• もっと見る
« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
記事◆特別レポート「恵庭市(北海道)の花のまちづくり見聞録」 [2022年08月23日(Tue)]

全国都市緑化フェアって!?


全国都市緑化フェアは『緑ゆたかなまちづくり』を目指し、毎年全国各地で開催される、国内最大級の緑の普及啓発イベントです。最近10年間ほど、知人や自分自身が関わる場面が出てきたことから、ほとんど毎年各所に足を運んでいます。

2020年度は広島が会場で、コロナ禍で何年もかけて準備されたイベントが開催できず、思うように集客もできませんでしたが、2021年度(熊本)、2022年度(北海道)は、感染拡大の谷間を縫うように開催され、どちらも盛況でした。先日、終了したばかりの恵庭市の公園「はなふる」をメイン会場として開催された「ガーデンフェスタ北海道2022」は、人口7万人の恵庭市に34万人の来場者を迎えました。個人の庭を公開くださる「オープンガーデン」で有名になった「恵み野」地区では、駅の改札を出たところで待ち受け、希望すれば「はなふる」まで個人のお庭を見せながら案内してくれる「まちなかボランティア」や、早朝からあちこちで草取りをされる方たちの笑顔があふれていました。人々が暮らす「まちなかエリア」もフェスタ会場の一部となり、多くの市民の皆さんが、自分のできることで、思い思いに温かく迎えてくださいました。

隣接するホテルの上階より眺めるメイン会場は緑豊かな素朴な風景
メイン会場「はなふる」。隣接するホテルより。

商店街の並木の下の大きな花壇
美しすぎる商店街「花さんぽストリート」

オレンジ色の帽子とベストを着たボランティア3名が駅構内で出迎える様子
恵み野駅で待機する「まちなかボランティア」の皆さん

1カ月という短い会期ゆえに、たくさんの人たちが急いで押し掛けたかのようで、訪れた方はみな今回のフェスタの在り方に感嘆、感動され、「新しい都市緑化フェアの在り方を示してくれた。」と評される専門家も多くいます。今回の北海道フェスタが素晴らしかったのは、他の地域の形に惑わされることなく、日常的に関わっている、市民、行政、企業が知恵と力を結集してできる最大限を具体的にイメージして、無理のない形を追求したことがポイントではないかな、と思っています。フェスタのための特別な設えはもちろんありましたが「いつもの恵庭」の延長線上にフェスタがあった、という自然体が、訪れる私たちの居心地よさにつながりました。

歩道にある細長い花壇を4名のボランティア整備
フェア期間が終わってから訪れた際にも、駅前には草取りされる方たちの姿が…


「美しいまちで暮らそう」が合言葉 『花のまちづくりプラン』


美しいまちは、限られた専門家が一方的に提案する大きな計画がもたらすものではありません。それは、自発的な地域コミュニティが相互に影響しあうことで、暮らしの足元から生まれていきます。(中略)「花のまちづくり」を通して、まちの個性が持続的に磨かれ、それぞれのコミュニティに強くしなやかな命が通います。そこで人々は、世代を引き継ぎながら末長く心豊かに暮らすことができます。(「えにわ 花のまちづくりプラン 2018-2027」より抜粋)

生きた言葉で、とても分かりやすく力強く、夢あふれる言葉でつづられた「えにわ 花のまちづくりプラン 2018-2027」には、これを作った、恵庭に暮らす市民の皆さんが目指す「花のまち」「美しいまち」に向けての、とても具体的なプランが描かれています。私たちも、大田区らしさ、大田区にふさわしいみどりのあり方、まちの姿、を具体的なプランとして描いていき、ひとつひとつ形にしたい、そんな勇気と元気を、恵庭からたくさんもらえたような気がしています。

参考動画:『すてきな花のまちづくり』
記事◆安全コラム「《肺マック症》ってご存じですか? [2022年08月23日(Tue)]
雑誌や新聞で「シャワーとガーデニングに要注意」という文字を見てドキッ!読み進んでみると「肺マック症」とは、マック(MAC)菌という細菌の感染によって起こる肺の病気で、浴室でのシャワーやガーデニングなどの土いじりで感染する可能性がある、とのこと。

マック菌は、土や水中のほか、浴槽のお湯の注ぎ口やシャワーヘッドのぬめりや湯垢にいて、しぶきや霧状の水滴、土ぼこりなどが発生して、その中にいるマック菌を肺に吸い込むことで感染するそうです。人から人への感染は起こらないとされています。

初期症状としては、咳や痰で、病状の進行はゆっくり進むようで、服薬治療によって改善される、とのことです。怖がらせるつもりはないのですが、こんな病気もあることを知っておくとよいのかな、と思い、取り上げてみました。
お知らせ★徳持小学校開校70周年記念活動のお手伝い [2022年08月23日(Tue)]
近隣の徳持小学校のサポーターさんから、花壇づくりのご相談を受けてお手伝いすることになりました。(開校70周年記念活動)

まずは草の根っこ取りからスタート。9月26日(月)、10月24日(月)、11月28日(月)、いずれも14時頃から、栽培委員の子どもたちと一緒に活動します。

お手伝いくださる方を募集します。当会会員で参加希望の方は、活動アンケートにて申し込みください。
お知らせ★9月4日(日) 園芸セミナー第219回「六郷用水の跡地を尋ねる」 [2022年08月23日(Tue)]

花とみどりのつどい


花やみどりが好きな人も、これから楽しんでみたい人も、気楽に集まって 花やみどりにまつわる話で楽しい時間をすごしてみませんか? 毎月そんな「つどい」の場を皆さんと作っていきたいと考えています。今月は第219回目として、下記のとおり開催いたします。どなたでも歓迎いたします!

チラシ画像(内容はこのあとの本文に記載)
↑園芸セミナー第219回「六郷用水の跡地を尋ねる」チラシ修正版(PDF:654KB)


園芸セミナー第219回
「六郷用水の跡地を尋ねる」


今から約410年前、小泉次太夫が徳川家康の命により多摩川中流部左岸と右岸に灌漑用水を掘りました。「六郷用水」と「二ヵ領用水」といいます。今回はセミナーのテーマとして、六郷用水跡地について映像で尋ねます。六郷用水取水口(現狛江市から、用水幹線南堀、北堀最終地まで、現況の六郷用水の跡地の映像を見て頂いて、歴史についてのお話を少し交えながら23.2kmの風景を、辿りたいと思います。
日時
2022年9月4日() 13:00〜15:00
会場
田園調布せせらぎ館 第四集会室
(東急東横線/多摩川線/目黒線「多摩川」駅前の「田園調布せせらぎ公園」内)
参加費
500円(会員は300円)資料代として
定員
10名→20名(要事前申込先着順)
講師
武藤章紀氏(当会会員)
お申し込み・お問い合わせ
NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり
電話&FAX : 03-3734-7932
メールフォーム

*なおセミナー終了後30分程度、せせらぎ公園内の山野草育成活動を行います。(有志のみ)
*9月18日(日) 13:00〜15:00には、せせらぎ公園内の山野草育成活動を行います。手袋と小型スコップを持参の上、第四集会室へお集まりください。定員6名(要事前申込先着順)

次回のセミナー予告

日時:2022年10月2日(日) 13:00〜15:00
日本野鳥の会東京の中村一也先生をお招きし、せせらぎ公園、多摩川付近の野鳥の様子を解説頂きながら観察します。お持ちの方は望遠鏡をご持参ください。詳細は次回のご案内にて。




過去の園芸セミナーの様子は、ブログ内の「カテゴリ:田園調布せせらぎ公園」を御覧ください。当会公式webサイト内で田園調布せせらぎ公園活動の基本情報をご紹介しています。
お知らせ★森ケ崎緑華園「緑華ガーデンクラブ」始動 [2022年08月21日(Sun)]
以前よりご紹介しています「森ケ崎緑華園」では、9月から毎月1〜2回「緑華ガーデンクラブ」の活動を始めることとなりました。

クラブ活動のようなイメージで、集まった皆さんで、公園の草取りや花壇の手入れ、バラや樹木の剪定、花苗育て、などの作業を楽しみながら行うボランティア活動で、どなたでも参加できます。(定員あり)

当会会員で参加希望の方は、毎月の「活動アンケート」にて申し込みください。

初回は9月11日(日) 10時〜11時30分で。「バラ園の夏剪定」を講師の指導により行います。25日(日)は草取りや花壇の手入れを予定しています。

20220821_120055.jpg
町工場を背景にした森ケ崎緑華園のバラ園
| 次へ