CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

岡山県内で開催される首長選挙立候補者へのNPOからの公開質問状

このブログでは、岡山県内で開催される首長選挙(県及び市町村長)などの立候補予定者に対する「市民協働」等の施策に対する公開質問に関する動き、質問内容、立候補予定者からの回答を公開いたします。


プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
岡山NPOセンター
プロフィール
ブログ
<< 2021年10月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
カテゴリアーカイブ
最新記事
リンク集
https://blog.canpan.info/npokayama2/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama2/index2_0.xml
【2021年玉野市長選】公開質問状の回答を公開いたしました [2021年10月08日(Fri)]
【2021年玉野市長選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。


岡山県内のNPO法人755団体(岡山県・岡山市認証・2021年9月22日時点)のうち、23法人(同9月22日時点)が登記上の主たる事務所のある玉野市内を中心に活動しております。また、任意団体、地域組織を含めて様々な組織が地域で課題解決に取り組んでおり、各地で地域課題が多様化する中、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、その存在は必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の玉野市政における市民との協働のあり方及び民間の立場で公共的な事業に取り組むNPOの支援に関する新市長の施策について、非常に大きな期待を寄せており、そこで、玉野市長選挙(2021年10月10日(日)告示)にあたり、立候補予定者に対し、世界的な目標である「SDGs」を軸とした公開質問(「SDGs・災害支援・協働等」に関する公開質問状の送付)を実施させていただきました。

その結果、立候補予定者2氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をPDFファイルにしたものです)

●公開質問状:2021首長選挙立候補予定者_公開質問状_玉野市.pdf



【回答】PDF形式(順不同)

●赤松 通博 氏

●柴田 義朗 氏

質問は玉野市における協働に関する主要な5点について、以下の5点を伺っています。
1.  SDGs全般の推進
2.  貧困支援
3.  コミュニティ支援の推進
4.  災害支援の体制整備の推進
5.  民間との協働(パートナーシップ)の推進

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【2021年岡山市長選】各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。 [2021年09月16日(Thu)]
岡山県内のNPO法人756 法人(岡山県・岡山市認証・2021年8月27日時点)のうち、307 法人(同8月27日時点)が登記上の主たる事務所のある岡山市内を中心に活動しております。それ以外にも岡山市内には、地域を基盤としたボランティア団体、住民組織が多くあり、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の岡山市政における、まちづくり・社会課題解決に関するお考えとその解決に取り組む上での民間との協働に関する新市長の施策について、非常に大きな期待を寄せております。そこで世界的な目標である「SDGs」を軸にお伺いさせていただき、その回答を関心ある市民の方々と広く共有をさせていただきたいと考え、公開質問を実施させていただきました。

●公開質問状:2021首長選挙立候補予定者_公開質問状_岡山市長選挙_最終.pdf

その結果、立候補予定者2氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をスキャンしてPDFファイルにしたものです)
【回答】PDF形式

2021首長選挙立候補予定者_公開質問状_岡山市_大森候補回答.pdf

2021首長選挙立候補予定者_公開質問状_岡山市_浦上候補回答.pdf

質問は岡山市における協働に関する主要な16点について伺っています。
(1)【SDGs全般】新市政において、国際目標である「SDGs(持続可能な開発目標)」の達成に向けて、各施策におけるSDGsとの関係性を明確にした上で、目標達成に向けた具体的かつ積極的な取り組みを民間とのパートナーシップですすめられますか? 

(2)【貧困】新型コロナウイルス感染症による社会経済活動への影響などにより生活困窮に苦しむ方が増えています。新市政において、NPOをはじめとする民間組織との協働により、こうした方々の孤立と困難を解消するためのアウトリーチや緊急避難、就労援助等の支援を積極的にすすめられますか?

(3)【健康】新型コロナウイルス感染症の重症化については基礎疾患との関連が示されています。新市政においてNPOを含む民間組織との協働により、ワクチン接種が進んだ後の社会経済活動の支援策と関連させながら、生活習慣の改善等による健康づくりに関する取り組みをすすめられますか?

(4)【教育】従来の受験・偏差値重視だけでない探求学習や地域学等の問題解決能力の向上や地域理解を深める教育が県下で進んでいます。ESD推進の経緯も踏まえ新市政において、民間・地域協働や高校連携等を図りながら、学校・地域ごとの柔軟な学びの導入等の教育改革をすすめられますか?

(5)【ジェンダー】国際的に多様な性や結婚の形が認められる状況が広がっています。新市政において、同性婚をはじめ、LGBTQ等の多様な性をもつ方々の権利擁護や生活環境の向上に取り組まれますか?

(6)【子育て】全国的な少子高齢化が進む中、子どもを産み育てやすい環境づくりは重要です。新市政において、出産や子育ての希望を実現しやすい環境づくりのために、各職場で性別を問わない育休の取得や柔軟な労働環境の推進、また産前産後の個別支援を含めたニーズに合った子育て支援に、企業・事業所やNPO等の民間組織と協働しながら積極的に取り組まれますか?

(7)【エネルギー】新市政において、「再エネ100宣言 RE Action」への参画を受け、岡山市内の企業・事業所、家庭等の電力を再生可能エネルギーに変えていくための具体的な施策実行を、NPOを含む民間との協働による支援施策や啓発、教育なども含めてすすめられますか?

(8)【資源活用】合併の影響もあり岡山市には多くの市有遊休施設や土地があります。「協働のまちづくり条例」ではこれらの情報共有の機会を設けることが示されていますが、コミュニティビジネスや地域活動の拠点としての活用を含め、市有遊休施設の活用を新市政でより積極的に行われますか?

(9)【コミュニティ支援】岡山市は区・地域ごとに高齢化の進行状況や土地環境等が異なり、各地の特性に応じた地域づくりを住民主体で進める必要があります。そのため、総務省が推進する概ね小学校区を単位とした「地域運営組織」の設立・事業支援などを積極的に新市政ですすめられますか? 

(10)【都市再生】岡山市内では主に中心市街地にてエリアマネジメントの取り組みが増えつつあります。一方でエリアマネジメントの取り組みを進める「都市再生推進法人への指定」等はまだまだ進んでいません。新市政において都市再生推進法人の積極的な指定やまちづくりファンドの組成、パークマネジメントの実装等、民間との協働によるまちづくりをより積極的に進められますか?

(11)【ダイバーシティ】岡山市内には海外より就労や留学でお越しになった外国人の方や、障がい者の方、高齢者の方、妊産婦など様々な方が暮らされています。新市政において、人種や民族、年齢や立場などで差別を受けず、各制度や公共施設・空間の利用や住居、就労の機会、また災害時の避難援助などの支援が得られるよう、民間との協働により積極的に進められますか?

(12)【文化振興】新型コロナウイルスの感染防止により文化芸術の継承や継続にも大きな影響がでています。各種の芸術祭等は岡山市の魅力の一つともなっていますが、新市政において岡山芸術創造劇場の活用も含めて、文化芸術の振興や様々な世代が文化芸術にふれる機会の提供等を民間との協働により積極的に進められますか?

(13)【若者参加】岡山市で策定される各種計画の策定において地域の未来を担う学生や若者の意見を取り入れることは、若者の地域への信頼と愛着を醸成し、定着・還流につながるものと考えます。総合計画をはじめとする各種計画や若者関連施策の策定の際に、学生や若者が参加するワークショップや学校と連携した提言や陳情の受付や機会提供など、若者の市政参加を積極的に推進されますか?

(14)【災害】岡山市は平成30年7月豪雨を経験しており、その支援活動には様々なボランティアやNPO、企業等が参加しました。その流れを受けて岡山市、岡山市社会福祉協議会、民間組織による「災害ボランティアネットワーク」も発足しています。同ネットワークの取り組みをはじめ、新市政においても民間との協働による災害支援の体制整備を引き続き推進されますか?

(15)【パートナーシップ】岡山市には市民主体で改正された「協働のまちづくり条例」があります。この条例に基づき多くの課題解決の施策が生まれており、現在も全国のNPOや自治体の関係者から注目されています。新市政においても本条例に基づいた計画や施策を引き続き推進されますか?

(16)【自由記述】その他、 NPO等を含む民間との協働によるまちづくりや社会課題解決、SDGsの推進などに関してのお考えなど、自由にお聞かせください。



なお、本公開質問状は、以下の40の組織・個人の賛同を得て実施しました。(順不同)
特定非営利活動法人 岡山NPOセンター
特定非営利活動法人 0-99おかやまおしえてネット
特定非営利活動法人 ENNOVA OKAYAMA
特定非営利活動法人 green bird 岡山チーム
特定非営利活動法人 アートファーム
特定非営利活動法人 おかやまエネルギーの未来を考える会
特定非営利活動法人 オカヤマビューティサミット
特定非営利活動法人 だっぴ
特定非営利活動法人 タブララサ
特定非営利活動法人 チーム響き
特定非営利活動法人 チャリティーサンタ岡山支部
特定非営利活動法人 ハート・オブ・ゴールド
特定非営利活動法人 ばべの森
特定非営利活動法人 ハレハハ
特定非営利活動法人 まんなか
特定非営利活動法人 みんなの劇場・おかやま
特定非営利活動法人 みんなの集落研究所
特定非営利活動法人 岡山・ホームレス支援きずな
特定非営利活動法人 岡山ニャンとかし隊
特定非営利活動法人 岡山県マンション管理組合連合会
特定非営利活動法人 岡山県腎臓病協議会
特定非営利活動法人 岡山市子どもセンター
特定非営利活動法人 岡山聴覚障害者支援センター
特定非営利活動法人 志塾フリースクール岡山
特定非営利活動法人 若者応援コミュニティとりのす
特定非営利活動法人 星とたんぽぽ
特定非営利活動法人 地域資源文化研究所
特定非営利活動法人 日本・カンボジア教育支援協会
特定非営利活動法人 国際協力研究所・岡山(NPO ICOI)
認定特定非営利活動法人 ポケットサポート
認定特定非営利活動法人 子どもシェルターモモ
公益財団法人 YMCAせとうち
公益財団法人 みんなでつくる財団おかやま
一般社団法人 おいでんせぇ岡山
一般社団法人 すこやかのわ
一般社団法人 ほっと岡山
一般社団法人 医と食でつながる瀬戸大橋ラインLaboratory
一般社団法人 北長瀬エリアマネジメント
世界女性会議岡山連絡会
おかやま日本語プラザネットワーク
プラウド岡山 代表 鈴木富美子


お忙しい中でご回答をお寄せいただいた立候補予定者の皆様へ、この場をお借りして御礼申し上げます。
また、公開質問状作成へのご協力、ならびにご賛同をいただいた岡山市内のNPO法人の皆様、誠にありがとうございました。

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【参加者募集】2021年岡山市長選挙立候補予定者に向けた まちづくり・社会課題解決・SDGs等における協働等に関する合同公開質問状作成ワークショップの開催について [2021年08月13日(Fri)]
タイトル.jpg
※実施後、追記
2021年岡山市長選挙立候補予定者に向けた
まちづくり・社会課題解決・SDGs等における協働等に関する
合同公開質問状 作成ワークショップを開催します。


2021 年岡山市長選挙にあたり、岡山市内でまちづくり・社会課題解決・SDGs等に関して実践をされているNPOや活動実践者の方々で公開質問を行うための質問状作成のワークショップを開催いたします。


1. 実施目的
2021 年岡山市長選挙の開催にあたり、立候補予定者の方々が岡山市におけるまちづくりや 社会課題解決について、特に市民・民間との協働や住民参加をどのように考えておられるの か、その考えと当選後の方針を明らかにすることで、有権者への情報提供を行うと共に、今 後の岡山市における、まちづくり・社会課題解決・SDGsにおける協働の方向性を見出す。

2. 対象
以下の条件を満たすまちづくり・社会課題解決に取り組む方
(1)岡山市内において、社会課題解決・まちづくり等に取り組みを実践されている方
(2)自組織の取組を超えて、岡山市全域のまちづくりのために議論くださる方
(3)議論のルールを守り、お互いを尊重しながら合同検討をくださる方

3.  全体スケジュール
2021年8月13日(金) 検討会参加者募集開始
2021年8月24日(火) ワークショップ開催
2021年8月27日(金) 質問状(案)作成(8/24参加者確認・数字など修正)
2021年8月27日(金)〜9月2日(木) 会員向け意見募集アンケート
2021年9月2日(木)〜9月8日(水) 賛同組織募集
2021年9月9日(木) 質問状送付
2021年9月16日(木) 回答〆切

5.検討の上、作成した質問状


5.主催
特定非営利活動法人 岡山 NPO センター



【2021年瀬戸内市長選】公開質問状の回答を公開いたしました [2021年05月31日(Mon)]
【2021年瀬戸内市長選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。


岡山県内のNPO法人753団体(岡山県・岡山市認証・2021年5月7日時点)のうち、15法人(同5月7日時点)が登記上の主たる事務所のある瀬戸内市内を中心に活動しております。また、任意団体、地域組織を含めて様々な組織が地域で課題解決に取り組んでおり、各地で地域課題が多様化する中、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、その存在は必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の瀬戸内市政における市民との協働のあり方及び民間の立場で公共的な事業に取り組むNPOの支援に関する新市長の施策について、非常に大きな期待を寄せており、そこで、瀬戸内市長選挙(2021年5月30日(日)告示)にあたり、立候補予定者に対し、SDGsや災害支援、民間協働等に関する公開質問(「協働・SDGs・災害支援等」に関する公開質問状の送付)を実施させていただきました。

その結果、立候補予定者1氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をPDFファイルにしたものです)

●公開質問状:公開質問状_瀬戸内市.pdf

【回答】PDF形式

●武久顕也 氏

質問は瀬戸内市における協働に関する主要な5点について、以下の5点を伺っています。
1.  SDGsの推進
2.  民間協働のための庁内連携の仕組みづくり
3.  住民主体の課題解決組織(地域運営組織)の設立
4.  災害時の民間連携との連携
5.  若者の定着・寒流のための地域学やキャリア教育の実施

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【2021年備前市長選】公開質問状の回答を公開いたしました [2021年04月11日(Sun)]
【2021年備前市長選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。


岡山県内のNPO法人772団体(岡山県・岡山市認証・2021年4月5日時点)のうち、14法人(同4月5日時点)が登記上の主たる事務所のある備前市内を中心に活動しております。また、任意団体、地域組織を含めて様々な組織が地域で課題解決に取り組んでおり、各地で地域課題が多様化する中、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、その存在は必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の備前市政における市民との協働のあり方及び民間の立場で公共的な事業に取り組むNPOの支援に関する新市長の施策について、非常に大きな期待を寄せており、そこで、備前市長選挙(2021年4月4日(日)告示)にあたり、立候補予定者3氏に対し、SDGsや災害支援、民間協働等に関する公開質問(「協働・SDGs・災害支援等」に関する公開質問状の送付)を実施させていただきました。

●公開質問状:公開質問状_備前市.pdf

その結果、立候補予定者2氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をスキャンしてPDFファイルにしたものです)

【回答】PDF形式

よしむら武司氏.pdf

田原隆雄氏.pdf

質問は備前市における協働に関する主要な5点について、以下の5点を伺っています。
1.  SDGsの推進
2.  民間協働のための庁内連携の仕組みづくり
3.  住民主体の課題解決組織(地域運営組織)の設立
4.  災害時の民間連携との連携
5.  若者の定着・寒流のための地域学やキャリア教育の実施

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【2021年赤磐市長選】公開質問状の回答を公開いたしました [2021年03月26日(Fri)]
【2021年赤磐市長選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。


岡山県内のNPO法人772団体(岡山県・岡山市認証・2021年3月5日時点)のうち、19法人(同3月5日時点)が登記上の主たる事務所のある赤磐市内を中心に活動しております。また、任意団体、地域組織を含めて様々な組織が地域で課題解決に取り組んでおり、各地で地域課題が多様化する中、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、その存在は必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の赤磐市政における市民との協働のあり方及び民間の立場で公共的な事業に取り組むNPOの支援に関する新市長の施策について、非常に大きな期待を寄せており、そこで、赤磐市長選挙(2021年3月21日(日)告示)にあたり、立候補予定者2氏に対し、SDGsや災害支援、民間協働等に関する公開質問(「協働・SDGs・災害支援等」に関する公開質問状の送付)を実施させていただきました。

●公開質問状:公開質問状_赤磐市.pdf

その結果、立候補予定者1氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をスキャンしてPDFファイルにしたものです)

【回答】PDF形式

ともざね武則氏.pdf

質問は赤磐市における協働に関する主要な5点について、以下の5点を伺っています。
1.  SDGsの推進
2.  民間協働のための庁内連携の仕組みづくり
3.  住民主体の課題解決組織(地域運営組織)の設立
4.  災害時の民間連携との連携
5.  若者の定着・寒流のための地域学やキャリア教育の実施

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【2021年鏡野町長選】公開質問状の回答を公開いたしました [2021年03月22日(Mon)]
【2021年鏡野町長選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。


岡山県内のNPO法人772団体(岡山県・岡山市認証・2021年3月8日時点)のうち、7法人(同3月8日時点)が登記上の主たる事務所のある鏡野町内を中心に活動しております。また、任意団体、地域組織を含めて様々な組織が地域で課題解決に取り組んでおり、各地で地域課題が多様化する中、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、その存在は必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の鏡野町政における町民との協働のあり方及び民間の立場で公共的な事業に取り組むNPOの支援に関する新町長の施策について、非常に大きな期待を寄せており、そこで、鏡野町長選挙(2021年3月23日(火)告示)にあたり、立候補予定者2氏に対し、SDGsや災害支援、民間協働等に関する公開質問(「協働・SDGs・災害支援等」に関する公開質問状の送付)を実施させていただきました。

●公開質問状:公開質問状_鏡野町.pdf

その結果、立候補予定者2氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をスキャンしてPDFファイルにしたものです)

【回答】PDF形式

山崎親男氏.pdf

光吉ひとし氏.pdf

質問は鏡野町における協働に関する主要な5点について、以下の5点を伺っています。
1.  SDGsの推進
2.  民間協働のための庁内連携の仕組みづくり
3.  住民主体の課題解決組織(地域運営組織)の設立
4.  災害時の民間連携との連携
5.  若者の定着・寒流のための地域学やキャリア教育の実施

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【2020年新見市長選】公開質問状の回答を公開いたしました [2020年11月24日(Tue)]
【2020年新見市長選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。



岡山県内のNPO法人775団体(岡山県・岡山市認証・2020年10月20日時点)のうち、16法人(同10月20日時点)が登記上の主たる事務所のある新見市内を中心に活動しております。
各地で地域課題が多様化する中、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、その存在は必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の新見市政における市民との協働のあり方及び民間の立場で公共的な事業に取り組むNPOの支援に関する新市長の施策について、非常に大きな期待を寄せており、そこで、新見市長選挙(2020年11月22日(日)告示)にあたり、立候補予定者3氏に対し、SDGsや災害支援、民間協働等に関する公開質問(「協働・SDGs・災害支援等」に関する公開質問状の送付)を実施させていただきました。

●公開質問状:公開質問状_新見市.pdf

その結果、立候補予定者3氏のうち、2氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をスキャンしてPDFファイルにしたものです)

【回答】PDF形式

池田 一二三 氏

仲田 芳人 氏

質問は新見市における協働に関する主要な5点について、以下の5点を伺っています。
1.  SDGsの推進
2.  民間協働のための庁内連携の仕組みづくり
3.  住民主体の課題解決組織(地域運営組織)の設立
4.  災害時の民間連携との連携
5.  若者の定着・寒流のための地域学やキャリア教育の実施

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【2020年岡山県知事選】公開質問状の回答を公開いたしました [2020年10月08日(Thu)]
top.jpg
【2020年岡山県知事選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。


岡山県内のNPO法人755団体(岡山県・岡山市認証・2020年9月15日時点)が登記上の主たる事務所のある岡山県内を中心に活動しております。それ以外にも岡山県内には、地域を基盤とした住民組織や地域づくり団体、災害支援のボランティアグループ等が多くあり、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の岡山県政に地域づくり、SDGs推進、コロナ対策、災害支援等におけるNPOや住民組織等との協働に関する新知事の施策について、非常に大きな期待を寄せております。民間との協働に関してどのようにお考えなのかをお伺いさせていただき、新県政の政策に関心を持っておられる県民の方々と広く共有をさせていただきたいと考えております。そこで、岡山県知事選挙(2020年10月8日(木)告示)にあたり、立候補予定者2氏に対し、地域づくり・SDGs・コロナ対策・災害支援等に関する公開質問を実施させていただきました。

●公開質問状:公開質問状_岡山県

その結果、立候補予定者2氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をスキャンしてPDFファイルにしたものです)

【回答】PDF形式

伊原木 隆太氏

森脇 久紀氏

質問は岡山県における協働に関する主要な4点について伺っています。
1. SDGsの推進
2. コロナ禍でNPOが活動継続するための資金及び非資金的支援の継続
3. 災害時の民間連携との連携
4. 若者の定着・還流のための地域学やキャリア教育の実施

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
【2020年美作市長選】公開質問状の回答を公開いたしました [2020年07月30日(Thu)]
【2020年美作市長選】
各候補者の公開質問状の回答を掲載いたします。



岡山県内のNPO法人757団体(岡山県・岡山市認証・2020年7月7日時点)のうち、15法人(同7月7日時点)が登記上の主たる事務所のある美作市内を中心に活動しております。
各地で地域課題が多様化する中、地域の活性化を図り持続可能な地域を実現するために、その存在は必要不可欠なものとなってきていると実感しております。

そのような状況の中、私ども岡山NPOセンターは、今後の美作市政における市民との協働のあり方及び民間の立場で公共的な事業に取り組むNPOの支援に関する新市長の施策について、非常に大きな期待を寄せており、そこで、美作市長選挙(2020年7月26日(日)告示)にあたり、立候補予定者2氏に対し、SDGsや災害支援、民間協働等に関する公開質問(「協働・SDGs・災害支援等」に関する公開質問状の送付)を実施させていただきました。

●公開質問状:公開質問状_美作市

その結果、立候補予定者2氏より回答をいただきましたので、公開をさせていただきます。
(原本をスキャンしてPDFファイルにしたものです)

【回答】PDF形式

安東 章治 氏

萩原 誠司 氏

質問は美作市における協働に関する主要な4点について、以下の4点を伺っています。
1.  SDGsの推進
2.  民間協働のための庁内連携の仕組みづくり
3.  災害時の民間連携との連携
4.  若者の定着・寒流のための地域学やキャリア教育の実施

岡山NPOセンターでは今後も県内の首長選挙にあたり、公開質問状の実施を続けてまいります。
| 次へ