CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1345  子どもの福祉は、「最善の利益」から「尊厳の確保」へ | Main | 1347  出自を知る権利のための情報内容〜〜〜図でわかるあっせん評価»
1346  「子どもの最善の利益」だけでは、「支援内容」を評価できない [2022年01月04日(Tue)]
1346






「最善の利益」は、
支援の「実質」足りえない

「方法」は「中身」にあらず

「子どもの最善の利益」だけでは
「支援内容」を評価できない






(児童の権利に関する条約)
Convention on the Rights of the Child
Article 3
1. In all actions concerning children, whether undertaken by public or private social welfare institutions, courts of law, administrative authorities or legislative bodies, the best interests of the child shall be a primary consideration.

子どもの最善の利益は、第一の考慮事項でなければなりません。

a ある, 不定冠詞, 一つの   an  ある, 不定冠詞, 一つの  one  One option 一つの方法   Choices  consideration 考慮, 考察, 検討, 配慮, 事情, 斟酌 配慮  consideration concern  forethought  第一の  First




@児童の権利条約3条.png




A一つの方法.png



Binterests.png






C「方法」は支援の「中身」ではない.png










トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント