CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25) 岩元 真帆
◇イソシギときどき自然 第3回目 市川淳◇ (09/14) 遠江守
不思議な世界 (06/05) 安田 正英
浅草とうろう流し (08/28) 松尾喬
PCCの「写交場」交流パーティ 6/21(土) (06/23) 安田 正英
京都に行ってきました (09/15) 光川十洋
自分の花写真がもっと好きになる講座 (05/03) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/27) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/26)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
昔とった杵柄 [2020年05月09日(Sat)]
こんにちは。オッジーです。

自宅にいる時間が長くなり、大掃除に精を出す人が増えているそうな。

かく言う私も、納戸を整理していたら、なんと学生の時に使っていた現像タンク他・・が出てきました。
DSCN1161.jpg


2010年に期限が切れてる現像液などの薬品も出てきました。
DSCN1156.jpg
随分前にカメラのキタムラで売れ残りを半額で買った記憶があります。
そのころでも白黒現像などする人はほとんどいなかったのでしょう。

途端にフィルム現像する気になりました。
学生の頃は、おそらく何百本も現像をしました。
「昔取った杵柄」で、現像には自信があります。


40年ぶりのフィルム現像

1本目・・・フィルムを現像リールに強く巻きすぎて、数コマ癒着で失敗
昔ととった杵柄はどこへやら "(-""-)"

2本目・・・今度は完ぺき!

期限切れの現像液でもしっかり現像できたのは驚きです。

デジタルの白黒とは、また違った「力強さ」みたいなものを感じますよね。

今回の作例をご紹介します。
白黒現像ブログ Leica_0002.jpg
フォクトレンダー:スーパーワイドヘリアー15o F4.5

白黒現像ブログ Leica_0019.jpg
フォクトレンダー:カラースコパー50o F2.5

白黒現像ブログ Leica_0017.jpg
フォクトレンダー:カラースコパー 50o F2,5

この機会に、皆様も「昔とった杵柄」を再チャレンジしてみましょう。

Posted by PCC at 18:54