CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2012年06月 | Main | 2012年08月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆都立雪谷高校生徒が作業に参加:7/7(土) [2012年07月26日(Thu)]
東京都立雪谷高校生徒が作業に参加(大森駅前花壇):7/7(土)

第1学年必修教科「奉仕」の授業として、当会の駅前花壇活動が奉仕活動先の一つになりました。6月16日〜12月22日の間の土曜日に蒲田・大森を併せて13回、一回に4〜5名の生徒が参加する予定です。

東京都立雪谷高校生徒が作業に参加 : 7/7(土)

7月7日(土)、雨模様の朝でしたが、大森駅前花壇に予定の5名の生徒と担当の山下先生も参加され、14名の会員と一緒に駅前花壇と入新井公園の作業をしました。メンバーは、サッカー部員が中心とのことです。(藤澤久美子)
レポ◆「雑草と仲よくするガーデニング」(「すみれ塾」平和の森公園 展示場):6/26(火) [2012年07月26日(Thu)]
みどりの学習塾「すみれ塾」
6/26(火)「雑草と仲よくするガーデニング」(平和の森公園 展示室)
講師:泉健司氏

不要な雑草を除き、有用な雑草を目的に応じて活用するという「Eco(エコ)ひいきな」な除草方法を学びました。

座学の後、みどりの縁側の果樹園内で実際にエコひいきな除草を行いました。

6/26(火)「雑草と仲よくするガーデニング」

ウラジロチチコグサやオオアレチノギク等を除きシロツメクサやネジバナ等を残すという方法です。

6/26(火)「雑草と仲よくするガーデニング」

前年度のセミナーでは雑草でもグランドカバーになるということを学びましたが、今回の実習でその考えを確信しました。ところで、皆さん雑草と呼ばれている花もきれいですよ。少しの間我慢して花も観賞してみましょう。(阿部敏章)
レポ◆区民農園オープンデー(南馬込六丁目区民農園):6/24(日) [2012年07月26日(Thu)]
南馬込六丁目区民農園オープンデー:6/24(日)

雨上がりの日曜日、利用者・近隣の親子連れと総勢35名(会員含む)が、まずはいつもどおりウォーミングアップとして園内除草作業にとりかかりました。

区民農園オープンデー : 6/24(日)

そしていよいよジャガイモ掘り。最初はダンゴムシやゲジゲジに驚いて手を引っ込める子、土をじかに触れるのを嫌がる子たちもだんだん慣れて、しまいには皆泥だらけになっていました。

区民農園オープンデー : 6/24(日)

穫りたての新ジャガや半白キュウリの漬物を園内で「美味しいね」と頬張っていました。でも最後まで土に慣れなかったのは若いお母さんたち…。今度は子どもたちに負けないで、ガンバってみようネ。(内田秀子)
レポ◆みどりの寺子屋<絵てがみ入門♪>:6/23(土) [2012年07月26日(Thu)]
「みどりの縁側」事業(平和の森公園 展示室)
6/23(土)みどりの寺子屋<絵てがみ入門♪>
講師:小澤由美子氏

6/23(土)みどりの寺子屋<絵てがみ入門♪>

当日は、早くからお子様連れの参加者もいらして、本人も初めてとは思えない作品が描けて驚いていました。
小澤さんの分かり易い教え方で、参加者はとても楽しんでいました。

6/23(土)みどりの寺子屋<絵てがみ入門♪>

絵の素材は、アジサイ・ハンゲショウ・ツユクサなど公園内の花を20種類くらい活用しました。(藤澤久美子)
レポ◆「花とみどりのつどい」100回開催記念講演&懇親会:7/10(火) [2012年07月10日(Tue)]
せせらぎセミナーは9年目で100回を数えることになりました。それを記念して、7月10日(火)せせらぎ公園2F多目的室において記念講演と懇親会を開催しました。

RIMG6166.jpg

記念講演は当会の顧問であり、これまでもセミナー講師を多数引き受けてくださっている河原武敏先生による、「新宿御苑創設の秘話」をお話いただきました。

普通ではなかなか知ることができない秘話を興味深く聞くことができ、次回新宿御苑を訪れる時の楽しみができました。

RIMG6182.jpg

講演終了後は、会場を少しお色直しして、懇親会へ。

RIMG6188.jpg

RIMG6196.jpg

RIMG6217.jpg

RIMG6199.jpg

RIMG6207.jpg

懇親会は、これまでにせせらぎ公園に植栽した山野草の場所を示した地図や写真、セミナーの活動写真、第1回目から100回目までのセミナーチラシ、多摩川園の歴史等のパネルを見たり、参加者全員の紹介と挨拶があったりで、会発足の場でもあるせせらぎ公園多目的室での交流に感慨深いものがありました。

終了の4時があっという間に来てしまいました。(阿部敏章)