CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2019年12月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25) 岩元 真帆
◇イソシギときどき自然 第3回目 市川淳◇ (09/14) 遠江守
不思議な世界 (06/05) 安田 正英
浅草とうろう流し (08/28) 松尾喬
PCCの「写交場」交流パーティ 6/21(土) (06/23) 安田 正英
京都に行ってきました (09/15) 光川十洋
自分の花写真がもっと好きになる講座 (05/03) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/27) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/26)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
のだっち写真部 12月 海辺のキラキラを [2019年12月30日(Mon)]






いつもの楽しい仲間と姪浜漁港から
今回は長秒撮影のお勉強で絞りとシャッタースピードを
撮影前に設定しました。
マリノアシティーの観覧車を狙いました!
IMG_2687.jpg
夕景の時間に間に合いましたので綺麗な夕景も撮影出来ました。

IMG_2809.JPG

暗くなってきたので三脚を立て撮影に
IMG_2692.jpg

場所かえて愛宕神社から福岡タワーを入れて夜景撮影でした。
上に上がると風も有り、寒い中での撮影となりましたが
お月さんを待とうとしましたが20:30出だったので断念!!
IMG_2691.jpg


IMG_2810.JPG

長秒20秒での撮影画像、ヨットポールが風にゆれて

次回は1月7日
太宰府天満宮で夜の火祭りを狙いに行きます!!
続きを読む...
Posted by PCC at 18:15
2019年10月 くっきー写真部「明石海峡を望むレトロ遊園地」 [2019年12月30日(Mon)]
超今更で本当にすみません、、、たらーっ(汗)今年のことは今年のうちに...は終わらなさそうですが、ちょっとでもキャッチアップ!

2019年10月のくっきー写真部は、私自身あるのは知っていたけれど昨年まで行ったことがなかった!という関西に残された数少ない遊園地、「鉢伏(はちぶせ)山上遊園」へ。まずは山陽電鉄の須磨浦公園駅で集合し、ロープウェイにて鉢伏山へ。

PA202847.jpg

海と山の両方がある神戸の中でも、西の方に位置するこの鉢伏山は海からすぐに急斜面で山になっており、源平合戦で源義経が断崖絶壁を馬で駆け下りて平家を追い出したと言われる一ノ谷古戦場のすぐ近くでもあります。

PA202852.jpg

ロープウェイを降りたらまずは東部展望台へ。海と山がすごく近いことがよくわかります。

PA202860.jpg

西の方を見ると明石海峡大橋が見事に見えます。

MFC00011.jpg

MFC00007.jpg

もうすでにここで撮影に一生懸命となる皆さんですが、ハイライトはまだまだこれから!この先に、日本...いや、世界でも唯一ここだけにしかないという貴重な乗り物があるんです。それが、こちら。

PA202868.jpg

ゴンドラが山の斜面に沿ってベルトコンベアーで運ばれていくこの乗り物の名前は「カーレーター」。かつてはびわ湖バレイにもあったそうですが今は大型のロープウェイに置き換わり、本当にこの鉢伏山上遊園にしかないそうで、あの「ブラ●モリ」でも取り上げられていました。

そんなカーレーターの売りは物珍しさもさることながら...遊園地自ら「乗り心地の悪さが評判です」ww とウェブサイトに載せている通り、ガッタンゴットン、そりゃもう...!笑

PA202881.jpg

でもみんな楽しそう!^^

カーレーターを降りたらメインの展望台「回転展望閣」へ。名前の通り、45分かけて床がぐるっと一周する展望スペースもありますが、私たちは屋上へ。

PA202898.jpg

明石海峡大橋と、手前は垂水の街並み。私の母校(高校)も見えたりして。そしてここからカメラのエフェクト機能「ジオラマ(ミニチュア)モード」で撮ると面白い!

PA202910.jpg

高いところからこの機能を使って撮ると本物の風景がおもちゃのように見える、その本領発揮ですね。

さて、次はお隣の旗振山(はたふりやま)まで行くのですが、ここからがちょっとしたハイキング。

PA202912.jpg

PA202919.jpg

この鉢伏山上遊園は鉢伏山と旗振山にまたがって造られているのですが、六甲全山縦走路の一部でもあり、ふたつの山の間の行き来は遊園地の「観光リフト」もしくはこのハイキングコースを歩く、のどちらかになっているのです。観光リフトは山の南側斜面にあり、見晴らし最高!なのですが、高所恐怖症の方にはちょっと不向きかも...たらーっ(汗)という心配から、往路は皆で歩くことにしました。

その途中、蜘蛛の巣などを見つけては立ち止まり、カメラを向ける皆さん。カメラがあると、なかなか前に進まないですよね。笑

PA202930.jpg

旗振山の頂上はかつての「摂津国」と「播磨国」の国境だったそうな。現在は神戸市「須磨区」と「垂水区」の区境となっています。ちなみに「旗振山」の由来はその昔、大坂の堂島での米相場を、大きな旗を振って西国(岡山方面)へ知らせた、旗振りの中継地だったそうな。旗で通信とは...すごいですねぇ。

さて、ここからは少し山を下って遊園地ゾーンへ。その道すがら、またもや蜘蛛の巣を発見して、どう撮れば良いかと皆であーだこーだ...笑

私は望遠レンズで背景の木漏れ日を玉ボケにしながら、ホワイトバランスを変える(晴天から色温度設定の4000Kへ)ことを提案してみました。

PA202942.jpg
WB : 晴天 (5300K)

PA202943.jpg
WB : 4000K

色温度を下げると青みが足されて緑がみずみずしくなったりスッキリした色合いとなります。

MFC00041.jpg

MFC00052.jpg

この日はあちこちに蜘蛛の巣があり、みんなあっちでもこっちでも撮っていましたね。笑

PA202957.jpg

お天気もよく山上からの眺めも良しでとても恵まれた撮影会となりました。解散後、帰りは「高いところもへっちゃら!」という希望者の皆さんと観光リフトで鉢伏山へ。ちなみにこのリフト、昨年台風一過の日に訪れたところ、快晴ながらも強風のため運休していて乗れなかったんです...。なので乗れてよかった!

PA202988.jpg

こぢんまりとした遊園地ではありますが、なかなかのレトロ遊園地、楽しんでいただけたかな。皆さんお疲れさまでした!

MFC00028.jpg

Posted by PCC at 13:29
第16回日本旅行星空撮影会@北竜湖の画像と年末のご挨拶 [2019年12月28日(Sat)]
こんにちは!星空写真家の成澤です。

またまた遅くなってしまいましたが、11/30に開催された「第16回日本旅行星空撮影会@北竜湖」の報告をしたいと思います!

当日は無事快晴!に恵まれ、宿泊施設も温泉も星空も、存分に楽しめるイベントになりました。

IMG_9327.JPG

IMG_9328.JPG

もうなんの心配もいらない・・・。心ゆくまで撮影を楽しむだけさっ。

北竜湖周辺のフィールドがとても広く、いろいろな構図で撮影することができ
思いがけず雲海もでて、なんともおなかいっぱいのツアーになりました。

ここからは、私が撮影した写真をお見せしますね。

1.jpg

2.jpg

5.jpg

4.jpg

3.jpg

6.jpg


朝焼けまでパーフェクトでした。妙高山かっこいい!大好き!(笑)

さて!今年の撮影ツアーは以上になります。2019年も皆様には大変お世話になりました。

2020年も継続して開催するこのツアー。来年の目標は「お客様のスキルアップ」です。

今年はリピートで参加している方には多少物足りない部分があったのではないかと思うことがありました。

でもこのツアーに参加してスキルアップできないということがないよう、新規のお客様はもちろん、リピートで参加するお客様にもどんどん上達してもらうことを意識して、2020年もツアーに同行しようと思います。

そのためには、常に皆様に新しい情報が提供できるよう、私自身が常にスキルアップを続けなければなりません。より一層、技術を磨き上げていこうと思います!!

2020年のツアー「2月伊豆大島」「3月北海道・阿寒湖」はすでに募集開始しております!!
https://www.nta.co.jp/theme/photo/

2月の伊豆大島はおかげさまで満員御礼。

3月の北海道・阿寒湖はまだ空きがございます。

ついに私の故郷・北海道へ行く日が来ましたね!北海道の美しい星空をぜひ写真に収めましょう!!

それでは皆様、良いお年を!来年もよろしくお願いいたします〜!!
Posted by PCC at 05:30
ライティングマスター写真部 夕景ポートレート@鎌倉妙本寺 [2019年12月17日(Tue)]
みなさまこんにちはぁ〜♪オオヤマナホです♪
2人担当システムの当ライティングマスター写真部。
相棒のかんざわナビゲーターにここ数回書いていただいていて
超ひっさしぶりぃ〜!!

テンションアゲアゲで参りましょう。
今回ライティングマスターでは紅葉シーンを昼夜2回にわたり
撮影会を開催いたしました。
今回は夜の部です( ̄▽ ̄)

撮影会上の妙本寺さんは知る人ぞ知る穴場スポットではありますが
最近はブライダルの撮影もよくみかけます。
石段をあがり、境内のまえの赤い門と本堂周りの紅葉がとっても美しい・・・
はずだったのですが、今年の鎌倉は大型台風の影響で結構ダメージ受けていて
超超残念な秋となってしまいました。

しかしです。
当ライティングマスターはそんな鎌倉の秋をふたりの素敵なモデルさんのお力で
撮影会は大盛り上がりとなりました。
大阪から来ていただいた大人の魅力な「魔女さん」がダークな黒とするならば
「Lilyちゃん」はピュアな赤という・・・
まさに今回の撮影会テーマ「赤と黒のコントラストが鮮やか 幻想的な紅葉」と
あいなりました!


ライティングもオンカメラ(カメラの上にストロボをのせて発光させる)の方・
オフカメラ(カメラにはコマンダーをのせて、ストロボは外して発光させる)で
チャレンジされている方様々ですが、みなさんずいぶんストロボ遣いに慣れて楽しまれています。


それでは今回はお二人の方の作品をご紹介させていただきます。


ぴかぴか(新しい)魔女さんぴかぴか(新しい)

101aD85_0193_R.jpg
(小山秀次郎さま撮影)

20191208-0060-Canon EOS R_Original.jpg
(小久保一成さま撮影)

108aD85_0452b_R.jpg
(小山秀次郎さま撮影)


20191208-0079-Canon EOS R_Original.jpg
(小久保一成さま撮影)




ハートたち(複数ハート)Lilyさんハートたち(複数ハート)

6aD85_0140_R.jpg
(小山秀次郎さま撮影)


4aD81_0253_R.jpg
(小山秀次郎さま撮影)


20191208-0127-Canon EOS R_Original.jpg
(小久保一成さま撮影)



20191208-0194-Canon EOS R_Original.jpg
(小久保一成さま撮影)




撮影者が変わると表現も違うのがポートレート撮影の面白さですね。
小山さま。小久保さま作品提供どうもありがとうございました。


ライティングテクニックで光と影をどう生かしていくか。
個性をますます極めてまいりましょうね。


また次回よろしくおねがいいたします。
オオヤマナホでした〜exclamation




2020年度もライティングマスター写真部活動いたしますよ〜。
みなさまのご参加たのしみにしております

。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓   
http://www.npopcc.jp/classroom/

━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。


Posted by PCC at 19:54
ニチロ―写真部2019 11月 [2019年12月14日(Sat)]
2019年11月23日

前日から続く小雨の中、横浜市に在る『三渓園』に晩秋の景色を愛でに行って参りました。

今回のニチロ―写真部は、冷たい雨の影響で少人数での開催となりました。

一雨ごとに季節が移ろいゆく時期。しっとりと染まる晩秋の庭園をじっくりとカメラに収めました。


実は今回のテーマ、皆様が悩む事が多いであろう『作品のタイトル』を考えるだったのですね。

とは言え、一枚撮る毎にタイトルを付けましょう!のような苦行では無く、タイトルを意識して撮りましょうね♪とした誰もが取組み易いレッスンでした。



それでは普段の、撮影から作品選び、発表までの一連の流れを思い出して下さい。


撮影時は、ひたすら撮る・撮る!・撮る!!
そして、後からどれが良いか選ぶのに迷う。。
更に、選んだ写真に何てタイトルを付けようか、また悩む

ようやく作品完成。。

あぁ、あるあるーと思った方も多いはずです。


フィルムカメラからデジタルに移行してからは、際限なく撮影出来るようになりました。
それは良い事なのですが、その代わりにジックリと考えて撮る事をやらなく成ってしまったのですね。


今、撮りたいと思う光景が目の前に有ります。フィルムで撮っていた頃は、この光景をどのように切り取れば良いか?シャッターを切る前に、しっかりと考えました。
「私は何に心動かされ、それをどの様に撮れば感動が人に伝わるのか」と。
その時の想いを短い言葉にすれば、作品のタイトルに成るのですね。


でも、今のデジタル時代では、ひたすら撮って撮って撮りまくり、大量の写真を選んでタイトルを後付けすれば良い。かのような風潮が定着してしまっています。
それを悪く言うつもりは有りません。実際に、撮った時には気付かなかった発見を、後から写真選びをする時に見出す事も有り、その為にタイトルを後から付ける手法も有りますので。


ジックリと考えて撮る事の利点は、後から似たような大量の写真選びに時間を割かれない事はもちろん、構図も上達しますし、何より被写体に対する「目の付け所」が変わります。

これは大きいですよ!

DSCF1815_1(1).jpg
と言う感じの「レクチャーと言う名の長話」でしたが、寒かったので、いつもより短めでした。

DSCF8114(1).jpg
ちなみにこのタイトルは『物の怪の刻』でございます。


さあ、撮りましょう

DSCF1821_1(1).jpg

雨の日は、普段なら通り過ぎていた所でさえ、素晴しい表情を見せてくれます♪

DSC_0608(1).jpg
こちらは石川さんの作品。
雨に濡れた苔が美しいですね。

DSC_0601(1).jpg
こちらも石川さんの作品。
しっとりと雨を纏った輝きが美しいです♪

いつもよりも、ジーーックリ撮ってます(^^ゞ
DSCF1839_1.jpg

DSCF9013(1).jpg

DSCF9024.jpg
雨に濡れる事で、樹形の特徴が際立ちます。

大雨に成らずに、程よい雨で良かったですね(^^♪
DSCF9021(1).jpg

と、いつもよりも更にアッと言う間の2時間でした。
身体冷えたので、後で暖まりましょうね♪

さて、次回は、クリスマスシーズンを迎えた東京は丸の内のキラメキを堪能して参ります(^^♪

ニチロ―こと、西田がお届けしました。


ニチロ―写真部2020をはじめ、他の方の写真部も絶賛募集中でございます
↓ ↓ ↓
。:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓   
http://www.npopcc.jp/classroom/

━━━━━━━━━━━━━━━★:*:。★:*:。
Posted by PCC at 13:24
とっしー写真部 談山神社の秋 [2019年12月08日(Sun)]
第9回とっしー写真部は奈良を代表する紅葉の名所 談山神社での撮影でした。

a2-AX2A0000.JPG

まずは作例を見ながら 今日の撮影についてのレクチャーです。
参拝者や観光客も多いので撮影のポイント・方法について時間をかけて説明しました。

a2-AX2A0015.jpg


紅葉も盛りを過ぎていましたが名残の紅葉や美しい落ち葉を楽しみました。
メンバー同士の会話も弾み回も重ねるごとに和やかさも増していくように感じます。

a2-AX2A0016.jpg


真っ赤な紅葉の派手さとは違った落ち着いた色合いのグラデーションが綺麗です。

a2-AX2A0012.JPG


「このような好天の日は特に光と影に注目です。」
秋の陽は傾くもの早く斜光線になると一段と写真映えする風景になります。


a2-AX2A0022.jpg

観光客の多いところでの撮影は気を遣いますが中には私の説明を一生懸命聞いてくれる人も…。(^0^)

a2-AX2A0018.jpg


人がいなくなる瞬間を待ちます。
くれぐれも「じゃまだから早く行け」などとは言わないように。(^0^)


a2-AX2A0005.JPG


ここでも人が途切れるのを待ちます。
写真は待つことが多いですね。


a2-AX2A0010.JPG


同じ被写体を決め、思い思いに撮って見せ合うのも楽しかったですね。
また機会があればやってみたいです。

a2-AX2A0023.jpg


次回は12月12日「こもをかぶった冬牡丹」の撮影を楽しみます。

               とっしー写真部 中村敏郎
Posted by PCC at 22:34
さいぽん写真部@秋の鎌倉 [2019年12月07日(Sat)]
こんにちは。
さいぽんこと斎藤志津代です。

さいぽん写真部、第9回は秋の鎌倉散歩でした。

DSCF5057.JPG

紅葉には少し時期が早いということもあり、
私の独断と偏見でまたまたコケの美しい場所に行ってきました。

ちょうど大安の日曜日で鎌倉駅周辺は
七五三のご家族でにぎわっていましたよ。

賑わいを眺めつつ、バスにて浄妙寺方面に向かいます。

まずは一か所目の撮影場所の報国寺へ。
竹林のお庭が有名な場所です。

IMG_4066.JPG

竹林に入るには有料ですが手前のお庭もコケがきれいです。

DSCF4843.JPG

時間を決めて入り口付近に再集合としたのですが
全員集まるまでぼーっと待っているのも
時間がもったいないので先にもどってきた人には
急遽入り口付近にある木の枝ぶりを切り取るという
テーマで撮影してもらいました。

IMG_4078.JPG

通りかかった人は
「え、ここって何か撮るものあるんですか?!」と。
カメラ構えた人がたくさんいたらそうなりますよね(笑)


KK0A0560-2.jpg

私はこんな風に撮ってみました。たしか単焦点レンズ。

DSCF4983.JPG

報国寺を後にし、徒歩5分のところにある一条恵観山荘へ。
この場所は公開されてからまだ数年のおかげかとても静かなところでした。

DSCF5005.JPG

わいわい撮影会をする場所でもないので
滑川の川のせせらぎなど自然の音を楽しみつつ
景観を撮影させていただきました。

DSCF5007.JPG

もみじ竹林、お庭などどこを見てもきれいです。
もちろん、コケもとても美しい・・・。

DSCF4877_r.jpg

ほっとため息が出るような和の美に囲まれて
それぞれが自分の時間を楽しみシャッターを切りました。

KK0A0609-2.jpg

最後に集合写真。
今回もアシスタントは徳永先生。

IMG_4082.JPG

こちらは徳永先生が撮ってくれたバージョン。

KK0A0663-2.jpg

KK0A0661-2.jpg


中締め後、せっかく近くまで来ているので
杉本寺にも立ち寄りました。
バス停1つ分、徒歩7〜8分です。
こちらもコケの階段で有名ですね。

鎌倉最古にの寺院だそうで、多くの仏様をお祀りしてらっしゃいます。

DSCF4894.JPG

たっぷり寺院を満喫し鎌倉駅へもどってほんとに解散した後、
ちょっと寄り道して小町通の行列店、キャラウェイによってきました。
こちらはイートインはいつも行列が絶えませんが
テイクアウトができるのです。

DSCF5086.JPG

ビニール袋に凍ったカレーがそのまま入っていて
見た目は・・・ですが味はお店と同じです。
お値段もお手頃なので気になる方はぜひ。


次回はイルミネーション撮影会です☆彡

来年度の写真部の募集が始まりましたー!
PCC内で一番ゆるい写真部(との噂)。
ゆるりと撮影を楽しみたい方ぜひご査収くださいね。

来年度はプチトリップ多めな感じです。
毎年和やかムードのさいぽん写真部。
初めての方もリピーターの方も
お気軽にご参加くださいね。

https://www.npopcc.jp/event/detail/?event_id=454

皆様ご参加ありがとうございました。


:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━
フォトカルチャー倶楽部では、たくさんの撮影会を開催しております!
 詳細は下記のURLでチェックしてみてください
http://www.npopcc.jp/classroom/
Posted by PCC at 01:00
のだっち写真部 11月 雷山紅葉 撮影 [2019年12月03日(Tue)]
2019年11月17日(日)
いつもの楽しい仲間と糸島の雷山へ出掛けて来ました。

IMG_2329.jpg

日曜日でお寺迄大渋滞で2Km進むのに2時間かかりました。
74706409_2520324548050046_3678906928047587328_n.jpg

お寺内で紅葉の綺麗な所を探して撮影と
IMG_2334.jpg

74423581_2520324604716707_3016867208614641664_n.jpg

綺麗な大カエデは見ごろを迎えていました
75642470_2501045943488741_690383187871793152_n.jpg
なんとか綺麗な紅葉が撮影出来て皆様も大渋滞もなんのそのでした。次回12月は博多の海の近所でキラキラを撮影いたします。

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にも
たくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓   
http://www.npopcc.jp/classroom/


Posted by PCC at 15:00