CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2016年02月22日

NPO向け信用保証が増加中

先週、弁護士会の関係で少しお堅い会議に参加してきました。
そのなかでNPO法人向けの信用保証の昨年の実績に関するペーパーが配られていました。
昨年(H27)10月1日から運用を開始してわずか3ヶ月の間に全国で166件、総額13億500万円(1件平均790万円)の信用保証がすでに実施されたということです。
出だしとしてはなかなかいいペースだと思いませんか。

0222.jpg

ペーパーでは、NPO法人向けの保証事例として、認定NPO法人育て上げネット(ニート自立支援/東京多摩)、NPO法人まいぺーす(障がい者の就労支援/長野)、NPO法人やまとなでしこ(女性の社会進出促進/千葉)の3団体の活動、保証金額、代表者の声などが紹介されていました。

保証協会は都道府県に各1つあり、主に市中の金融機関が融資をする際の信用補完の役割を担っています。
・債務者である借り手が返済できなくなると、債務者に代わって金融機関に債務の全部または一部(基本は8割。セーフティネット貸付の場合は10割)の肩代わり(代位弁済)をしてくれる
・利用の際は信用に応じた保証料の納付が必要
・保証協会は肩代わりした債務を借り手からの回収を行うなかで、事業の再生・清算・廃業などの支援を行う

(参考リンク)
東京都信用保証協会 「特定非営利活動法人(NPO法人)の信用保証の取扱いについて

非営利セクターに対する融資に関しては、これまでも日本政策金融公庫、ろうきん、地域の信金などが、介護・福祉施設系、子育て支援施設系の社会福祉法人やNPO法人に対する実績を積み重ねてきました。
信用保証の対象にNPO法人が加わったことで、これまでNPO法人に対する融資に必ずしも積極的でなかった金融機関も貸し手として参加しやすくなり、NPO法人に対する融資が飛躍的に伸びていくことが期待されます。
(樽本)
【司法・法律に関する話題の最新記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
トラックバックの受付は終了しました

この記事へのトラックバック