• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2022年11月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
大分・吉野講師 11/5 美しい庭園の紅葉を撮る  [2022年11月05日(Sat)]
DSC01541.jpg 

11/5 吉野講師  大分・耶馬渓 渓石園

みなさん、こんにちは!ヨッシー先生こと吉野です。
九州は11月から紅葉シーズンです。
この季節はカメラを持って出かけたくなりますね。
今回は紅葉で有名な耶馬渓にある公園で撮影会でした。

まだ半分程度の紅葉ですが、観光バスも来ています。

DSC01507.jpg

美しい庭園と紅葉を切り取るというテーマ、
参加者の皆さん、真剣にファインダーを見つめて撮影中。

DSC01510.jpg

太陽光線を葉っぱで透かして透過光を狙う。
赤や緑や黄色の光がステンドグラスのようになります。

DSC01563.jpg

燃えるような紅葉を見るとバシバシ撮りたくなりますね。
しかし深呼吸して慎重にやりましょう。
どんな葉っぱが美しいのか、
背景に何を合わせようか、
このように落ち着いて組み立てるのがコツです。

DSC01476.jpg

望遠レンズを使うとシンプルな構図で美しいです。
写真は引き算といいますが、中望遠〜望遠レンズが効果を感じられます。

DSC01512.jpg

あちこち撮り歩いて楽しい時間でした。
遠方から来てくれた参加者の方々
本当にありがとうございました。
また一緒に写真を撮りましょう。

ヨッシー先生プロフィール写真小.jpg

●11〜12月は毎週、大分県内の紅葉の名所にて撮影会を開催しています。
下のリンクから大分県の詳細ページです。
https://bit.ly/3wESD84

●あわせて過去記事も読んでください。

6/11開催の普光寺アジサイのご報告
https://blog.canpan.info/npopcc/daily/202206/14
5/28開催の高崎山自然動物園のご報告
https://blog.canpan.info/npopcc/daily/202205/28
4/4開催の桜撮影・別府公園のご報告
https://blog.canpan.info/npopcc/daily/202204/04
3/26開催の佐野植物公園のご報告
https://blog.canpan.info/npopcc/archive/854
3/12開催の杵築城下町のご報告
https://bit.ly/3qCwu6F

●FacebookのPCC全国交流グループに参加中。
たくさん写真を投稿しています。
コメント、友達申請も大歓迎です。
下のリンクからぜひご覧ください。
https://bit.ly/3wEWguI
Posted by PCC at 19:03
第6回北関東満喫部 [2022年11月05日(Sat)]
撮影日:10月15日(土)
撮影場所:埼玉県加須未来館
ナビゲーター:桜田文洋

写真部の活動が半分終わりました。
天候は恵まれて良い撮影会が出来ていると思います。
今回は秋桜の撮影です。
場所は加須未来館のすぐ近く道路沿いです。
ここは規模は小さいですが品種が多く秋桜好きの方はお勧めです。
なのでテーマは綺麗な花を見つける事です。
大体まあまあでも撮りますがだんだん飽きてくるのがお決まりの
パターンなので良い物以外は撮らないように皆様に念を押しました。

1F1A7209.JPG
まばらですが適度に人が通れるあぜ道があり綺麗所は沢山見つけられました。

1F1A7118.JPG
もう一つ皆様に頑張って頂きたくお話したことがあります。
それはスター軍団を撮って下さいです。
シベの部分を良く見るとすべて星形になっている物があります。
アップで拡大しないと分かりにくいですが見事に☆になっています。

GJ9A6989.JPG
綺麗所を見つけどのように見せるかですが一輪を狙い他はボカしてしまうのが
ここではベストでした。

GJ9A6982.JPG
これは隣接している場所で同じ品種がほとんどなので少し引いて撮りました。
ポイントは一番見せたい花にピントを合わせフレーミングを整えるかです。

1F1A7237.JPG
皆様花に寄ってくる虫たちを一緒に撮っていました。
私はなかなか巡り会えなかったのでこれを蝶々をイメージして撮りました。

皆様後半はお疲れになりだんだん撮影枚数が減ってきた様子でしたが
満足度はあったのではと思います。
お疲れさまでした。


Posted by PCC at 18:07
ニチロー写真部2022 10月 実りのころの里景色の巻 [2022年11月05日(Sat)]
2022年10月

日に日に秋が深まり行く中、私たちニチロ―写真部は、埼玉県の横瀬町にある寺坂棚田にて、実りのころの里山の景色を堪能してまいりました。

KK0A4539-1.jpg

KK0A4545-1.JPG

集合場所の駅から、少し歩きます。

現地に着いたら、ちょっと休憩。
そしてー、、レクチャータイム(^^♪

KK0A4547-1.jpg

KK0A4550-1.JPG

今回のテーマは「構図の構造を考える」です。

言うまでもなく、構図は写真表現において、とても重要です。そして、多くの方が悩むところでもあります。

ところ構図って、どれだけの手法・種類が有るかご存じですか?一番有名なのは日の丸構図でしょうか?そのほか、三分割法やS字云々、さまざまな構図が沢山あります。

それらを知らなくとも写真は撮れますが、知っている事によって、表現方法の引き出しが豊富になります。

とはいえ、知っていれば良いかというと、そうとばかりも言えなくて、知っている構図に当てはまる景色を探してしまう事にもなります。

すると、見たことのある同じような写真が増えてしまう事にもなりかねません。

さあ、どうしましょうか?


そもそもなぜ、構図が大切なのかと言うと、写真を見る人に、見て欲しい所を伝えるための手段だからです。

ここを見てほしい!と思い描きながら、組み立てるように写真を撮る。すると、結果としてそれが、良い構図になっていたりするものです。

構図に正解は無く、撮りたい狙いによってそれは変わります。こう撮らなければならない!などと考えすぎないで、肩の力を抜く。それもまた、素敵な写真を撮るコツだったりします。

もし、撮りたいイメージが有るのに、構図が思った通りに整わなければ、手首だけでカメラを動かそうとはせずに、自分の立ち位置の前後左右、そしてカメラを構える高さと角度を調整するとうまくいきますよ。


さて、今回の撮影地は棚田、広ーい景色です。

KK0A4562-1.JPG

どこをどう切り取れば良いか??迷ってしまいますよね。

DSCF0001縮小済(1).jpg

まずは、撮りたいところに写り込ませたくないものが無いか、整理すると良いですよ。

KK0A4567-1.jpg

撮り方としては、広い景色なのだから、広角レンズで辺り一面を写しこもうとしますよね。
でも、そうすると結果として写るもの全てが小さくなり、広さを感じるどころか、スケールの小さな写真になってしまいがち(^^;

では、どうすれば良いか?広角レンズは遠近感を強調・誇張しますので、その特性を活かします。広角は近寄れって聞きますよね?でもそれだけでは「広さ」を感じさせるのには足らないのですよ

つまり、、

ただ近寄るだけではなく、
DSCF0189縮小済.jpg

そこから更に、カメラを構える位置を高くして、下に向ける!
DSCF0188縮小済(1).jpg

どちらが広さを感じますか?

続きましては、、、
立った状態で、ファインダーを覗いて撮る、それが大事な基本の撮り方。
KK0A4573-1.JPG

基本というからには、もちろん応用も大事。
KK0A4646-1.JPG


立ったままの状態で撮ると、、
DSCF0023縮小済(1).jpg

座って撮ると、、、
DSCF0024縮小済(1).jpg

立ち位置を変えなくとも、カメラを構える高さを変えることで、写る景色は激変しますよ♪


秋ならではの花も楽しみましょう♪

KK0A4665-1.jpg

DSCF0033縮小済.jpg


それでは、大変お待たせいたしました。
参加者様のギャラリーコーナーです
石川様の作品です

311294941_1723219198057995_867205302708046836_n縮小済.jpg

310408202_794295565187070_6809188511818658394_n縮小済(1).jpg

素敵な作品を ありがとうございました。



この時期はもう、日が暮れるのが早いですね。
これにてお開き。

次回は、秘密基地の島へ参ります。


ニチローこと西田がお届けしました。
Posted by PCC at 07:45
| 次へ