CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

IIHOEの書籍紹介ブログ!

「非営利・公益セクターの強く
しなやかなマネジメントのた
めに」がテーマの隔月刊誌
『NPOマネジメント』など、
IIHOE [人と組織と地球
のための国際研究所] は、さま
ざまな書籍を発行しています。


Google

Web全体
IIHOEの書籍紹介ブログの中
カテゴリアーカイブ
「いいかも!」と思ったら、こちらもご覧ください   リンク集 
記事一覧
NPOマネジメント 第31号 [2004年06月20日(Sun)]
第31号(2004年6月刊)


■特集 コミュニティ・ビジネス成功のポイント
「顧客が参加する社会変革事業の生み方・育て方」


コミュニティ・ビジネスを始めたい・応援したいという人が、市民にも行政にも
増えてきた。コミュニティ・ビジネスの特徴をしっかりと確認し、成果を生み続ける
ための事業づくり、支援のポイントをまとめました。



■Q&A(誌上マネジメント相談)
「活動の似た団体と共存するには?」
回答者:松本修一さん(V・マネジメント)
坂本文武さん(ウィタン アソシエイツ(株))


(今回の相談)
河川周辺の清掃と植栽の手入れを実施するNPOです。最近よく似た活動をする
NPOができ活動地域も内容も重なっていることがわかりました。
「活動を真似された!」「のっとられるのではないか?」と感情的になるメンバーも
出てきました。私たちの団体は高齢化しているので、お互いの強みを活かしつつ
共存できればと考えています。
そのNPOと一度話し合いを持ちたいのですが、どのような準備をして話し合いを
すすめるとよいでしょうか。



■シリーズ しくみをつくる 第2回
「委託で終わらない自治体との関係〜代替案の提案と実践からしくみづくり〜」
田村太郎さん((特)多文化共生センター)


今回は、自治体との協働のあり方から、しくみの発展までのステップを整理します。
協働のための、成果目標とプロセス目標を盛り込んだ「3ヵ年計画シート」を掲載。



■もっと、もっと、コミュニケーション! 第1回
「NPO的コミュニケーション考」
古賀桃子さん((特)ふくおかNPOセンター)


この連載では、コミュニケーションの意味や意義を改めて見つめつつ、「人」「組織」
として果たしたいコミュニケーションのあり方を、筆者の琴線に触れた事例を交えつつ
探っていきます。



■会議上手になろう!
「どんな準備をすると会議はよくなるか?」
青木将幸さん(青木将幸ファシリテーター事務所)


シンポジウムにせよ、交渉にせよ、資金調達にせよ、「準備が8割」といいます。
では、どんな準備をすれば、会議がよくなっていくのでしょうか。
会議の開催責任者(プロデューサー)のための準備チェックリスト、進行役
(ファシリテーター)のための準備チェックリストをご紹介。
会議をよくする道具箱その3は、「お茶・お菓子」の活用法について。



■ボランティア・マネジメントことはじめ
「ボランティア活動希望者の面接、オリエンテーション」
赤澤清孝さん((特)きょうとNPOセンター)


受付は、ボランティアとの最初の接点。受付記録用紙例を紹介しながら、ボランティア
面接の手順、オリエンテーションでの説明事項を解説。ミスマッチを防ぐためのコツ、
スキルアップのための研修のあり方についても提案。



■NPOと税・会計
「NPO法人の会計報告について」
早坂毅さん(NPOコンサルタント、税理士)


管理費、事業費区分の問題点と、税務申告における区分の違いを説明します。
会計ルールの概要と、制度上、情報開示上の問題点について解説します。



■労務管理の実務
「社会保険や労働保険はどのような場合に加入するか?」
堀眞一郎さん(堀経営労務研究所)


社会保険(年金保険、健康保険)や労働保険(労災保険、雇用保険)には、どのような
場合に、どのような団体や人が加入するか?加入対象者について解説します。



■NPOWEB headline「2004年4月〜5月のニュース」
シーズ=市民活動を支える制度を作る会


npowebは「シーズ=市民活動を支える制度を作る会」によって運営されている
NPO情報サイトです。
2004年4月から2004年5月にかけてのnpowebから、主なニュースを採録します。



■大学院でNPOを学ぶ
龍谷大学大学院 NPO・地方行政コース


NPOや非営利公益セクターの人材育成や研究をテーマとした大学院で、活躍されている
注目の教員にインタビュー。コースデザインや教授陣、院生の選考方法などから、
NPOのマネジメントをとらえなおすヒントを探るコーナーです。
第2回目は、龍谷大学大学院 NPO/地方行政コースの松浦さと子さんに伺いました。



■ロジを究める
「知的財産を二次利用する際に気をつけたいポイント」
棟朝千帆


講演会などで外部講師が話した内容を、主催者が記録し活用するケースをもとに
知的財産を二次活用する際に気をつけたいポイントについて考えます。



■グラントメーカーズ(インタビュー)
(特)神奈川子ども未来ファンド
運営促進助成・事業費助成


神奈川県内の子ども・若者や子育てにかかわる活動に助成。
NPO等の資金調達に新しい途を開いたケースとして注目を集めています。
ファンド設立経緯、助成の内容、今後の展望についてお聞きしました。



■蝸牛点睛(連載コラム)
「なんと事業報告書はたったの1枚?」
 加藤哲夫さん((特)せんだい・みやぎNPOセンター)


(本文より)
総会にはちゃんとした事業報告書を出しているのに、県庁には1枚ものの報告書を
出しているケースもある。
何のための、誰のための活動であり、事業報告書か、そして情報公開か、ということが
ほとんど見向きもされなくなっている。



ご注文は、こちらから!