CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« ほのぼの発見 | Main | 花とみどりで心と身体の健康づくり»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
新年のごあいさつ [2021年01月01日(Fri)]
あけましておめでとうございます.png

昨年は新型コロナウイルス発生により、世界中の歯車が今まで通りにまわらなくなりました。

そして2021年、新たな年を迎えても一向に収束の目途が立たないため、先行き不透明な日が続きそうです。

しかし、私たちの心と身体の健康を保つために、ワクワクするような新しい生き方を今こそみんなで作れる良い転機ととらえて、今年をどのような年にできるか?楽しみですね。(理事長 内田秀子)
記事◆安全コラム「新型コロナウイルスは収束に向かっていません!」 [2020年12月25日(Fri)]
※この記事は「会員だより」新年1月号に掲載された会員向けの安全コラムです。

活動場所の感染防止策において、自分たちは大丈夫、という緩みを感じる場面に遭遇することが多くなってきたように感じられます。もう一度気を引き締めて、ウイルス対策をきちんと守りましょう。

外部からのウイルスを
  1. 「持ち込まない」
  2. 「拡げない」
ことが重要です。

そのために私たちにできることは「3密を避ける」など基本的な感染予防対策の徹底はもちろんのこと…

外出前の検温の徹底
朝の検温してますか?37.5度以上の時は外出を控えましょう。熱がなくても、体調が悪い時の活動参加は厳禁です。
手洗い、アルコール消毒の徹底
室内に入る際は、手をよく洗い、アルコール消毒を徹底すること。
マスク着用の徹底
会話をするときは必ずマスクをする。マスクなしで5分間会話をすると、1回分の咳と同じ影響があるそうです。
向かい合って食事をするのも避け てください。
むやみに顔を触らないこと
ついウッカリやりがちなのが、目をこすったり、鼻を触ったりすることです。ウイルスは手に付いた後、顔を触ることで目・鼻・口の粘膜から侵入してしまいます。


家でも活動場所でも「新しい生活様式」を心がけ、体調管理をしっかり行いましょう。
記事◆12月は今年度の活動を振り返る月間です! [2020年11月25日(Wed)]
当記事は「会員だより」に掲載した会員向け記事です。

次年度の活動を活発にするために、12月の話し合いで意見を出し合いましょう!


当会では毎年、参加される皆さんの意見を反映させてよりよい活動にするために、話し合いの場を設けています。

12月は事業(活動場所)ごとに「今年度の中間振り返り」と「次年度への提案」を話し合う月間です。出された意見は、12月25日(金)の事業担当者による「事業報告会」で発表され、会全体としての振り返りを行います。その「振り返りとまとめ」をもとに、「次年度の事業計画(案)」を策定していきます。

事業検討会(2月)、運営委員会(3月)、理事会(4月)を経て、5月に開催予定の通常総会にて正式に承認され、次年度の活動に反映されることになります。次号の会員だよりに同封する「事業計画申請書」を用いて新たな活動(事業)を提案することもできます。皆さんの声をどんどんお寄せください。
記事◆2020年駅前花壇♪春から夏のテーマとデザイン! [2020年03月20日(Fri)]

蒲田駅前花壇のテーマ
「2020はばたけ世界へ」


蒲田駅東口円形花壇
↑蒲田駅東口円形花壇のデザイン画

蒲田駅南口花壇
↑蒲田駅南口花壇のデザイン画

大田区役所本庁舎前プランターの様子


大田区役所本庁舎前プランターは、年4回の植替えを行います。今回雨で延び延びになっていましたが、3月17日(火)にようやく実施することができました。

本庁舎前プランター

昨年好評だったネモフィラ(蒲田西地区の地域の花)とワスレナグサのブルー、キンギョソウとアルメリアのレッドを、それぞれ玄関の左右に…黄ハート 春らしい花壇ができあがりました。(後藤次子)


大森駅前広場&入新井公園花壇のテーマ
「誰もが花と楽しめる憩いの公園」


入新井公園花壇
↑入新井公園花壇のデザイン画
レポ◆「正会員・運営委員研修」報告会 [2020年03月19日(Thu)]
3月19日(木)に、大田区青少年交流センター「ゆいっつ」(旧平和島ユースセンター)で行われた、「正会員・運営委員研修」の報告会レポートです。

0319研修報告会.jpg

先月2月6日(木)、7日(金)に行われた「正会員・運営委員研修」において、さまざまな話し合いが行われ、前向きに検討された意見について、更に意見を出し合いました。

  • 現在会の大きな課題の高齢化について…以下のような意見が出ていました
    • 若いグループとジョイントしてみる
    • 区報に会員募集でPRする
    • PRにあたり、会員以外に向けての情報誌「やっぱりみどり大好き」の発刊をし、イベントや花苗の植付け時などに配布し、広く知ってもらおう。内容としては、
      • 前もって決まったイベントの予定
      • ベランダガーデン、ベランダ菜園の楽しみ方
      • 当会のメンバーの生き生き活動している写真
      • 季節の街ガーデン写真など


  • 新型コロナウイルスに対して
    • 当会ならではの取り組みがあったらどうか
    • 屋外での活動なので、前向きにとらえてPRしてもよいかな
    • 野菜のタネを育てて配布してみては?
    • 「みどりの縁側」で工作できるものを配布してはどうか


0319研修報告会2.jpg

松ぼっくり、ドングリなどセットにして…など、皆が前向きの姿勢で会のことを考えているという、充実した2時間でした。(小関孝子)
| 次へ