CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«進むべき道を誤らせない多角的検討〜〜〜学術会議任命拒否 | Main | 12.4%の高所得層が、56.5%の低所得者層を支配できる訳»
公正な社会を目指して [2020年10月23日(Fri)]
817




公正な社会を目指して



人の一生は、実に短い。
生まれた場所によって、よい人生を送れない場合もある。
思わぬ医療事故にあう場合、
飲酒運転に当てられる場合もある。
こんな不公正があってよいものか。





日本の因習


法律家が日本の「連帯保証人制度」を、改革しようとしないのは、奇異である。学術会議というのもどうなっているのか。「相続制度」も、「人間の公平性に欠ける」世界に恥じる制度になっていないか。


日本では、ありとあらゆるところに「縁故採用」がはびこっている。大学はどうか。公務員の職場はどうか。



日本の因習.jpg







人の心の中身は


人が動物性を発揮して「破廉恥行為」に及ぶのは、
本能による。
「理性」を捨てて、利権に走るのも、ある意味本能である。
しかし、放置して良いものでもない。







こころの中身.jpg







障壁となる社会制度


良い社会制度も、
魂を入れて「定期的にチェック」しなければ、
たちまち退廃してしまう。
形ばかりの、「制度」もある。



社会制度は人が作ったもの.jpg







不満を制圧する仕組み


内閣調査室とか、公安とか体制を維持する制度が、世界中どこでもある。



黒人殺害 (2).png







ネズミを捕らない猫たち


社民党が分裂するのも、「ネズミを追わなくなった」から、国民に見放されたと解釈します。
「公正な社会」を目指さなくなったのでしょう。
かって世論の指標となった労組も、自己保身に走り、「簡保の詐欺募集」も食い止められなくなっては、何のための労組かわからない。





「公正」を目指すべき野党が、「現世利益」や「私利」に走っていては、日本の鬱積した空気が晴れることはないのかも知れません。






コスモス3.jpg

菊池市







トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント