CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ほのぼの発見 | Main | 花とみどりで心と身体の健康づくり»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
記事◆大田区内の遠回りしても見に行きたい公園 〜秋のまちを楽しもう♪〜 [2021年10月21日(Thu)]
当会では、大田区の「18色の緑づくり支援事業」を講座や巡回調査を通してサポートしています。その中で、地域の皆さんが素敵な花壇づくりをしている公園にたくさん出会います。ぜひ「お散歩」コースに入れて立ち寄ってみてください。

※各公園の詳細は大田区のホームページ「公園」ページをご覧ください。

鵜の木松山公園.JPG
鵜の木松山公園(鵜の木1-6-1)


スクランブルパーク児童公園.jpg
スクランブルパーク児童公園(久が原6-7-4)


下丸子公園.jpg
下丸子公園(下丸子4-21-2)


新蒲田二丁目児童公園.jpg
新蒲田二丁目児童公園(新蒲田2-14-19)


久が原光児童公園.jpg
久が原光児童公園(久が原5-4-10)


南蒲公園.jpg
南蒲公園(西糀谷1-12-20)


いずも公園.jpg
いずも公園(南六郷1-10-1)


森が崎児童公園.jpg
森が崎児童公園(大森南5-3-5)


西糀谷さざんか公園.jpg
西糀谷さざんか公園(西糀谷2-14-14)


道々橋まほろば児童公園.jpg
道々橋まほろば児童公園(久が原1-7-9)


昴児童公園.jpg
昴児童公園(東雪谷2-35-5)


蓮沼ジュニア児童公園.jpg
蓮沼ジュニア児童公園(西蒲田6-26-6)


萩中南児童公園.jpg
萩中南児童公園(本羽田3-2-10)


千束児童遊園.jpg
千束児童遊園(北千束3-16-1)


若竹公園.jpg
若竹公園(大森西1-8-20)


鵜の木三丁目中央児童公園.jpg
鵜の木三丁目中央児童公園(鵜の木3-24-13)


御嶽神社.jpg
御嶽神社(北嶺町37-20)


東調布公園.jpg
東調布公園(南雪谷5-12-1)


南六郷一丁目児童公園.jpg
南六郷一丁目児童公園(南六郷1-25-9)
記事◆黒鶴稲荷神社「野草レスキュープロジェクト」A《移植第一弾決行!》 [2021年10月05日(Tue)]
このプロジェクトは都市部では見られなくなっている在来の自生種を保護するだけでなく、活用することで「自然」と「地域の歴史」を子どもたちに繋いでいくことを目的としています。

6月に黒鶴稲荷神社で保護した植物の一部を、10月5日(火)に世田谷区立等々力小学校に移植しました。救出を手伝ってくれた環境教育・調査の専門機関である(株)Biotop Guild(ビオトープギルド)が等々力小学校で環境学習の活動をしており、生息域外保全として協力してもらえることとなりました。

等々力小学校の子どもたちに佐々木知幸氏から屋外レクチャー中

黒鶴稲荷神社で救出された野草で在来種の庭づくり

プロジェクトの監修をしている佐々木知幸さん(樹木医・造園家)が、人と自然の適度な関わり方の重要性や活動の経緯を説明した後、児童たちが土を耕し、整地し、保護した植物を植えて、在来種の庭を作りました。

木陰の花壇で在来種の庭造り

みんなで在来種の庭造り中

「将来はこういうことを学びたい」と言う子もいて、次世代に繋ぐ一歩になったと、嬉しく思いました。

大田区内では、ふれあいパーク「梅田第二児童公園」、教育委員会の協力により大森第四中学校大森第六中学校を移植先として決定しました。今後の経過はこのコラムでお知らせします。梅田第二児童公園での植付けは講習会形式で行います(→お知らせ★11月28日(日) 黒鶴稲荷神社野草レスキュー 講習会&移植作業)。(企画事業部担当:内田亜紀)
記事◆秋の植替えシーズンがやってきます! [2021年09月20日(Mon)]
花壇の植替えの季節が近づいてきました。10月から始まる植替えに向けて、南久が原圃場では9月にポット上げを行い、圃場スタッフの日々奮闘による育苗が始まっています。

各花壇では、植替えのたびにテーマを花壇会議で話し合い、そのテーマを基にイメージを膨らませて花壇をデザインしています。今回はどんな花壇ができあがるのか…楽しみですね♪

蒲田駅東口円形花壇デザイン画.jpg
↑ 蒲田駅東口円形花壇「広がる花壇に愛と夢を!」

蒲田駅南口花壇デザイン画.jpg
↑蒲田駅南口花壇「元気をありがとう!!」

大森駅東口花壇デザイン画 (1).jpg
↑大森駅東口駅前広場花壇「お正月から春まで楽しめる花壇」

大森駅東口花壇デザイン画 (2).jpg
↑大森駅東口バス降車場側(郵便ポスト側)花壇「春を待つー、咲き誇る花を見たくなる花壇」
記事◆黒鶴稲荷神社「野草レスキュープロジェクト」始動!@ [2021年09月20日(Mon)]
大田区中央5丁目の「黒鶴稲荷神社」がある山は、江戸時代頃からの長い歴史があり、多くの生き物を育む大変豊かな森を擁していたのですが、崖地高台にあり「土砂災害特別警戒区域」に指定されたことから、改善策として崖を切り崩して高齢者施設を建設するという開発工事が行われることとなりました。

黒鶴稲荷神社:かつての姿、豊かな森.jpg
↑かつての姿、豊かな森

一度失われると決して元には戻らない豊かなみどりを守ることが叶わないならば、せめてこの地の環境の一部だけでも残そうと、野草などの植物や、植物の種子が眠る表土を掘り出して別の場所に移すことで命を繋いでゆけたら、と有志による「救出作戦」が始まりました。

黒鶴稲荷神社:有志の皆さんの集合に感謝.jpg
↑有志の皆さんの集合に感謝

神社の近隣に住む会員、内田亜紀さんの呼びかけに、こうした保全活動を各地で指導・サポートしておられる、造園家で樹木医の佐々木知幸さんが協力くださることになり、佐々木さんの呼びかけで専門家を含む有志が集まっての植物救出作業が実行されました。救出された植物は、手分けして養生されています。

黒鶴稲荷神社:絶賛救出中!.jpg
↑絶賛救出中!

黒鶴稲荷神社:挿し木で増殖も.jpg
↑挿し木で増殖も

今後、移植や観察会を展開していく計画ですので、それに向けて、この取り組みについてのコラムを連載していきます。
記事◆集まるのが難しい今、オンラインやSNSに親しんでみよう♪ [2021年08月25日(Wed)]
「会員だより」9月号に掲載された会員向けの記事となります。



今年の2月から、オンライン(Zoom)入門講座やSNS入門講座を不定期開催しています。リアルに集まることが難しくなり、講座やイベントでも「オンライン開催」という形が増えてきた中で、触れないで苦手意識を持つのはもったいない、と思っています。

正直な所、皆さんにこうした事に関心を持ってはもらえないかもしれない、と不安がありましたが、毎回少人数でも参加をいただき、始めてみてよかった!と感じています。

「オンラインで繋がって、単におしゃべりするのもいいけど、何か学べる機会やお楽しみがあるといいなあ」と思っていた所に、会員の木村智子さんが「遠方なので普段の活動は参加できないけど、こういうことなら手伝えるよ」と申し出てくださいました。また、オンラインで会員さんのお庭や圃場からのレポートなども行ってきました。

0720オンライン園芸講座.jpg
↑7月20日のオンライン園芸講座の様子。詳細は「レポ◆オンライン園芸講座「暮らしに潜む熱帯雨林」」に。

コロナ禍が終わっても、このような流れは少なからず続くと思いますので引き続き会としても工夫を重ねていきたいと思っています。

SNSについても、気軽に情報を発信・共有・拡散することができて便利なので、徐々に会の活動について、発信・拡散できる人を増やしていきたい、と考えています。

オンラインやSNSについて「知りたい」「体験してみたい」という方は、個別相談対応もいたしますので、お気軽に事務局までお問合せください♪
※パソコン・スマホの使い方講習も検討中です。ご要望等がありましたら、こちらも事務局まで♪


9月のオンライン講座

  • 日時:9月9日(木) 10時〜1時間弱程度の予定
  • 内容:活動現場レポート「南久が原圃場より」

レポ◆「南久が原圃場」リニューアルに向けて」にあります通り、これから秋の花苗育成が始まる南久が原圃場から、花苗育成に向けての準備活動をレポートします。お申込みは事務局までメールにて!
| 次へ