CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1250  (図でわかる)新保育所評価基準H〜評価結果にもとづき保育所として取組むべき課題を明確にし、計画的な改善策を実施している。 | Main | 1252  お金が破壊する自然・人・社会»
最新記事
https://blog.canpan.info/npon/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npon/index2_0.xml
リンク集
1251  お金が神の時代〜〜〜自死が止まらない [2021年10月11日(Mon)]








お金が神の時代



「お金という感情を持たない無機物」に、振り回される現代。
「人間が自然という有機物の一部」であることを忘れ去っている。


お金が神の時代
・人の心内訳 お金50% 損得35% 人間性15%
・人間性内訳 獣性50% 損得性35% 理性15%
現代正義割合=人間性15%×理性15%=2.25%



見果てぬ欲望の陰で、多くの命が忘れ去られている。

「公共政策に数値設定がない」ので、単なるポスターにしか過ぎない。

「100年待ってください」と叫んでいるのだ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」
 自分は黙って首肯うなずいた。女は静かな調子を一段張り上げて、
「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。
「百年、私の墓の傍そばに坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」
(引用:夢十夜 夏目漱石 青空文庫)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は心をなぜ失くしたのか.図docx.pdf




現代正義割合.png




人の心なぜ進歩しないのか (2).jpg




誰もが輝ける.jpg





与野党と言えども「国会(県・市町村議会)が、既得権益の代表大会」となり、「既得権益の調整」に終始しているので、”人の尊厳”を最高位に置いた「機能調整の国会(県・市町村議会)」足りえない。

社会にカビのように染み込んだ全ての「既得権益」を、「一旦ゼロにリセット」しない限り、悲劇は続く。




県・市町村(議会)の自死対策が、「相談機関の紹介」で終わっている。恥ずかしくないのだろうか。








志.png











トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント