CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«社会を良くしようという意見は、尊重されなければならない〜〜〜「任命拒否」は、本末転倒 | Main | 公正な社会を目指して»
進むべき道を誤らせない多角的検討〜〜〜学術会議任命拒否 [2020年10月20日(Tue)]
816



道を誤らせない多角的検討

任命拒否を考える




スイカの切り口は無限大

どこを頂点にしてスイカを切るか。その切り方は無限大です。世界地図もどの国を正面にするかで、200通り余りの作り方があります。地球儀だって、太陽の動きや地軸を考えないなら、どの角度にも置けます。




切り方(視点)は無限.png






例:保育所の会議(税金投入施設)

100%税金で運営される保育所で会議をする場合に、
@園長・主任・事務長だけで決める。
Aクラス担任・給食室も含める。
B子供の意見も聞く。
C地域の方の意見も聞く。
D経営者一族だけで決める。

この場合、保育園が進む道を誤らせないのは、どの例がよいか。自ずとわかります。

熊本県のある医療法人では、理事長の娘に外車を与えて自由に使わせていた例があります。。韓ドラ・中国ドラマの歴史物を見ますと、権力者一族が、民の命を自由に奪っています。



地球はみんなのもの
高所得者・力の強い者・人口の多い国の所有物ではありません。平気で奪ってよい命などありません。「学問の自由」を保証し、「多角的に検討」することは、国の道を誤らせた日本の歴史反省に基づくものです。




床屋さん3.jpg



「多角的に検討する」ということは、「多様性を容認する」ということです。


「いのちと尊厳」は、「平等」です。
黒人・先住民・障害を持つ人・困窮者・LGBTであっても、
堂々と生きる権利があります。
見世物ではないのです。



DSC01921.jpg











トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント