CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2016年02月 | Main | 2016年04月»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆早春の会員バス研修:日野市せせらぎ農園と都立野川公園 [2016年03月17日(Thu)]
3月17日(木)に会員バス研修として、日野市せせらぎ農園および都立野川公園を訪問しました。そのレポートです。

日野市せせらぎ農園

日野市の「まちの生ごみ活かし隊」は生ごみリサイクルでコミュニティガーデンせせらぎ農園を運営している市民団体です。代表の佐藤美千代さんは昨年、総会後に講演をしてくださり個人的にとても興味を持ちました。

日野市せせらぎ農園
日野市せせらぎ農園

この農園は、かつて田んぼだった約650坪の畑に生ごみを「土ごと発酵」させる方法で、無農薬・無化学肥料の元気な野菜と花を育てています。生ごみリサイクルは、週一回軽トラックで約200所帯の生ごみを個別回収し、公園や団地の落葉を集め貯めておいたものを一緒に畑へ投入。夏は1か月冬は2か月で発酵。発酵で大事なことは湿度(水分60%)と酸素、3回は攪拌、耕すことです。この土には太いミミズは生息しないので、モグラが入り込まないふかふかの土になるそうです。初めてミミズの卵を見ました!

日野市せせらぎ農園
日野市 (7).JPG

ボランティアは82歳から子育てママたち、子どもたちが当番を決めずに週3回の活動日の好きな時間に作業をして、収穫した野菜などを皆で分けて持ち帰ることに。畑の中央を用水路が流れ子どもたちが裸足で駆け回る姿、春の種植え、雑草取りと周辺の田んぼの風景は気持ちがほっこり…心が和み、贅沢な時間を過ごしました。

日野市せせらぎ農園
日野市せせらぎ農園

昼食後は、武蔵野の豊かな自然が見られる都立野川公園へ。自然観察園をパークレンジャーの説明を聞きながら、春の草花や樹の花を駆け足状態でしたが楽しみました。

都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園
都立野川公園

維持管理活動をたくさんのボランティアが担っていることに感謝して、帰路につきました。我々のまちでできることを考えていきたいですね。(小仁恵子)
| 次へ