• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2022年12月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25) 岩元 真帆
◇イソシギときどき自然 第3回目 市川淳◇ (09/14) 遠江守
不思議な世界 (06/05) 安田 正英
浅草とうろう流し (08/28) 松尾喬
PCCの「写交場」交流パーティ 6/21(土) (06/23) 安田 正英
京都に行ってきました (09/15) 光川十洋
自分の花写真がもっと好きになる講座 (05/03) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/27) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/26)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
ニチロー写真部2022_11月  無人島探検!秘密基地を訪れるの巻 [2022年12月03日(Sat)]
2022年11月

ニチロー写真部もいよいよ後半戦。
東京湾に浮かぶ唯一の無人島「猿島」へ行ってまいりました。

さて、今回は島巡りですので、横須賀の三笠ターミナルから船に乗ります。

KK0A5090-2.JPG

DSCF0001縮小済(1).jpg

いざ、出航!

DSCF0004縮小済.jpg

あっという間に島に到着。

KK0A5106-2.JPG


そして、、、、座れるところが在る時は、話が長いよ♪とのジンクスを実践
KK0A5120-2.JPG

今回のテーマは『タイトルを意識して撮る』です。
KK0A5123-2.JPG

タイトルをつけるのって、面倒くさかったり難しかったりしますよね。実は、難しいのには理由があります。

それは、撮った写真をセレクトして、その後で相応しそうなタイトルをつけようとするからです。

撮る時にしっかりとイメージを固めて撮る。
そのイメージが、作品のタイトルになるのですね(^^♪

さて、じっくり座ってレクチャーという名の長話を終えたら、まずは肩慣らし撮影。
KK0A5126-2.JPG

KK0A5127-2.JPG

DSCF0003縮小済(1).jpg

この島は、いたる所に撮りたくなるモノがたくさん在ります。
KK0A5133-2.jpg

DSCF0010縮小済(1).jpg

DSCF0014縮小済(1).jpg

お次はいよいよ、この島の名所へ。

KK0A5147-2.JPG

DSCF0027縮小済(1).jpg

DSCF0072縮小済(1).jpg

KK0A5240-2.JPG

怪しげな雰囲気を纏うトンネルは、要塞だった頃の名残です。

KK0A5215-2.jpg

DSCF0064縮小済.jpg

DSCF0059縮小済(1).jpg

DSCF0062縮小済(1).jpg

DSCF0080縮小済(1).jpg

このトンネルは、太陽光の差し込み方次第で、様々な表情を見せてくれます。


あら、何を撮っているのでしょうか?秘密の隠し部屋??
KK0A5252-2.JPG

KK0A5255-2.jpg

撮れたのは、こんな感じです

DSCF0075縮小済.jpg



それでは恒例、参加者様の作品ギャラリー♪
福室様の作品です。
20221102_PCC撮影会・横須賀、猿島_044縮小済(1).jpg

20221102_PCC撮影会・横須賀、猿島_068縮小済(1).jpg

20221102_PCC撮影会・横須賀、猿島_090縮小済(1).jpg

20221102_PCC撮影会・横須賀、猿島_126縮小済.jpg

20221102_PCC撮影会・横須賀、猿島_181縮小済(1).jpg
素敵な作品ありがとうございました!!!


DSCF0084縮小済.jpg
じーーっくりと撮って、あれよあれよと、帰りの船の時間が迫ります。最終便に乗り遅れると大変ですからね(^^;
DSCF0110縮小済(1).jpg

これにておしまい。


次回は、クリスマスシーズンを迎えた、東京の夜を撮りに行きます。

ニチローこと、西田がお届けしました。

Posted by PCC at 00:52
ミッチー写真部「錦秋の嵐山で絶景に触れる」 [2022年11月30日(Wed)]
今年も残すところ、あと一月となりました。一年あっという間だと実感しつつ11月のミッチー写真部は京都嵐山に行って参りました。
集合は阪急嵐山駅前。いつものようにレジュメを基にレクチャーしております。今回は「紅葉は露出やWBで絶景になる。一味違った構図を考える」といった内容です。

1DS00003.JPG


当日の嵐山はものすごい人出で、コロナ以前に完全に戻ったよう。渡月橋は一方通行のノロノロ行脚だし橋の袂の大堰川では観光客さんの漕ぐボートで一杯でした。そんな中、我々は人混みを避けて亀山公園方面へ……。

1DS00011.JPG

向かっている途中の川でも綺麗な紅葉と映り込みが

1DS00023.JPG

後方に見えるのが嵐山

ボート乗り場の辺りでは外国からの観光客さんで一杯です。多くはアジア系の方々。それぞれにスマホで写真を撮り合っておられましたのでちょっとモデルをお願いしてみました。快く引き受けて下さって一枚。

1DS00029.JPG

サングラスかけましょうか〜?とポーズもバッチリです

お礼を述べて、さてここから暫く階段が続きます。少々厳しい階段の連続なのでゆっくりと登っていきます。時々、紅葉の隙間から眼下に大堰川を望む事が出来ます。

1DS00049.JPG

ご夫婦で仲良くご参加黒ハート

1DS00070.JPG

紅葉の隙間に入ってくれる船待ちです

本当は保津川下りの屋形船を紅葉の隙間に配したいところなんですが、船の航路が足元に近すぎてうまく入らないのでボートを入れてみました。
はい、私も一枚撮ってみました。

11月中川7.JPG

今年はかなりの猛暑でしたので昨年同様もみじの色が良くないかもしれないと案じておりましたが、ここ数年で一番の綺麗な紅葉だったと思います。
そんな綺麗な紅葉に励まされ登る途中でも「ちょっと違う構図」についてあれこれ。

1DS00074.JPG

1DS00076.JPG

なかなか体勢がしんどいですなあ〜

ようやく頂上付近までたどり着き、小さな展望台から見下ろすと……。眼下を流れる保津川を下る船、上る船、左手には嵐山、右手には小倉山。紅葉の時期もぴったりで見渡す山々が美しくてテンション上がります!

1DS00150.JPG

1DS00155.JPG

点景の大きさについて喋っております

この場所では、画面のほとんどを占める紅葉の中に保津川があり、そこを行き交う船や川べりを走るトロッコ列車が見えます。トロッコは僅かに木々の隙間から見えるだけですが船は度々通過しますので、その船を小さく点景として扱って全体の雄大さを引き出す事をお伝えしました。
私たちが見ていたのはこんな風景です。

PB260074[576].JPG

船とか列車とか動く被写体があると何度もシャッターを切ってしまうので、この場所で少々長めに時間をとり集合写真も撮りました。ちょっと休憩して雑談も。
「今朝のニュースで亀山公園の事が取り上げられていたので、人で一杯になるかな〜と心配しました。」とご参加の方。おおお〜そうだったんですね!明日からは沢山の人出になるかも!タイミングよくゆったりと撮影を楽しむ事が出来ました。
展望台を後にして下りの途中でも色づきのいい木々に出会うと立ち止まって撮影わーい(嬉しい顔)
川が見える辺りまで下ると川や嵐山を背景に綺麗な葉っぱを撮影わーい(嬉しい顔)
行程は短いのですがゆっくりと時間をかけて京都の秋を味わう事ができたと思います。

次回、12月のミッチー写真部は大阪梅田の空中庭園から大阪360度の夜景を堪能してみたいと思います。次回も「写真撮影って楽しい〜」をモットーに頑張ります。
ご参加下さった方々、本当にありがとうございました。

1DS00167.JPG










Posted by PCC at 13:54
さいぽん写真部@巾着田 [2022年11月28日(Mon)]
こんにちは。


さいぽんこと斎藤志津代です。


2022年後半・半年の写真部の担当をさせていただくことになりました。

皆様どうぞよろしくお願いいたします。


年間写真部を少しお休みしていたので久しぶりの写真部でした。

第一回目は日高市にある巾着田へ行ってまいりました。


DSCF0477_R.JPG


3年ぶりの巾着田開催で私もとても楽しみにしておりました。

10月ギリギリ間に合うか心配でしたが当日はとにかく暑かったです。

ほんとに10月?と疑うほどの暑い快晴びより。

KK0A4263-1_R.jpg


こんな形なので巾着田。

上流エリアのあたりは早咲きです。

今回は遅咲きの下流エリアまで歩きます。


DSCF0511_R.JPG


すでに見ごろを終わっているエリアとわかってはいつつ、

川を眺めながらわいわい散策。

KK0A4281-1_R.jpg


「咲き終わっているね〜」となんとなく確認しながら散策、通過。

暑いので川遊びがとてもまぶしく感じます。

KK0A4276-1_R.jpg

やっとたどり着いたどれみふぁ橋付近の下流エリアは

最後の見ごろを迎えていました。


DSCF0484_R.JPG


ほぼ下流エリアでも撮影だったのと初回ウォーミングアップもかねて

今回のお題は2つ程度です。(ゆるゆるモード)


DSCF0488_R.JPG


DSCF0481_R.JPG


帰り道にコスモス畑は・・・と見渡したところ

ぽつぽつ咲いている感じで遠くから眺めていました。


DSCF0527_R.JPG


撮り疲れ、歩き疲れて、帰り道は部員の方々と

アシスタントの徳永先生とおしゃべりしながら駅まで向かいました。


いつもお祭り広場で「おなめ」を買って帰るのですが

今年はついつい忘れてしまいました・・・。



次回は鎌倉です。というか先週末行ってきました。

自分的ハプニングが少々ありましたが楽しかったですね!

こちらの様子もまたご報告いたします。


こんな感じで今年度のさいぽん写真部スタートいたしました。

ブログから雰囲気が伝われば幸いです。

KK0A4299-1_R.jpg




最後までお読みいただきありがとうございました。



:*:★。:*:★━━━━━━━━━━━━━━━

フォトカルチャー倶楽部では、たくさんの撮影会を開催しております!

 詳細は下記のURLでチェックしてみてください


Posted by PCC at 20:00
タムタク写真部「鎌倉」第7回_金沢文庫・称名寺 [2022年11月28日(Mon)]
今回のタムタク写真部「鎌倉」は金沢文庫の称名寺です。
エリアがちょっと離れてますがこちらも鎌倉のお寺と言う事でOKです。

広い境内の中央に大きな池と赤い橋が特徴的なフォトジェニックなお寺です。
浄土式庭園と言うらしいですね。

さっそく赤い橋を絡めて撮影スタートです、黄葉も丁度よい感じですね!
さらにお天気も最高で雲一つない青空です。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg

5.jpg

6.jpg

この赤い橋周りだけでずいぶん撮影しましたね。
ようやく向こう岸に到着、こちら側からは逆光での撮影です。

7.jpg

100.jpg

本堂周辺、そして鐘楼も良い雰囲気です。

12.jpg

13.jpg

池を回る様にどんどん撮影して行きます。
どこを撮っても絵になるお寺です。

8.jpg

9.jpg

10.jpg

11.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

お隣の金沢文庫に行くトンネル、この中からまさにトンネル構図で描く紅葉庭園が良い!!

18.jpg

17.jpg

撮っても撮っても飽きませんね・・・

19.jpg

20.jpg

そろそろお時間です、夢中で撮影しあっという間でしたね。
今回もご参加頂いた皆さまお疲れ様でした。

21.jpg

講師撮影画像
https://tamutaku.com/3598/


Posted by PCC at 12:51
タムタク写真部「乗りもの」第7回_東京モノレール〜羽田国際線 [2022年11月21日(Mon)]
今回のタムタク写真部「乗りもの」は東京モノレールを撮影しながら
羽田国際線ターミナルへ向かおう、
そしてそこでは飛行機撮影もと言った欲張りプラン(笑)

まずは天王洲アイル駅にて集合。
簡単な説明後、集合場所が撮影ポイントなのですぐさま撮影スタートです。

1.jpg

2.jpg

夢中でみなさん撮影しておりますが・・・
私から悪魔のささやき・・・
車両をそのまま撮影するもの良いが右側の丸窓への映り込みはどう?

さっそく映り込みを狙って撮影再会です。

3.jpg


では移動して今度は丸窓の中から車両を狙って見ましょう!

4.jpg


建物の中から窓のフレームや映り込みを利用して撮影すると一味違った
写真になりますね。

6.jpg

100.jpg

こちら天王洲アイル周辺はヨットハーバーやおしゃれな街並みがあるので
せっかくなので一回り散歩してみましょう。
よくドラマやCMで登場する景色ですね。

7.jpg

8.jpg

9.jpg

みなさんかなり街並みが気に入ったようで次々と撮影して行きます。
閑話休題、スナップ写真部・・・(笑)

13.jpg

10.jpg

11.jpg

さて、そろそろ移動しないと最終目的地の羽田空港に到着しませんね。
ふたたび東京モノレールに乗車。
乗りもの部、再開!!!

14c.jpg


14a.jpg

羽田空港 第3ターミナル駅(国際線ターミナル)に到着です。
実はこの駅のホーム先端には撮影スポットが設けられているんですね。
他の方の迷惑にならずばっちり撮影できるポイントです。
運がよければ飛行機とモノレールのコラボカットも撮影できるかも。

14b.jpg

最後は国際線ターミナル展望デッキにあがり飛行機撮影です。
ちょうどこの日はレアなジャンボジェット(747)が駐機しており
夢中になって出航まで撮影しました。

16.jpg

15.jpg

17.jpg

18.jpg

20.jpg

19.jpg

さて、今回はかなり時間オーバーになってしまいましたが、
無事にジャンボジェットを見送って写真部終了です。

今回もご参加頂いた皆さまお疲れ様でした。
集合写真はおしゃれな天王洲アイルにて・・・モデル立ち!

21.jpg

講師撮影画像



Posted by PCC at 15:19
タムタク写真部「東京散歩」第7回_東京丸の内 [2022年11月15日(Tue)]
今回のタムタク写真部東京散歩はクリスマスムードが感じ始めた丸の内周辺です。
特に目的地も設定せずに被写体を探しながらのんびり撮影さんぽです。

半年間いろいろとレクチャーして来ましたのでそれぞれを思い出しながら撮影して
行きましょう!さあ、撮影スタートです。

1.jpg

歩き始めてすぐさま被写体を発見したようです。
目の付け所がだんだん鋭くなってきましたね、一人ではなかなか気づかない点も
集団で学べるのが写真部の良い所です。

2.jpg

3.jpg

さてメインの中央通りにやって来ました。
先週から夜はイルミネーションが始まっているのでいろいろ飾られていますね。

4.jpg

5.jpg


6.jpg

このエリアは歩道も広く撮影しやすいですね。
広く街並みとして撮影する人、ピンポイントでおしゃれに切り取っていく人
思い思いに撮影して行きます。

7.jpg

9.jpg

こういった被写体を探しながらの撮影は写す側のスキルが問われます。
みなさん流石に「光の見方」が上手になりましたね。

「ここのレンガ壁の光が良いのよね〜」

8.jpg

10.jpg

11.jpg

14.jpg

物を撮らずに光を撮れ!うーん名言ですなぁあせあせ(飛び散る汗)

12.jpg

今回は移動距離もあえて少なくしじっくり被写体に向き合いました。
光の具合も良くたくさんの作品が生まれたかと思います。

楽しい時間はあっという間、今回もご参加頂いた皆さまお疲れ様でした。

15.jpg

講師撮影画像


Posted by PCC at 11:38
2022年10月くっきー写真部「夕陽に輝くコスモスと鉄道風景」 [2022年11月14日(Mon)]
10月のくっきー写真部は神戸市須磨区にある総合運動公園 コスモスの丘へ。斜面に広がるコスモス越しに、眼下を走る神戸市営地下鉄も一緒のフレームに収めることができます。

今回は陽が傾いた時間に逆光でのコスモス撮影をイメージし、午後ちょっと遅めのスタート。

DSC_1735.jpg

これ、スタート時に説明しているところなんですが、既にみんなの影がなが〜く伸びていますね。この日は”予定通り”いいお天気で、思った通りのいい光が迎えてくれました。

ちなみに丘の上からは遠くに明石海峡大橋の先端も臨むことができます。

DSC_0677.jpg

撮影を始めてすぐ、まずみんなが撮り始めたのが、割と頻繁に行き来する地下鉄(といっても地上を走っているわけですが笑)とコスモスのコラボ。

DSC_1755.jpg

私も撮ってみました。

DSC_0702.jpg

コスモスの開花状況としては、残念ながらちょっとピークは過ぎてしまい、傷んでいるお花も多かったものの、とにかく光が綺麗で、皆さん逆光での撮影に挑みます。

DSC_1767.jpg

DSC_1772.jpg

DSC_1794.jpg

私も逆光で露出をうんと上げ、また絞りを開放にしつつ、ピントは奥の方のお花に合わせることで大きな前ボケを作り、ふわふわな雰囲気の一枚を。

DSC_0749.jpg

また、光の当たった被写体の背景が影になっている場合、露出をうんと下げる(露出補正だと-2.0前後〜-3.0くらい)ことで、黒い背景に明るい被写体が浮かび上がります。

DSC_0692.jpg

このときのポイントは「露出をうんと下げる」こと!思い切って-2.0くらい下げてから微調整するのがよいですね。

DSC_1743.jpg

DSC_1778.jpg

DSC_1804.jpg
どんな感じですか〜?

DSC_1823.jpg

DSC_1871.jpg
がんばって見上げる!

そうそう、コスモスは裏側から撮るのもいいですよね〜!

DSC_0720.jpg
できるだけ望遠で背景も大きくぼかして

DSC_1877.jpg

DSC_0730.jpg

DSC_0754.jpg

暑いくらいの陽気のもと、いい光を堪能できた撮影日となりました。神戸市内でもちょっと端の方で遠かったかと思いますが、皆さんお疲れさまでした!

DSC_1738.jpg

Posted by PCC at 17:21
もんげえ。写真部「写真旅・一面に広がる紫色の花畑&夕日に照らされる」  [2022年11月10日(Thu)]
こんにちは!もんげえ。写真部の虫上です。
本年度の遠距離撮影会(写真旅)も今回で2回目となりました。
記念すべき二回目は前回の大雨の中の砂丘でのリベンジを兼ねての鳥取砂丘をチョイスしました。
当日の予報は雨は降らないとのこと!もしかすると晴れるのでは??との淡い期待を胸に( ^ω^)・・・
しかしながら私はやはり曇りを呼んでくる男?なのでだんだんと天候が・・涙ぽろりでしたね。
皆さん、申し訳ございませんでした・・・
とはいえ、どんな天候でも撮影は一期一会なので皆さん、頑張って頂けました。

PB030026-1.jpg
PB030024-1.jpg
PB030001-1.jpg

まだまだこれからの咲いてくるであろうらっきょうの花でしたがかわいらしい花に皆さん思い思いにシャッターを切っています。

PB030275.JPG

PB030323.JPG

丁度いい感じに作業している方に遭遇しましたので声をかけて撮影させてもらいました。

PB030353.JPG

らっきょうの花のアップはこんなにかわいらしいのです。曇り空ならではのやさしい表現が出来ました(;^_^A
PB030356.JPG

背景が暗い場所に咲いている花を撮影するとこんなダークな感じに。

PB030150-1.jpg

さて、夕暮れ時に今度は砂丘に移動してきました・

PB030195-1.jpg

斜めからの構図が絵になりそうな場所を見つけました。

PB030470.JPG

風紋を手前に取り入れてアートフィルターで強調するとこんな感じになります。

PB030448.JPG

天使の階段がいい感じでした。こちらもほんの数分間でしたので皆さん、撮影できましたか〜?

PB030389.JPG

PB030487.JPG

馬の背に上がる人や下る人を撮影。撮影位置でこんな風に表現が変わります。

PB030381.JPG

リフトに乗っている人をモノクロで。

PB030498.JPG

PB030550.JPG

人物のシルエットを強調。

PB030049-1.jpg

最後に恒例の集合写真を載せておきますね。
次回、今年最後の撮影会は夕暮れの街角スナップです!
Posted by PCC at 12:30
第6回北関東満喫部 [2022年11月05日(Sat)]
撮影日:10月15日(土)
撮影場所:埼玉県加須未来館
ナビゲーター:桜田文洋

写真部の活動が半分終わりました。
天候は恵まれて良い撮影会が出来ていると思います。
今回は秋桜の撮影です。
場所は加須未来館のすぐ近く道路沿いです。
ここは規模は小さいですが品種が多く秋桜好きの方はお勧めです。
なのでテーマは綺麗な花を見つける事です。
大体まあまあでも撮りますがだんだん飽きてくるのがお決まりの
パターンなので良い物以外は撮らないように皆様に念を押しました。

1F1A7209.JPG
まばらですが適度に人が通れるあぜ道があり綺麗所は沢山見つけられました。

1F1A7118.JPG
もう一つ皆様に頑張って頂きたくお話したことがあります。
それはスター軍団を撮って下さいです。
シベの部分を良く見るとすべて星形になっている物があります。
アップで拡大しないと分かりにくいですが見事に☆になっています。

GJ9A6989.JPG
綺麗所を見つけどのように見せるかですが一輪を狙い他はボカしてしまうのが
ここではベストでした。

GJ9A6982.JPG
これは隣接している場所で同じ品種がほとんどなので少し引いて撮りました。
ポイントは一番見せたい花にピントを合わせフレーミングを整えるかです。

1F1A7237.JPG
皆様花に寄ってくる虫たちを一緒に撮っていました。
私はなかなか巡り会えなかったのでこれを蝶々をイメージして撮りました。

皆様後半はお疲れになりだんだん撮影枚数が減ってきた様子でしたが
満足度はあったのではと思います。
お疲れさまでした。


Posted by PCC at 18:07
ニチロー写真部2022 10月 実りのころの里景色の巻 [2022年11月05日(Sat)]
2022年10月

日に日に秋が深まり行く中、私たちニチロ―写真部は、埼玉県の横瀬町にある寺坂棚田にて、実りのころの里山の景色を堪能してまいりました。

KK0A4539-1.jpg

KK0A4545-1.JPG

集合場所の駅から、少し歩きます。

現地に着いたら、ちょっと休憩。
そしてー、、レクチャータイム(^^♪

KK0A4547-1.jpg

KK0A4550-1.JPG

今回のテーマは「構図の構造を考える」です。

言うまでもなく、構図は写真表現において、とても重要です。そして、多くの方が悩むところでもあります。

ところ構図って、どれだけの手法・種類が有るかご存じですか?一番有名なのは日の丸構図でしょうか?そのほか、三分割法やS字云々、さまざまな構図が沢山あります。

それらを知らなくとも写真は撮れますが、知っている事によって、表現方法の引き出しが豊富になります。

とはいえ、知っていれば良いかというと、そうとばかりも言えなくて、知っている構図に当てはまる景色を探してしまう事にもなります。

すると、見たことのある同じような写真が増えてしまう事にもなりかねません。

さあ、どうしましょうか?


そもそもなぜ、構図が大切なのかと言うと、写真を見る人に、見て欲しい所を伝えるための手段だからです。

ここを見てほしい!と思い描きながら、組み立てるように写真を撮る。すると、結果としてそれが、良い構図になっていたりするものです。

構図に正解は無く、撮りたい狙いによってそれは変わります。こう撮らなければならない!などと考えすぎないで、肩の力を抜く。それもまた、素敵な写真を撮るコツだったりします。

もし、撮りたいイメージが有るのに、構図が思った通りに整わなければ、手首だけでカメラを動かそうとはせずに、自分の立ち位置の前後左右、そしてカメラを構える高さと角度を調整するとうまくいきますよ。


さて、今回の撮影地は棚田、広ーい景色です。

KK0A4562-1.JPG

どこをどう切り取れば良いか??迷ってしまいますよね。

DSCF0001縮小済(1).jpg

まずは、撮りたいところに写り込ませたくないものが無いか、整理すると良いですよ。

KK0A4567-1.jpg

撮り方としては、広い景色なのだから、広角レンズで辺り一面を写しこもうとしますよね。
でも、そうすると結果として写るもの全てが小さくなり、広さを感じるどころか、スケールの小さな写真になってしまいがち(^^;

では、どうすれば良いか?広角レンズは遠近感を強調・誇張しますので、その特性を活かします。広角は近寄れって聞きますよね?でもそれだけでは「広さ」を感じさせるのには足らないのですよ

つまり、、

ただ近寄るだけではなく、
DSCF0189縮小済.jpg

そこから更に、カメラを構える位置を高くして、下に向ける!
DSCF0188縮小済(1).jpg

どちらが広さを感じますか?

続きましては、、、
立った状態で、ファインダーを覗いて撮る、それが大事な基本の撮り方。
KK0A4573-1.JPG

基本というからには、もちろん応用も大事。
KK0A4646-1.JPG


立ったままの状態で撮ると、、
DSCF0023縮小済(1).jpg

座って撮ると、、、
DSCF0024縮小済(1).jpg

立ち位置を変えなくとも、カメラを構える高さを変えることで、写る景色は激変しますよ♪


秋ならではの花も楽しみましょう♪

KK0A4665-1.jpg

DSCF0033縮小済.jpg


それでは、大変お待たせいたしました。
参加者様のギャラリーコーナーです
石川様の作品です

311294941_1723219198057995_867205302708046836_n縮小済.jpg

310408202_794295565187070_6809188511818658394_n縮小済(1).jpg

素敵な作品を ありがとうございました。



この時期はもう、日が暮れるのが早いですね。
これにてお開き。

次回は、秘密基地の島へ参ります。


ニチローこと西田がお届けしました。
Posted by PCC at 07:45
| 次へ