CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1247  (図でわかる)新保育所評価基準E 事業計画の策定と実施状況の把握や評価・見直しが組織的に行われ、職員が理解している。 | Main | 1249  (図でわかる)新保育所評価基準G〜保育の質の向上に向けた取組が組織的に行われ、機能している。»
最新記事
https://blog.canpan.info/npon/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npon/index2_0.xml
リンク集
1248  (図でわかる)新保育所評価基準F〜事業計画は、保護者等に周知され、理解を促している。 [2021年10月09日(Sat)]
1248




F 事業計画は、保護者等に周知され、理解を促している。

評価の着眼点
□事業計画の主な内容が、保護者等に周知(配布、掲示、説明等)されている。
□事業計画の主な内容を保護者会等で説明している。
□事業計画の主な内容を分かりやすく説明した資料を作成するなどの方法によって、保護者等がより理解しやすいような工夫を行っている。
□事業計画については、保護者等の参加を促す観点から周知、説明の工夫を行っている。



(1)目的
○本評価基準は、事業計画が、保護者等に周知されるとともに、理解を促すための取組を行っているかを評価します。


(2)趣旨・解説
○事業計画は、子どもの保育に関わる事項でもあり、事業計画の主な内容については、保護者等に周知し、理解を促すための取組を行うことが必要です。

○事業計画の主な内容とは、保育、施設・設備を含む環境の整備等の子どもと保護者の生活に密接にかかわる事項をいいます。

○保護者等への説明にあたっては、理解しやすい工夫を行うなどの配慮が必要です。

○また、単年度の事業計画にもとづく行事計画等については、保護者の参加を促す観点から周知、説明を行うことが求められます。


(3)評価の留意点
○評価方法は、訪問調査において保護者等への周知に向けてどのような取組を行っているかを聴取したうえで、調整が可能であれば、保護者等に聴取・確認を行うことによってその周知の状況をあわせて把握します。

○保護者等への周知については、作成された印刷物等がわかりやすいかどうか、その内容や方法への配慮についても評価の対象となります。必ずしも計画そのものを配布する必要はなく、事業計画の主な内容を簡潔にまとめたものでも構いません。意図が共に理解されることが重要です。

○配慮が必要な保護者等に対しては、ていねいに分かりやすく説明することが求められます。

○「行事計画」のみを周知・説明し、事業計画の主な内容の周知・説明がなされていない場合には、「c」評価とします。

(図)F.pdf





事業計画説明.png




(図)乳F周知.png




事業計画主内容.png





人間まるごと尊厳.png







何かなァ.jpg








トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント