• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
2018 ツールドフランスさいたまクリテリウム [2018年11月26日(Mon)]
フォトインストラクターの西田です!

フォトカルチャー倶楽部では、写真部以外にもたくさんの撮影会を開催しております!

詳細は下記のURLでチェック↓↓
http://www.npopcc.jp/classroom/

と言う事で、ワタクシが普段滅多にupしない、ニチロ―写真部以外のブログ記事でございます。




2018年11月4日 

今年もやってまいりました、お待ちかね年に一度の大イベント『ツールドフランスさいたまクリテリウム』

ワタクシ自身も、かなり気合が入っていて、丑三つ時から現地入りしてスタンバイしました♪寒さが尋常では無かったですね(^^ゞ


レース観戦には最高の場所となる、コースサイド・コーナー・ストレートが一度に楽しめる究極の観戦スポットでの撮影です。
目の前を、世界のトップアスリートが駆け抜けて行きます!!

手が届きそうな・・と言う比喩はよく有りますが、この場所なら本当に手が届きます。パレードランでは選手がタッチをしてくれるのですよ(^^♪
2018ツールドフランス(12).jpg
2018ツールドフランス(13).jpg
もちろん、レース本番は手を出してはいけません。



今回は、スポーツ撮影が初めての方も多く、初めは難しいと感じている方が多かったですが、
レースが進むにつれて徐々に慣れてきて、上手く撮れるように成っていましたね(^^♪
2018ツールドフランス(3).jpg
2018ツールドフランス(4).jpg
今回オススメしたカメラの設定は、露出をマニュアルにする事です。
普段は「絞り優先オート」で撮っている方が多いですが、スポーツ撮影ではシャッタースピードを第一に考える必要が有ります。

それならば、シャッタースピード優先オートで良いのでは?との質問も有りました。

でも、今回のように、様々な色のユニフォームを着た選手が入り乱れて走る状況では、撮りたい選手のユニフォームが何色か?構図はアップか?広い範囲を撮っているのか?等々で、カメラの判断する露出がコロコロ変わります。

その都度、露出補正で狙い通りの明るさに仕上げるのは、絶対に無理!
だって、補正したい相手は、既に目の前に居ないのですから(^^ゞ


それより、マニュアル露出の方が断然良いです(^^♪


やり方は難しくありません! さあ、これをご覧の皆さまもやってみましょう♪
試し撮りの段階で、露出オートでも良いので何枚か撮って、仕上げたい明るさを探り当てておきます。
その時の露出、すなわち「絞り」と「シャッタースピード」を確認して、更に「ISO感度」も覚えておいて、撮影モードをマニュアルにします。

そして先程確認しておいた「ISO感度」「絞り」「シャッタースピード」を自分で設定します。

つまり、露出補正ではなく、露出固定です。

こうしておく事で、何色のユニフォームだろうと、どんな構図だろうと、狙った明るさが変わる事は有りません。
明るさを調整したいときは、露出は固定したまま「ISO感度」を上げ下げすることで明るくしたり、暗くしたり出来ますよ♪
太陽が雲に隠れたら「ISO感度」を上げれば良いですし、露出アンダー気味にしたければ「ISO感度」を下げれば良いのですね。

更に、動きを表現する為にスローシャッターを切りたい時に「ISO感度」を下げても明るすぎる場合は、「絞り」を絞り込む、つまりFの数字を大きくすれば良いのですが、背景や前景がゴチャゴチャしないように気を付けましょうね♪

カメラに入る光の量を減らす、サングラスのような効果の有る「NDフィルター」も有ると良いですね(^^♪

それでは、迫力のシーンをお楽しみください♪

2018ツールドフランス(5).jpg

2018ツールドフランス(7).jpg

2018ツールドフランス(8).jpg

2018ツールドフランス(10).jpg

2018ツールドフランス(11).jpg

2018ツールドフランス(14).jpg

2018ツールドフランス.jpg

さて、PCCスポーツクラブでは、それぞれの競技毎に異なる《観戦マナー》を学べる事もポイントです!
今回のツールドフランスでの観戦マナーは《応援して盛り上げる!》です。

超一等地で撮影していましたので、近くで観戦していたレースファンの皆さまにも、ワタクシ達の撮影ブースに入って頂いて、一緒になって選手を応援して、みんなで盛り上がりました(^^♪

撮影マナーの悪さが気になる昨今ですが、ちょっとした気遣いで、撮影する人も周りの人も、楽しく一緒の時を過ごすことが出来る。それって素敵な事ですよね!

2018ツールドフランス(9).jpg
圧倒的なスピードに酔い痴れて、今回のPCCスポーツクラブは無事、閉幕致しました。

それでは、次回のニチロ―写真部ブログも、お楽しみにお待ち下さいマセ(^^♪


ニチロ―こと、インストラクター西田がお届けしました。
Posted by PCC at 12:52