CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«1246  (図でわかる)新保育所評価基準D〜中・長期計画を踏まえた単年度の計画が策定されている。 | Main | 1248  (図でわかる)新保育所評価基準F〜事業計画は、保護者等に周知され、理解を促している。 »
最新記事
https://blog.canpan.info/npon/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npon/index2_0.xml
リンク集
1247  (図でわかる)新保育所評価基準E 事業計画の策定と実施状況の把握や評価・見直しが組織的に行われ、職員が理解している。 [2021年10月08日(Fri)]
1247




E 事業計画の策定と実施状況の把握や評価・見直しが組織的に行われ、職員が理解している。

評価の着眼点
□事業計画が、職員等の参画や意見の集約・反映のもとで策定されている。
□計画期間中において、事業計画の実施状況が、あらかじめ定められた時期、手順にもとづいて把握されている。
□事業計画が、あらかじめ定められた時期、手順にもとづいて評価されている。
□評価の結果にもとづいて事業計画の見直しを行っている。
□事業計画が、職員に周知(会議や研修会における説明等が)されており、理解を促すための取組を行っている。



(1)目的
○本評価基準は、事業計画(中・長期計画と単年度計画)の策定にあたり、職員等の参画や意見の集約・反映の仕組みが組織として定められており、事業計画の評価と見直しが組織的に行われているか、また、事業計画を職員が理解しているかを評価します。


(2)趣旨・解説
○事業計画(中・長期計画と単年度計画)は、策定や評価について体制を定め、職員の参画・理解のもとに組織的な取組を進めることが重要です。また、事業計画については、職員が十分に理解していることが必要です。

○事業計画の策定については、関係職員の参画や意見の集約・反映の仕組みが組織として定められており、機能している必要があります。また、内容によっては保護者等の意見を集約して各計画に反映していくことも求められます。あわせて、各計画の実施状況について、評価・見直しの時期、関係職員や保護者等の意見を取り込めるような手順が組織として定められ、実施されているかという点も重要です。

○事業計画の評価は、設定した目標や経営課題の解決・改善の状況や効果を確認するとともに、社会の動向、組織の状況、子どもの育ち、子ども・保護者や地域のニーズ等の変化に対応するために実施します。単年度計画の評価は、次年度へのステップとなるだけではなく、中・長期計画の妥当性や有効性についての見直しの根拠ともなります。


(3)評価の留意点
○事業計画を職員がよく理解することは、計画達成のために欠かすことができない要件です。本評価基準では、職員に対する周知では各計画を文書にして配布することは基本的な取組と位置づけ、より理解を促進するためにどのような取組が行われているかを評価します。

○評価方法は、訪問調査において職員への周知に向けてどのような取組を行っているかを聴取したうえで、職員への聴取・確認を行うことによってその周知の状況をあわせて把握することになります。

○事業計画の策定過程の記録、計画の評価・見直しの記録等により実施状況を確認します。また、事業計画の評価結果が、次年度(次期)の事業計画に反映されているかについては、継続した事業計画を比較するなどの方法で確認します。

○職員の参画については、事業計画の策定や評価において、たとえば、中・長期計画に関しては幹部職員等が参画し、単年度の事業計画に関しては幹部職員以外に中堅職員等が加わるなど、計画の性質や内容に応じて、参画する職員が違う場合も考えられます。

○中・長期の計画を策定していない場合には、単年度の計画の策定状況を踏まえ評価します。中・長期の計画と単年度の計画をいずれも策定している場合には、総合的に評価します。

○事業計画を職員が理解している場合であっても、職員等の参画のもとで策定されていない場合は「c」評価とします。

(図でわかる)新保育所評価基準E.pdf




(家族の方針)
家族の方針2.png




(養護評価の場合)
(図)乳B.png







★★コスモス楚々.jpg








トラックバック
ご利用前に必ずご利用規約(別ウィンドウで開きます)をお読みください。
CanpanBlogにトラックバックした時点で本規約を承諾したものとみなします。
この記事へのトラックバックURL
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント