• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
ミッチー写真部「坂本の街並みと机リフレクション」 [2024年05月01日(Wed)]
今回は2023年度ミッチー写真部の千秋楽です。気分も自ずと引き締まります( ー`дー´)キリッ
この一年間はミッチー写真部の撮影地を滋賀県に限定して実施してきました。大阪や兵庫の方々にとっては初めて行ってみた〜という場所もあったと思います。
2024年度は開催地をまた関西一円に戻して頑張りますので宜しくお願い致します。

さて・・・2023年度最後の撮影会は滋賀県の坂本が舞台です。
坂本は比叡山延暦寺の門前町で穴太衆と呼ばれる石工集団により積み上げられた石垣の街並みが見事な所です。今回は駅から皆で坂本の街並みを撮影しながら歩きました。途中、旧竹林院という延暦寺の里坊の一つにも立ち寄りました。

Z8S_9047.JPG

街並み散策の途中、青もみじの綺麗な場所にて撮影中です。下に小川が流れており良い雰囲気の場所です。撮影姿もカッコいいですね。

Z8S_9059.JPG

びっくりするほど根っこの大きな『スダジイ』を見つけました。24mmでも下から上まで収まりきらない。スマホで撮影した方が「入りましたよ〜」と(*^-^*)

Z8S_9063.JPG

ハイキングのように穴太衆積みの石垣の傍を歩いています。舗装されていない通路は時代劇にも使えそう。写真には写っていませんが左側には散り始めの枝垂れ桜があります。桜の時期にはきっと見事でしょうね。

Z8S_9055.JPG

旧竹林院門前に到着して、この里坊で最近人気を集めている「机リフレクション」について説明しております。主屋に置かれた座卓に庭が映り込んでいるのですが、今はちょうど新緑が美しい時期ですので期待度マシマシです。

Z8S_9073.JPG

座卓を前に真剣な面持ち。

Z8S_9108.JPG

「この角度からだといい感じに柱が重なって邪魔になりませんよ」
そうレクチャーした結果が下の写真です。

P4200025.JPG

庭に置かれた赤い和傘がアクセントになり、茂りだした新緑が美しい。
庭園はこじんまりしておりますが国の名勝に指定されています。紅葉や桜の季節は勿論のこと、緑が鮮やかなこの時期も心癒されるたたずまいです。

旧竹林院では一階にも二階にも座卓が置いてあり、二階ではこの赤い傘の入らない映り込みを撮る事が出来ます。今回はこの映り込みを極めたいという希望者が数名いらっしゃったので一先ず門前にて最終回の記念撮影を。

Z8S_9112.JPG

皆様、良い笑顔です。

その後は残りのメンバーで新緑を楽しみながら帰路に就きました。

Z8S_9119.JPG

Z8S_9120.JPG

終わってみればあっという間の一年間。交通アクセスの良くない所、大阪方面からは遠い所もありましたがご一緒いただいた皆様、本当にありがとうございました。
今回、お手伝いいただきスナップを撮影して下さった井田先生、大変お世話になりありがとうございました。

来月からまた気分も新たに「2024年度ミッチー写真部」頑張っていきますので皆様どうぞ宜しくお願いいたします。



Posted by PCC at 11:57
ミッチー写真部「近江名刹の春を求めて」 [2024年05月01日(Wed)]
ミッチー写真部の中川倫子です。皆様こんにちは。
早いもので桜の季節も終わり新緑が色の濃さを増してきました。
ミッチー写真部の3月は滋賀県の三井寺にて桜咲く春の風景を撮影する回でしたが、今年は格別に桜の開花が遅くて教室を延期せざるを得ませんでした。
4月3日に延期して実施した撮影会の桜の開花状況は7分くらいでしたが、それでも十分に見ごたえあるものでした。



P4030106.JPG


琵琶湖疏水の桜。奥の山が三井寺の境内に咲いている桜です。
手前に停泊している船は疎水のトンネルを潜って京都府の山科へ抜ける船です。結構な値段だとか聞きますがそれでも乗船する方はそこそこおられます。


P4030100.JPG

疎水の上に掛かる橋。当日は雨でしたので傘が良いアクセントになってくれました。
望遠で撮影してるので桜が圧縮されて満開以上のイメージになりました。

P4030128.JPG

三井寺の境内では雨の日の雰囲気を生かした撮影を心がけました。
こちらは同じ境内にある三重塔を向かいの小高い場所から撮影したものです。三井寺の境内はとても広いので三重塔が別のお寺のものの様に感じます。
山に雨の日特有のもやがかかりしっとりとした美しい光景でした。

P4030154.JPG

仏様の座像です。雨のお蔭で白く飛ぶことなく良いデティールで撮影できました。
手前の鉢の中には沢山の念珠が入っていました。お願い事が込められているようです。

P4030161.JPG

お茶屋さんの板の間に散った花びら。微かな水たまりには上方に咲いている桜の枝が映り込んでいます。こういった風情が撮影出来るのも雨の日ならではです。

P4030195.JPG

雫の沢山付いた桜。明暗半々の背景を見て頂くと、暗い背景には雨が写っていると思います。「雨を撮りたい」というご参加の方の希望がありました。雨の線はシャッタースピードで変わってきます。この写真は1/160です。もう少し遅いシャッタースピード(1/120〜1/80)で撮影すると雨の線は長くなります。背景は暗い場所を選びましょう。


P4030150.JPG

三井寺では観月舞台を改修し床にステンレスのような金属を貼って桜の花が映り込むような仕掛けを作りました。写真は昼間の景色ですがライトアップの時間になると桜が強調されて素晴らしい景色が見られるそうです。いわゆる「映えスポット」ですね。
こちらの予約は開始と同時に売り切れとなる人気ぶりでしたので、絶対に撮影出来ないだろうと思っておりました。
ご参加の方々が「今日は平日だし雨だしキャンセルが出ているかもしれませんよ。」「聞いてみて申し込みましょう。」とおっしゃったのでダメ元で聞いてみると空いている時間があるとの事。予定にはありませんでしたが折角なので上がってみようという事になりました。
私も初めての体験でした。
経験させていただきありがとうございます。

雨の日は出かけるのが億劫になりがちです。足元も悪いしカメラや服が濡れるし活発に動けないし。でも思い切って出かけてみて下さい。いつも以上に素敵な風景に出会える事もありますよハートたち(複数ハート)
ミッチー写真部の2023年度は次回が最終回です。5月から2024年度が開始となります。
より一層楽しめる写真部を目指して頑張りますので宜しくお願い致します。


Posted by PCC at 10:03