• もっと見る
« 2022年05月 | Main | 2022年07月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
お知らせ★7月の「みどりの縁側だより」(平和の森公園) [2022年06月24日(Fri)]

平和の森公園「みどりの縁側」のイベント情報

「みどりの縁側」では、皆さまの安心・安全を第一優先とし、さまざまな活動において「人数制限」「事前申込制」を行っています。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

「みどりの縁側」は、館内の一部とテラスにて公園の休憩所としてご利用頂けます。(現在、館内での食事はご遠慮いただいています。水分の補給は可、トイレもご利用頂けます)

7月18日(月祝)は開館し、翌19日(火)が振替休館となります。

みどりの縁側だより7月号チラシ、内容は本文に記載
↑みどりの縁側だより7月号PDF(759KB)


7月の「みどりの縁側」イベント日程

新型コロナウイルスの感染状況によっては、縮小または中止となる場合があります。ご了承ください。
7月2日():公園自然探索「夏の草花を見つけよう」
13:30〜15:30、保険料100円、定員7名、要事前申込先着順
7月7日(木):折り紙講習会
13:30〜15:00、参加費300円、定員6名、要事前申込先着順
7月9日():森 de ヨガ体験
10:00〜12:00、保険料含500円、定員7名、要事前申込先着順
講師:北所栄子氏(HBHヨガインストラクター)
7月15日(金):ガーデンワーク
13:00〜15:00、無料、参加希望者はご連絡ください
7月16日():果樹園ワーク
13:00〜15:00、無料、参加希望者はご連絡ください
7月21日(木):折り紙講習会
13:30〜15:00、参加費300円、定員6名、要事前申込先着順
その他
園芸相談は随時行っています。

今後の予定

8月6日():セミの羽化観察
18:00〜20:00、定員10組、要事前申込先着順
小学生低学年以下のお子さんは要保護者同伴
申込受付開始:7月12日(火)〜
参加費(保険料):100円
一昨年の様子:レポ★ネイチャーウォーク「セミの羽化観察会」
申込み:みどりの縁側 03-6450-0123(月曜休館)


「森の工作室クラフトづくり」について

「みどりの縁側」ではこれまで、スタッフが作業の合間にどんぐりや小枝など、自然からの贈りものをせっせと集めて「クラフトコーナー」を常設していました。
ところが現在、新型コロナウイルス感染拡大予防対策として「みどりの縁側」内で皆さんと一緒にクラフトづくりを実施することができなくなってしまいました。そこで「持ち帰りクラフトキット」としてクラフト材料の袋詰めをスタッフが作成し、皆さんに配布しています。 持ち帰り用のバッグもスタッフの手作りです。室内で配布していますので、お気軽に「みどりの縁側」スタッフに声を掛けてくださいね!
持ち帰りクラフトキット

イベント詳細は上記チラシをご覧ください。



お申し込み・お問い合わせ


平和の森公園 展示室「みどりの縁側」みどりの縁側

みどりの縁側(平和の森公園 展示室)
TEL&FAX : 03-6450-0123(開館時間内)

NPO法人 大田・花とみどりのまちづくり
TEL&FAX : 03-3734-7932 / お問い合わせメールフォーム

開館時間・休館日・アクセス


  • 開館時間:4〜10月は午前9時〜午後5時/11〜3月は午前9時〜午後4時
  • 休館日月曜日(祝日の場合は開館し、翌最初の平日が休館)/年末年始

続きを読む・・・
レポ◆山野草育成活動(田園調布せせらぎ公園) [2022年06月19日(Sun)]
6月19日(日)に、田園調布せせらぎ公園で行われた山野草育成活動のレポートです。

せせらぎグリーンメイトのメンバーが中心となって、毎月第三日曜日に定例活動として山野草の手入れを行っています。今回は昨年末と今年の4月に植えた山野草の生育状況を調べました。

田園調布せせらぎ公園での山野草活動

予想以上に周りの野草の生育が激しく、植栽した山野草の脇に差し込んでいたネームプレートを探すのに苦労するほどでした。

山野草活動のネームプレート

今回は2ブロックのみを観察、整備しましたが、残りのブロックも早く観察整備しなくてはなりません。来月以降もこの作業をつづけていきます。(武藤昭紀)
レポ◆6月のオンライン園芸談話 [2022年06月16日(Thu)]
6月16日(木)に開催されたリモートでの「オンライン園芸談話」のレポートです。

6月のオンライン園芸談話は、6月25日〜7月24日まで北海道は恵庭市で開催予定の「全国都市緑化フェア」の話題にしました。

若いガーデンデザイナーによる庭をリモート画面で紹介

恵庭にはオープンガーデンだけでなくストリートガーデンも

会場の恵庭市の公園の様子や、まちなか会場のガーデンなどを紹介。恵庭市は「花のまちづくり」で有名なまちですが、そのパワーの源は「地域愛」です。
レポ◆花壇植替えレポート第二弾(蒲田駅前花壇編) [2022年06月11日(Sat)]
5月27日〜6月11日頃にかけて、蒲田駅周辺の花壇の植替え作業を行いました。前回紹介できなかった花壇の、植替え後の様子を写真レポートで。

本庁舎前のプランターを植替え
大田区役所本庁舎前花壇


植替え直後のためまだおとなしめ
蒲田駅南口花壇


車道と歩道の間の花壇を植替え
蒲田駅西口シンボル道路花壇


宿根がもともと多めに入っているところはボリューミー
蒲田駅東口あやめ橋花壇


丸い大きなコンクリートプランターを夏バージョンに植替え
西蒲田五丁目青葉児童公園
レポ◆緑化普及講座「育てて楽しむハーブ講座」 [2022年06月11日(Sat)]
6月11日(土)に、田園調布せせらぎ館で開催された緑化普及講座「育てて楽しむハーブ講座」のレポートです。

大田区環境対策課主催の緑化普及講座は、区民がみどりとともに楽しく暮らすアイデアを提供することを目的とした取り組みです。当会が企画運営に携わっています。

今回は園芸家でレモン研究家でもある国吉純氏を講師にお招きして、ハーブを活用して楽しく暮らすヒントを学ぶ「ハーブ講座」を企画しました。

国吉純先生が講義する様子


国吉先生を囲んで質問する受講生のみなさん
休憩時間は、質問が殺到!

活用しやすいローズマリーを中心として、講師が作った様々なサンプルを見て、作り方や効能を学びました。

ハーブの活用方法として、先生がご持参いただいた瓶詰めやスプレーなどを展示
「モイストポプリ」や「チンキ」など、活用方法をたくさん紹介くださいました。


参加者からは「講座受講を機に今後ハーブや植物を育てていきたい」「多くのことを学ぶことができました」などの声がありました。

ビニールポットのハーブをお土産に準備
| 次へ