CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«938   見えてきた世の中〜〜〜コロナで判明 | Main | 940  すべての公職の半分を女性に〜〜〜オモチャでなく»
939  養親候補者の適格性 [2021年02月23日(Tue)]
939







養親希望者の適性の確認.jpg







(引用@:千葉日報オンライン2016年4月13日)
あっせん直後に乳児保護 14年、養親逮捕で児相に 
 大阪市のNPO法人が2014年にあっせんした養子縁組を巡り、生まれたばかりの乳児の養親となった女性が約1カ月後に詐欺事件で逮捕され、この乳児が児童相談所に一時保護される異例の事態が起きていたことが13日、関係者への取材で分かった。NPO法人は当時、本来必要な大阪市への届け出をせずにあっせん事業を展開していた。  専門家は「あっせん直後に子どもが児相に保護される事例は聞いたことがない」とし、養親に関する適格性判断の重要性を指摘。民間事業者の場合、統一的な判断基準などはなく制度の不備が露呈した格好だ。NPO法人が当時無届けだった点にも批判が出ている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(引用A:朝日新聞デジタル2019年3月19日)
「ネット赤ちゃんポスト」不許可に 市が営利目的と判断
「インターネット赤ちゃんポスト」の名称で特別養子縁組を仲介する大阪市のNPO法人について、市は19日、縁組のあっせん事業を許可しないと決定した。
営利を目的にし、子どもの実親の生活費を養親希望者に負担させる点などが法に反し、事業を適正に行う能力がないと判断した。民間あっせん事業が許可制になって以降、不許可の事例が明らかになるのは初めて。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







根拠法:2017(平成29)厚労省告示第三百四十一号 民間あっせん機関が適切に養子縁組のあっせんに係る業務を行うための指針 第四〜二 養親希望者の適性の確認 

民間あっせん機関は、養子縁組のあっせんを行う前に、養親希望者及びその全ての同居家族と面会を行うとともに、少なくとも一度は養親希望者の家庭訪問を行い、養親希望者及びその全ての同居家族の意向、家庭状況等を把握し、養親として適切な養育ができることを確認しなければならない。

養親希望者の適性の確認に当たっては、養親希望者が一定の年齢に達していること、夫婦共働きであること、特定の疾病に罹患した経験があること等をもって排除してはならず、子どもの成長の過程に応じて必要な気力、体力、経済力等が求められること等、養親希望者と将来の見通しを具体的に話し合いながら適否を検討しなければならない。



















トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント