• もっと見る
«1437 「一億総白痴化」(大宅壮一)と現代(情報操作・洗脳社会) | Main | 1439 里親で恩返し»
1438 「お金」が先か、「人の幸せ」が先か [2022年07月19日(Tue)]
1438




「お金」が先か、「人」が先か
〜「お金」が先か、「人の幸せ」が先か〜




原始時代、人は金を持って出現したか
否!

お金は神様か
否! 道具に過ぎない。

日本の悪習“連帯保証人(人質)制度”
神の国だけあって、お金が神格化されて、生身の人間より優先されている。マスコミが世界標準の保証人制度を報道することもない。

「目的」と「目標」、その「達成方法」
社会目的を達成するために、社会制度は存在する。ところが現代は、「お金」という制度が社会目的たる「人の尊厳」より優先されている。

「金=正義」ではない
欲望を人倫に優先させてよいのか。東洋の某国は「日出ずる国」と言われながら、どうでしょう。国民の声を代弁する方は、いるのでしょうか。






「お金」が先か、「人の幸せ」が先か.png




DSC03995.jpg







トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント