• もっと見る
プロフィール

特定非営利活動法人 フォトカルチャー倶楽部さんの画像
<< 2024年05月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
カテゴリ
最新の記事
最近のコメント
東 壮宏
やまと写真部2018 飛鳥寺 (05/25) 東 壮宏
やまと写真部2018 大神神社 (05/25)
リンク集
https://blog.canpan.info/npopcc/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npopcc/index2_0.xml
RSS取得
2024年3月_杜の主に逢いに行く の巻 [2024年04月06日(Sat)]
2024年3月

巨木と言えば、人里離れた山奥に、ひっそりと佇んでいるイメージですが、東京23区内にも、多くの巨木が林立する場所が有ります。

349A5186.jpg

今回のテーマは「遠近感を意識する」です。

レンズを通して見た景色と肉眼で見た印象。その違いを意識することが大事なのですね♪

大きなモノを撮ったのに、小さく写ってしまった…。そんな経験ありませんか?それは、パースと呼ばれる遠近感の影響が大きいのです。

そしてその「遠近感」は『キョリ』によって変化します。


ところで、カメラのセンサーサイズって色々有りますが、センサーサイズごとに描写を比較して、何が一番違ってくるか?ご存じですか??

ボケ?ノイズ??解像???

…答えは、遠近感です。遠近感は焦点距離と結びついています。

センサーサイズが異なるカメラどうしを比較する時には、いわゆる35mm判換算と言って画角を揃えますよね、つまり、同じ範囲が写る状態を比較するには、焦点距離の異なるレンズで比べる事になるから、遠近感が変わるのです。

349A5194.jpg

どのセンサーサイズが良いかどうかではなく、それぞれの特性に合った撮り方をすることが極めて重要なのです。

349A5191.jpg

その為には、撮影距離と焦点距離の関係を理解しましょうね♪ なんてことを話しております。


さて、ここでクイズです!この花の名前は?

縮小.jpg

そうです、シャガですよね♪では、撮り方のコツは?

349A5203.jpg

しゃがんで撮ります(^^♪


続いては、真上を見上げて撮る時のコツ。

349A5210.jpg

349A5219.jpg

撮った後から向きを変えるって事を、つい、やりたくなるかもしれませんが、結果オーライではなく写真の天地は撮る時にしっかりと決めた方が良いです。

縮小.jpg

縮小(1).jpg

自分よりも高さの有るものを撮る時、無意識に立った状態で目の高さにカメラを構えますよね、でもそれじゃぁ自分の身長分だけ写らない所が出てくるのです。

349A5287.jpg

だから、地面付近から撮るのですね。


今回は遠近感を意識する回ですが、自分の目でみてイメージが湧かなかったら、レンズを通して見つめてみましょう。

349A5240.jpg

349A5235.jpg

広角レンズと望遠レンズの遠近感の違いは、肉眼じゃぁ分かりませんから(^^♪

縮小(2).jpg

↑近寄って広角レンズを使用。右側の枝が細く小さく見えますね

縮小(1).jpg

↑離れて望遠レンズを使用。同じ枝を撮ったようには見えないですよね♪


さて、いよいよ杜の主のところへ参りましょう。

349A5300.jpg

↓こちらの2枚、同じ立ち位置から同じ焦点距離で撮影しています↓

縮小(5).jpg

全くの別物に見えますよね♪

縮小(6).jpg

カメラを構える高さと角度を変えて撮りました。
これが「遠近感を意識した撮り方」なのです(^^♪


それでは、お待ちかねの参加者様ギャラリーです(^^♪

遠山様の作品です

image0.jpeg

image5.jpeg

image4.jpeg

image6.jpeg

image1.jpeg

ステキな作品をありがとうございました!


そろそろ、カラスが鳴き出しましたねぇ
※本当に多くのカラスが居ます(^^;

今回はこれにてお開きです。

次回はいよいよ2023年度ニチロ―写真部の最終回!
1年って早いですねー


春真っ盛りの東照宮へ参ります。


ニチローこと、西田がお届けしました。





Posted by PCC at 01:56
この記事のURL
https://blog.canpan.info/npopcc/archive/1196