CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2017年01月 | Main | 2017年03月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆事業検討会 [2017年02月16日(Thu)]
2月16日(木)に、micsおおた教室で開催された、事業検討会のレポートです。

0216事業検討会 (2).JPG

平成29年度に向けて20本もの事業計画申請書が提出され、検討会には13名が参加。提出された申請書は、昨年12月に行われた平成28年度前半の事業を振り返る事業報告会をふまえ、新年度はもっとこうしたい、こんな活動を提案したいという思いの詰まったものです。各提案担当者から説明があり、それぞれについて熱心に話し合いが行われました。

0216事業検討会 (5).JPG

今後は運営委員会、理事会、5月の通常総会を経て各事業が実施されていきます。会のめざす「大田区を花とみどりにあふれる街!」にむけて、楽しく試行錯誤をしながら取り組んでいきたいですね。(荻野博子)
レポ◆区民農園オープンデー「観梅会」 [2017年02月15日(Wed)]
2月1日(水)と15日(水)に、南馬込五丁目区民農園にて開催された「観梅会」(区民農園オープンデー=一般公開日)のレポートです。

0201、0205区民農園オープンデー (1).JPG

2月1日は五分咲き、15日は八分咲きになりました。オープンデーを楽しみにしていたという方々が、梅香る園内をゆっくり散策して、手作りのお汁粉を手に梅談議に花を咲かせました。

0201、0205区民農園オープンデー (3).JPG

毎週来ている近所の保育園の子どもたちも、「あ〜!きれいに花が咲いている!」「いい匂い!」と楽しみながら草取りをして帰りました。

0201、0205区民農園オープンデー (2).JPG
レポ◆ネイチャーウォーク「ロゼット探し」 [2017年02月11日(Sat)]
2月11日(土祝)に、平和の森公園「みどりの縁側」にて企画された、ネイチャーウォーク「ロゼット探し」のレポートです。

ロゼットって、一体なんでしょう?

ロゼット-カントウタンポポ.JPG
↑カントウタンポポのロゼット

植物図鑑の用語解説には、「地表面付近にあるごく短い茎と、それから出てほぼ水平に広がった多数の葉とからなる集合体」と書いてあります。

ロゼット-オニタビラコ.JPG
↑オニタビラコのロゼット

八重咲きの薔薇を連想させることから、「rosette」という名が付いていて、越年草(越冬1年草)などの冬越しの姿として見られるものです。

写真は平和の森公園で見つけたカントウタンポポ(関東蒲公英)オニタビラコ(鬼田平子)のロゼットです。他にはハルジオン(春紫菀)オオアレチノギク(大荒地野菊)などがあります。皆さんも公園に来て探してみませんか?
レポ◆縁側 手しごとタイム [2017年02月05日(Sun)]
2月5日(日)に、平和の森公園「みどりの縁側」にて行われた、「縁側 手しごとタイム」の様子です。

0205縁側手しごとタイム (1).JPG

いつも「みどりの縁側」にクラフトを作りにくる女の子が、今回は「縁側 手しごとタイム」に挑戦!

0205縁側手しごとタイム (3).JPG

0205縁側手しごとタイム (2).JPG

大人に交じって一生懸命手を動かし、可愛らしいブローチが完成しました。
レポ◆冬鳥の観察会 〜今月は、洗足池に集う野鳥を身近に観察してみましょう〜 [2017年02月05日(Sun)]
2月の園芸セミナー(第155回)のレポートです。

テーマ:冬鳥の観察会 〜今月は、洗足池に集う野鳥を身近に観察してみましょう〜
日時:2017年2月5日(日) 13:00〜15:00
集合:洗足池ボート乗り場(中原街道沿い)
講師:中村一也氏(日本野鳥の会東京)
参加費:500円(会員300円)資料代として
2月の園芸セミナー開催案内ページ

0205せせらぎセミナー (1).JPG

今月は身近に野鳥を観察してみようと洗足池公園に行きました。まず鳥を見分ける大きさの基準を教わり、オオセグロカモメ(日本野鳥の会東京の中村一也講師もここで見るのは初めてとのこと)に始まり、柵のすぐ側の止まり木で真白い羽を披露するコサギ、真正面・横向き、と晴れていたらさぞやと思わせる背中の青、おなかのオレンジ色を見せるカワセミ、そしてオナガガモの婚活も見ることができました。

0205せせらぎセミナー (2).JPG

Nさんの娘さんが枯れ木に止まっているモズのメスを発見!肉食なので昆虫がいるここの環境が良いのです。地鳴きのウグイスも含め21種の野鳥、外来種を含めると24種類も観察できました。

また、中村講師によると今年はアトリ(喉が黄、翼と尾が黒、お腹が白)の当たり年。田園調布せせらぎ公園には現在50羽くらいいるそうです。3月まで見られます。

来月のせせらぎ園芸セミナーは、お知らせ★3月5日(日) 園芸セミナー第156回「桜雑学」〜わくわくする桜の季節到来です♪ いろいろ学んで桜を楽しみましょう〜をご覧ください。どなたでもご参加いただけます。(笠原敬子)