縮したり。

DSC_7099.jpg
軽々と登っていかれる健脚なNさん!

また、アングルも色々工夫のしがいがありますね。

1DS02293.jpg

1DS02294.jpg
このアングルで撮れた写真が気になりますよね!

この登廊の脇にはお目当ての寒牡丹がずらりと並んでいるのですが。

1DS02276.jpg

雪の気配などどこにもなし......!

DSC_7119.jpg

その点、残念だね〜と話しながら本堂へと上がっていきます。そしてこの本堂へ到着すると......

DSC_7152.jpg

ここは長谷寺の定番スポット。何が撮れるかというと、

DSC_7159.jpg

あいにくと背景が全然映えない季節ですが(笑)、新緑や紅葉の時期は非常に綺麗で人気の場所です。

1DS02320.jpg

1DS02319.jpg

DSC_7169.jpg

そして本堂の正面には清水の舞台のような舞台造りになっていて、ここから撮る本堂の五色幕も撮っておきたい光景です。

下の写真のように、画角内に明るい部分と影の部分が両方あると、肉眼では両方ともちゃんと見えていても、写真に撮ると影の部分が真っ暗......ということが起こりがち。
そんな時はカメラの機種などにもよりますが、HDRやアクティブDライティング(Nikon)といった機能を使うことで暗い部分を起こし、肉眼での見た目に近づけることができます。

DSC_7173.jpg
そのまま撮ると軒下が真っ暗...

DSC_7173_ACD強め.jpg
アクティブDライティング機能を「強め」に。
軒下の木組みが出てきました!

その後は各々境内をぐるりと散策。

DSC_7217.jpg
さっきあそこにいたんだよね〜

DSC_7187.jpg
どんなん撮れた〜?

DSC_7207.jpg
揃ってしゃがんで狙う先は......

DSC_7200.jpg
ネコヤナギとキラキラの玉ボケ!

1DS02369.jpg

DSC_7221.jpg

DSC_7237.jpg
ここに雪が被さっていてほしかったんだけどなぁ......

期待した雪には恵まれなかったものの、スタート時には雲が優勢だったお天気も、途中からは綺麗な青空が広がり、キラキラ玉ボケも楽しめました。
ご参加の皆さん、お疲れさまでした!

1DS02476.jpg



Posted by PCC at 14:46
2021年12月くっきー写真部「神戸のイルミを堪能-南京町とハーバーランド」 [2022年03月22日(Tue)]
やっと昨年最後の写真部......は、私の地元、神戸でイルミ撮影を企画。でもいわゆるイルミネーションだけでなく、中華街のランタンをメインに考えてみました。

神戸の中華街は「南京町」といい、横浜と比較するとかなり規模は小さいものの、中華料理屋さんの軒先にずらりと並んだ屋台で気軽に小吃(中国語で軽食やスナックといった意味)を買って、歩きながらでも楽しめるのが大きな特徴です。

まだ明るい時間にJR元町駅で集合したら、徒歩3分ほどの南京町へ。暗くなる前の南京町の光景もしっかり撮っておきます。

DSC_7939.jpg

DSC_7956.jpg

DSC_7962.jpg

DSC_7979.jpg

DSC_7994.jpg

DSC_8027.jpg

そして暗くなってくるといよいよランタンも「映える」ように......

望遠レンズの圧縮効果を使うとランタンがぎゅっと詰まって賑やかな印象になりますね。

PC064077.jpg

並んで撮影しているところを発見!

DSC_6906.jpg

そこで後ろから......

DSC_6903 (2).jpg

DSC_6896.jpg

ミラーレス機の背面液晶モニターや、スマートフォンの画面にピントを合わせて、背景をぼかす、という方法もイルミ撮影でオススメの撮り方です。あ、もちろんカメラやスマホの持ち主には了承を得てトラブルのないようにしましょうね!ちなみに、片手撮影にはなりますが、自分のスマートフォンを利用するのもひとつです!

おや、今度は何やらカメラが傾いていますが......

DSC_6902.jpg

これは、シャッター速度を遅くして、シャッターを切った瞬間にカメラをぐるん!と回す撮り方ですね。

こちらは1/2秒でやってみたものです。

PC191940.jpg

あとは、カメラにその機能が備わっている方には、2枚の写真を重ねて撮る、多重露出もお伝えしました。望遠寄り、かつ、わざとピントを合わせないアウトフォーカスで撮影したランタンを重ねることで、華やかな印象になります。

DSC_6909.jpg

一通り南京町を撮影したら、やはり王道のイルミも撮ろう!ということで、地下鉄に乗って二駅のハーバーランドへ移動。ハーバーランドは街路樹などもキラキラしていました。

DSC_8032.jpg

DSC_8059.jpg

DSC_8074.jpg

このハーバーランドにある赤レンガ倉庫の壁と照明を利用して、人物がシルエットになるようにしてみたり。

DSC_8058 (2).jpg

また、私はここでも多重露出を......

DSC_6953.jpg

ここ、キラキラはきれいだったんですが、如何せん海のそばということでめっちゃ寒かったんですよね...たらーっ(汗)

DSC_8070.jpg

DSC_8075.jpg

DSC_8079.jpg

そして確かこの日は満月ということで、お月さんと絡めて撮る方も多かったですね。私も......

DSC_6948.jpg

ということで、キラキラに満月まで撮り切ったら、皆さんが凍りついてしまう前にお開きとしました。
途中、移動もしつつ、非常に寒い中でしたが、ご参加の皆さん、お疲れさまでした!!

DSC_7950.jpg






Posted by PCC at 16:36
2021年11月くっきー写真部「彦根城・玄宮園」 [2022年03月22日(Tue)]
まだまだ昨年から抜け出せずにおりますが......たらーっ(汗)
2021年11月は、滋賀県彦根市にある彦根城と隣接する日本庭園「玄宮園」に行きました。
日頃「晴れ女」が売りのワタクシですが(笑)、この日はパワーダウン......どなたか非常に強力な雨男(女)がいらっしゃったようです!笑

彦根駅で集合し、そこから徒歩10分ほど歩いて彦根城へ...この時点ではなんとかお天気も持っており、まずは入口の寒桜にレンズが向きます。

PB273952.jpg

7DS00004.jpg

PB273953.jpg

ところが、玄宮園に入る頃からパラパラと降り始め......

7DS00043.jpg

7DS00009.jpg

その後雨は本降りに...たらーっ(汗)
傘をさしての撮影はできるだけカメラが濡れないようにも気を使いつつ、本当に大変ですあせあせ(飛び散る汗)

7DS00062.jpg

せっかくの紅葉とてもきれいでお庭も見事なのに......

PB273967.jpg

7DS00013.jpg
完全防備のTさん!

日頃、なかなかここまでの雨の日に当たることのない私ですが、「はずすと警報級」はやはりその通りのようです......w

PB273985.jpg
雨に烟る彦根城と紅葉...これはこれできれいとはいえ...!

そんな中、ふと見ると、Tさんの傘にハラリと落ちた紅葉の葉っぱが2枚、とってもいい塩梅にペタッとくっついているではないですか!これは逆に「雨の日ならでは」ですよね!

PB273996.jpg
撮らせて〜!

せっかくのロケーションながらもあまりの雨っぷりに、流石に長時間粘っての撮影は難しく、流石に皆さんの集中力も長続きはせず......というところで、徐々に雨は小降りに!

そして玄宮園を出たところで陽がさしてきました!
雨上がりの紅葉に光が当たってキラキラしたところを、逆光で撮影するととっても綺麗ですよね。

PB274005.jpg

PB274013.jpg

そしてここからは彦根城の天守閣のもとへ。
この天守閣がかなり高い位置にあり、なかなかの山登りに!(笑)

7DS00118.jpg
雨上がりの足元は滑りやすいので気をつけて!!

PB274018.jpg

7DS00121.jpg
何を見つけたのかな...?

天守閣のある頂上に着くと、そこからは彦根の町並み越しに琵琶湖も見渡すことができ、ちょうど夕暮れの遠景が非常にきれい!

PB274028_1.jpg

PB274036_1.jpg
あとから現像時に町並み部分を明るく持ち上げています。

最後に夕陽に染まる天守閣周りの紅葉を撮影してお開きとなりました。

PB274042.jpg

7DS00146.jpg

7DS00137.jpg

PB274047.jpg

終わりよければすべてよし、と申しますが、本当に最後はお天気の神様にも微笑んでもらうことができたようで、玄宮園は残念でしたが非常に印象深い1日となりました。
寒くて冷たい雨の日でしたが、皆さん、お疲れさまでした!

7DS00071.jpg
「雨止んだで!今のうちに撮ろう!!」

そして2021年度のくっきー写真部は、昨日の3月21日の撮影会を以て全ての日程をクリアし、終了となりました。まだまだコロナ禍での1年間でしたが、ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!
この通りBlogが追いついていませんが、なんとか今月中にはキャッチアップしたい所存です!

そして2022年度も引き続き写真部を担当させていただくことになりましたが、今回も30名もの皆さまにご応募いただき、満員御礼となった旨伺っております。本当にありがとうございます。次は5月からのスタートとなりますが、どうぞよろしくお願いいたします。









Posted by PCC at 10:21
| 次へ