CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1297  (図でわかる)新保育所評価基準A@〜保育所の理念、保育の方針や目標に基づき、子どもの心身の発達や家庭及び地域の実態に応じて全体的な計画を作成している。 | Main | 1299  (図でわかる)新保育所評価基準AA〜生活にふさわしい場として、子どもが心地よく過ごすことのできる環境を整備している。»
1298  ジャン・バルジャン「日本」〜〜〜社会の仕組みは国民の責任? [2021年10月29日(Fri)]
1298





ジャン・バルジャン
(以下引用:世界大百科事典)
 フランスの作家ユゴーの小説《レ・ミゼラブル》(1862)の主人公。貧しい職人ジャン・バルジャンは,飢えに泣く姉のこどもたちを救おうとしてパンを盗んだために投獄される。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



レ・ミゼラブル「全8話」、GYAO!で無料動画配信中。

@ジャン.png




Aジャン.png




Bジャン.png




Cジャン.png






 「レ・ミゼラブル」から160年後、今の日本は、どうですか? 「万引き犯の逮捕映像」や「24時間警察」を流し、「社会が悪いのは、こういう人がいるからだ」と、宣伝しています。
 
 が、「社会の仕組み」を作るのは、政治家であって国民ではありません。


 「パン1個」盗んだ人は刑務所に行き、お友達の事件を、逮捕直前にもみ消した人は警察のトップです。

 「文書改ざん」を命じた人は国税トップになり、法務大臣は1億5千万円を、有権者にバラまきました。






ジャン・バルジャン日本.png





 情報統制が行渡り、国民の声が電波に乗ることはありません。





死ぬ自由.png










トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント