• もっと見る
«1393  (図でわかる)新乳児院評価基準㉔〜〜〜ボランティア等の受入れに対する基本姿勢を明確にし体制を確立している。 | Main | 1394  (図でわかる)新乳児院評価基準㉖〜〜〜地域の福祉ニーズ等を把握するための取組が行われている。»
1394  (図でわかる)新乳児院評価基準㉕〜〜〜施設として必要な社会資源を明確にし、関係機関等との連携が適切に行われている。 [2022年02月02日(Wed)]
1394







㉕ 施設として必要な社会資源を明確にし、関係機関等との連携が適切に行われている。

評価の着眼点
□当該地域の関係機関・団体について、個々の子どもの状況に対応できる社会資源を明示したリストや資料を作成している。
□職員会議で説明するなど、職員間で情報の共有化が図られている。
□関係機関・団体と定期的な連絡会等を行っている。
□地域の関係機関・団体の共通の問題に対して、解決に向けて協働して具体的な取組を行っている。
□地域に適当な関係機関・団体がない場合には、子どものアフターケア等を含め、地域でのネットワーク化に取り組んでいる。



(1)目的
○本評価基準は、施設として、子どもによりよい養育・支援を実施することと、退所後の養育・支援の継続性をも念頭において、関係機関・団体の機能や連絡方法の体系的な把握や、その関係機関等との連携が適切に行われているかを評価します。

(2)趣旨・解説
○子どもによりよい養育・支援を実施し、退所後も養育・支援の継続性を確保して社会生活を実現していくためには、地域のさまざまな機関や団体との連携も必要となります。
○ここで言う「必要な社会資源」とは、子どもへの養育・支援の質の向上やその継続性等を確保するために連携が必要な機関や団体を指し、具体的には、福祉事務所、児童相談所、保健所、公共職業安定所、病院、学校、地域内の他の施設やボランティア団体、各種自助組織等が挙げられます。
○また、施設が地域社会において役割を果たしていくためには、関係機関・団体とのネットワーク化が必要不可欠です。そのうえで、問題解決に向けてネットワークを有効に活用することが重要です。
○取組の具体例としては、関係機関・団体等の参画のもとで定期的にケース検討会を開催している、地域の定期的な連絡協議会に参加している、地域内の他施設と定期的に連絡会を開催している、などが挙げられますが、子どもに対する養育・支援の一環として行われる具体的な取組でなければ、十分とは言えません。
○築き上げたネットワークを有効に活用することが重要です。事業を進めていくうえで、地域全体で課題となっている点について、関係機関・団体へ積極的に問題提起し、解決に向けて協働して取り組んでいく、などが挙げられます。
○地域に適当な関係機関・団体がない場合には、子どものアフターケア等を含め、地域でのネットワーク化を積極的に図り支援を実施していくことも、施設として重要な役割です。
(乳児院)
○児童相談所と施設は保護者等の情報を相互に提供することが重要です。

(3)評価の留意点
○関係機関・団体等の機能や連絡方法の把握状況や関係機関・団体との連携に関する定期的な取組状況を評価します。
(5種別共通)
○退所が近い子どもの自立支援計画に退所後の生活の見立てが書かれていることを確認するとともに、養育・支援の継続性を念頭においた関係機関・団体との連携について、養育・支援の記録や聞き取りなどから確認します。
○職員間でそれらに関する情報の共有化が図られているかどうかの評価も行います。関係機関・団体の機能や、連絡方法を記載した資料の保管場所や内容等が、必要に応じて職員が活用できるようになっているかどうか、会議で説明を行う等職員に周知されているかどうかについても、訪問調査で確認を行います。
〇家庭支援専門相談員(里親支援専門相談員)を中心に、児童相談所と連携し、里親への委託の推進や新規の里親開拓のための業務を行っているか確認します。
○評価方法は、いくつかの関係機関・団体との具体的な取組を聴取し、書面でも確認します。




@関係機関.png




A児相から見た関係機関.jpg



児相から見た関係機関表(ワード版).docx



第7章 各種機関との連携.docx



新乳㉕(図).pdf












トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント