CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« GHC(ガーデンヘルパーズクラブ) | Main | みどりネット»
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
タグクラウド
レポ◆羽田水辺の楽校「干潟と河川敷のごみ回収」 [2020年03月13日(Fri)]
3月13日(金)に、多摩川大師橋干潟(本羽田公園近く)で行われた「干潟と河川敷のごみ回収」への参加レポートです。主催は羽田水辺の楽校(事務局:多摩川とびはぜ倶楽部)さん。

昨年の台風19号、その後の豪雨の災害で川下の多摩川では、上流から流れてきたゴミや泥など堆積物の除去がいまだ一向に進んでいません。水辺の環境保全地区として羽田付近には鳥や水辺の生き物たちの格好の場として干潟がありますが、そこに大量のゴミなどが残されたままになっているのです。

長い間干潟保全活動をされている「羽田水辺の楽校」の緊急ヘルプの呼びかけに参加しました。行った先はなんと!ごみ溜め場と思うような光景。そのゴミ(ペットボトルやら大物ゴミなど)を一つひとつ何も考えずに、ただただ袋詰め。

河川敷一面に広がるゴミ

ひたすらゴミを袋に詰めた

ゴミの袋をロープで護岸の上に引き上げる

2時間休まず活動した後の達成感は見違えるような場に変身した光景を見た時でした。この環境保全地域を私たち区民が守らなくては!と改めて思い至りました。

見違えるように綺麗になった河川敷

「ゴミを捨てないで」の看板

次回には皆さんも是非参加してみてください。(内田秀子)
レポ◆第19回エコフェスタワンダーランド「納豆のフタで額縁型の飾り物を作ろう」 [2020年02月16日(Sun)]
2月16日(日)に、大田区立東六郷小学校にて開催された「第19回エコフェスタワンダーランド」に、当会はブース参加して「納豆のフタで額縁型の飾り物を作ろう」を行いました。

朝から冷たい小雨で、人出を心配しながら準備、午前中の出足は思った通り少なかったです。

部屋入口の看板と飾り物のサンプル

今回の出展内容は、これまでの「ラミネートのしおり作り」とは違い、額(納豆のフタ)に飾るものは押し花だけでなく、ウッドビーズやスパンコール、ボタン等、厚さ・大きさなどが様々。色もカラフルで何の制限もなし。私は子どもたちが納豆のフタの上をどう使うのか、準備している時からとても興味が湧いていました。

まず、子どもたちは好きな額と飾るものを選んでテーブルへ。それらを思い思いに貼り付けていきます。手早く、きれいにできてとても満足そうです。昼頃より忙しくなり、スタッフも嬉しい悲鳴!100個の額が終了時間前に終わってしまいました。子どもたちは私たちの手を借りることもほとんどなく、とてもよかったと思いました。

納豆のフタの額の中に花びらをのせて飾り物を作る

ひとつ気づいた点は、糊付けです。ウッドビーズやボタン等はしっかりと糊付けが必要です。それだけでもアドバイスしてあげれば、次回はもっと楽しめると思いました。キッズスタッフの二人が楽しく活躍してくれました。(小嶋勝子)
レポ◆第13回 NPO・区民活動フォーラム [2020年02月09日(Sun)]
2月9日(日)に池上会館で開催された「第13回 NPO・区民活動フォーラム」に当会もブース参加しました。

52の区民活動団体による体験ワークショップ、ブース展示、お楽しみショー、模擬店などでそれぞれの活動紹介が行われました。昨今の「新型コロナウィルス」の影響で人出は少ないのでは…と予想していましたが、小さなお子さん連れの家族や高齢の方々が大勢来場されていて大変びっくりしました。

入口付近に陣取った当会ブース

当会の場所は1階のブース展示入口近くに位置し、参加したスタッフは12名。無料で配布したラミネート加工の押し花しおりは早々になくなり、ラベンダーの匂い袋(50円)120個も完売しました。

無料で配布したラミネート加工の押し花しおり

ラベンダーの匂い袋(50円)

立ち寄ってくださった方にはパンフを配布して活動内容を紹介しましたがうまく伝わったでしょうか。

終了後皆さんの感想で「掲示や販売の陳列の仕方にもう少し工夫が必要」との意見があり、今後の検討課題となりました。

私たちは配布や販売でしたので時間的に余裕があり、交代で他団体のブース、スタンプラリー、模擬店でおいしいものを食べるなどして楽しく周りました。いろいろな活動があり、刺激を受ける催しでした。

個人的には「OSPC動画同好会」で動画映写を習い何かに活用したいと思いました。

今年会場にいらっしゃれなかった方!ぜひ次回お出かけになることをお勧めします。(鳥居晴美)
レポ◆OTAふれあいフェスタ2019 [2019年11月03日(Sun)]
11月2日(土)、3日(日)の両日、平和の森公園で開催された、「OTAふれあいフェスタ」への参加レポートです。

秋晴れのもと、花苗と多肉植物とチューリップ球根の販売を行いました。

1102、03 OTAふれあい祭り (1).jpg

その名の通りたくさんのお客様とふれあえた最大のイベントだったと思います。販売スタートの10時前からお客さんが花苗を選んで待っているほどで、今年の売り上げは最高新記録となりました。

1102、03 OTAふれあい祭り (2).jpg

売れ行きのよいパンジーを多く揃えたことが勝因と思われますが、苗もチューリップ球根も白色は人気が今一つだったことは今後の課題として上げられると思われます。

1102、03 OTAふれあい祭り (3).jpg

2日目は圃場から11ケースを追加してもらいましたがほぼ完売となりました。土作りから始まりポット上げ、水やりなど沢山の会員の苦労で育った花苗がお客様の家々の彩りとなるのは何とも嬉しいことです。(大林利恵)
レポ◆第9回いつつのわふれあい祭り [2019年10月27日(Sun)]
10月27日(日)に、大森東特別出張所横多目的広場にて開催された、「第9回いつつのわふれあい祭り」への参加レポートです。

1027いつつのわふれあい祭り (1).jpg

大森東特別出張所横多目的広場(当会の大森南圃場前)で開催されるイベントで、自分としては今回が初参加でした。

1027いつつのわふれあい祭り (2).jpg

1027いつつのわふれあい祭り (3).jpg

秋晴れの暖かな日、様々なお店が出て大変な賑わいです。花苗や球根の販売をしましたが、会員のかわいいお孫さん二人が特別参加で、とても売れ行きが良く、他のお店も回れて楽しい一日を過ごすことができました。(小宮富美子)
| 次へ