CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1314  (図でわかる)新保育所評価基準AP〜子どもの生活を充実させるために、家庭との連携を行っている。 | Main | 1316  (図でわかる)新保育所評価基準AR〜家庭での虐待等権利侵害の疑いのある子どもの早期発見・早期対応及び虐待の予防に努めている。»
1315  (図でわかる)新保育所評価基準AQ〜保護者が安心して子育てができるよう支援を行っている。 [2021年11月01日(Mon)]
1315





AQ 保護者が安心して子育てができるよう支援を行っている
評価の着眼点
□日々のコミュニケーションにより、保護者との信頼関係を築くよう取組を行っている。
□保護者等からの相談に応じる体制がある。
□保護者の就労等の個々の事情に配慮して、相談に応じられるよう取組を行っている。
□保育所の特性を生かした保護者への支援を行っている。
□相談内容を適切に記録している。
□相談を受けた保育士等が適切に対応できるよう、助言が受けられる体制を整えている。


(1)目的
 ○本評価基準では、保護者が安心して子育てすることができるようにするための保育所の保護者支援の取組について評価します。


(2)趣旨・解説
○保護者に対する支援は、保育所の重要な役割です。保育所における様々な場面を活用しながら一人ひとりの保護者の状況に応じた支援が必要です。

○保育所における保護者の個別的な支援は、個々の保護者の思いや意向、要望、不安や悩みなどに対して、保育士等の知識・技術など保育所保育の専門性をもって行います。内容によっては、ソーシャルワークやカウンセリング等の知識や技術を援用する必要があります。

○具体的には、様々な場面で保護者の子育ての相談に応じたり、個別面談など個別の支援の機会を設ける等の取組について評価します。

○保育所と保護者との相談内容を記録し、必要に応じ関係職員で共通理解を図ることが必要です。

○主たる援助者となる保育士を、施設長、主任保育士、他の保育士等が役割分担し支援する必要があるため、組織として保護者を支援する体制づくりが必要です。


(3)評価の留意点
○保育所における保護者支援の組織的な取組、相談対応の体制や状況等について確認します。

○保護者にとって、子育て支援に有効な機関等の情報提供の方法について確認します。

○保護者や子どもの現状や相談内容と支援の状況を記録しているか、また、どのように職員間で共有しているかを確認します。

〇なお、本評価基準では、保育所を利用する保護者への支援について評価します。保育所を利用していない地域の子育て家庭への支援については、「26U-4-(3)-@」「27U- 4-(3)-A」で評価します。

図AQ.pdf




保護者支援の取組・体制.png









トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント