CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2020年03月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25) 岩元 真帆
◇イソシギときどき自然 第3回目 市川淳◇ (09/14) 遠江守
不思議な世界 (06/05) 安田 正英
浅草とうろう流し (08/28) 松尾喬
PCCの「写交場」交流パーティ 6/21(土) (06/23) 安田 正英
京都に行ってきました (09/15) 光川十洋
自分の花写真がもっと好きになる講座 (05/03) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/27) PCC
相撲稽古場を撮影! (04/26)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
第15回 星空撮影会in千畳敷 ロケハンレポート! [2019年10月22日(Tue)]
みなさんこんにちは〜!星空写真家・タイムラプスクリエイターの成澤広幸です。

今週末に開催される、第15回星空撮影会in千畳敷の舞台となる「千畳敷カール」へロケハンに行ってきましたんでご報告いたします!

当日の天気ですが、台風が近づいています。

ですがうまくいけば

台風一過で大快晴、台風で雨を吸った地面から大雲海が発生・・・という奇跡の撮影会になるかもしれません!!

こればっかりは当日になってみないとわかりませんが、とりあえず一番良い状態をイメージしているのでめっちゃ期待してます!

直前ではございますが、最初に皆さんにお伝えしたいことをまとめました。

@荷物について
当日乗り継ぐバスやケーブルカーはそれほど広くはありません。
お荷物はコンパクトにまとめたほうがいいです。
スーツケースを使う方は飛行機の機内持ち込みサイズくらい、小さめのものをご用意ください。

A防寒対策について
撮影の舞台となるホテル千畳敷は標高2612mです。
100mで気温差が1℃出るなんていわれますから、夜は相当冷え込みます。
気温1桁をイメージしてもらって良いと思います。
手袋・防止・暖かい靴、ネックウォーマーと「貼るカイロ」を数枚ご持参ください。

B移動について
バスを降りてから、ケーブルカーに乗り山頂のホテルへ行きますが、階段が多いです。
お荷物を持って階段を上る想定をしておいてください。

C当日の撮影プランについて
当日はホテルのすぐ裏で撮影する「お手軽撮影ルート」とちょっと登山して山の正面から撮影する「軽登山ルート」のふたつで撮影会を実施しようと思います。
「お手軽撮影ルート」は斉藤さんが担当、「軽登山ルート」はわたしが担当します。
「軽登山ルート」は結構な階段を上り下りしますので、機材の持ち運びはコンパクトにすること
インナーには汗を吸いやすい運動用のものを着てから防寒することをおすすめします。

D高山病について
日本旅行:目黒さんからも連絡があったと思いますが、一気に標高の高い場所へ行きますので
高山病になる恐れがあります。

・走ったり急な運動をしないこと。「軽登山ルート」はゆっくり歩きます。
・お酒は控えましょう(心臓が痛くなったら高山病直前の合図です)

このふたつを心がけてください。



いきなり注意書きばかりになってしまいましたが、千畳敷は素晴らしい撮影地です!
楽しく撮影をするために、万全の対策をして臨みましょう。
言葉だけでは伝わりにくいと思いますので、画像付きでレポートします!



2019-10-23 (2).png

ここがバスセンター前の駐車場です。車でお越しの方はここで愛車とつかの間の別れ・・・。

2019-10-23 (3).png

私こんなに荷物持っていきました。あとで後悔するとも知らずに・・・!!!

2019-10-23 (4).png

2019-10-23 (5).png

2019-10-23 (6).png

ここでケーブルカー行のバスを待ちます。

2019-10-23 (7).png

バスの中から。
見ての通りバスが大きくないです。普段は登山者が利用するようですから当然ですね。
私は大きいスーツケースを持って行ったので、置き場所がなくここでものすごく後悔しました。

2019-10-23 (8).png

2019-10-23 (9).png

バスがけっこうな激坂を上っていきます。運転手さんの技術が素晴らしい。
ちょっとしたアトラクションのようです(笑)
景観が素晴らしいのと、バス内の音声ガイドが楽しかったですね。いろいろなことを教えてくれました。

2019-10-23 (10).png

ケーブルカー乗り場のあるしらび平に到着。

2019-10-23 (11).png

2019-10-23 (12).png

2019-10-23 (13).png

2019-10-23 (14).png

2019-10-23 (15).png


でました!ケーブルカーです。ここから一気に山頂まで!

2019-10-23 (16).png

2019-10-23 (17).png

2019-10-23 (18).png

2019-10-23 (19).png

この時点ですでにけっこうな素晴らしい眺め。

2019-10-23 (20).png

2019-10-23 (21).png


2019-10-23 (22).png

2019-10-23 (23).png


山頂が見えてきた!!

2019-10-23 (24).png

これがホテル千畳敷です。ケーブルカーの駅直結してます。

2019-10-23 (26).png

ホテルに入ります。

2019-10-23 (27).png

ホテルのロビーからすでに絶景。

2019-10-23 (28).png

一歩外にでればもうすごいです。ここが雲海スポットですね。

2019-10-23 (30).png

2019-10-23 (31).png

ホテル千畳敷外観。裏へいってみましょう。

2019-10-23 (32).png

えっ!!

2019-10-23 (33).png

2019-10-23 (34).png+

ホテルのすぐ裏がこの景色なの!?まじですかー!!

2019-10-23 (37).png

こ、こんなホテルの杉近くでこの景色が撮れるなんて思ってもみませんでした。
最高すぎる・・・!!!

これなら気楽に絶景が撮影できて申し分ないですね。なんて素敵なホテル・・・。

2019-10-23 (38).png

ごはんもすごかったw みなさんお楽しみに!

2019-10-23 (39).png

なかなかのボリュームです。

さて夜の撮影へ!

夕方→夜への千畳敷カール七変化。

_DSC0336.jpg

_DSC0401.jpg

_DSC0271.jpg

_DSC0466.jpg

_DSC0531.jpg

_DSC0595.jpg


夜半前後からは、この構図にカシオペヤ座沿いの天の川が絡めるでしょう!!

_MG_8909.jpg

南の天の川もくっきり!見てよし、撮ってよしです!!

そのほか、期待したいのは朝方の雲海です。

_MG_0315.jpg

_MG_9284.jpg

_MG_9548.jpg


雲が多かったんですけど少し出ました。台風一過の大雲海に期待!

レポートは以上になります。期待が膨らみましたでしょうか>

「公共交通機関で行ける星空撮影地」として有名な千畳敷カール。

聖地と呼ばれるにふさわしい、素晴らしい場所でした。

しかしながら、何も準備せずに行くと痛い目を見そうな場所なのは確かです。

万全の準備をして、撮影会に臨んでくださいね。

個別に聞きたいことがあれば、私のHPからメッセージくださいね。

直接お応えしますので!!https://www.hiroyukinarisawa-photography.com/contact/

それはみなさん、次は星空の下でお会いしましょう。

さようなら〜。
Posted by PCC at 10:07
この記事のURL
https://blog.canpan.info/npopcc/archive/544