• もっと見る

« 2022年07月 | Main | 2022年09月»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年08月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
よる会(近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会)第16回:難治性てんかんという相方との向き合い方、手探りで学んでいます。 [2022年08月26日(Fri)]

よる会(近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会)
第16回難治性てんかんという相方との向き合い方、手探りで学んでいます。
てんかんの波、メンタルの波と付き合い、心穏やかな瀬戸内の凪のように

てんかんと聞くとどのようなイメージでしょうか。
「意識を失って倒れる」「ひきつけを起こす」などが一般的かもしれません。てんかんは主に小児の疾患で、100人に1人位の割合であり、症状の出方は患者それぞれ多岐に渡ります。いまはかつてより病気の解明も進み、投薬でのコントロールや症状にあった治療が可能になるなど、患者はてんかんの波に対応しつつ生活をしているそうです。
当事者として気になることを臼井さんに尋ねたところ、学校生活での壁、成人になれば就労の壁がある。てんかんと精神疾患の関係もあり、その波に対し、自分は「凪」を目指したいなとも。

第16回よる会では、臼井さんご本人の経験、ありふれた普段の生活でのこともお聞きし、てんかん患者と健常者が共に生活しやすい社会環境をどうつくっていくかについても一緒に考えます。

日時:2022年9月30日(金)19:00〜20:30
会場:Zoomによるオンライン開催(申込制)
申込こちらから⇒ https://220930yoru-kai-16.peatix.com/

第16回ゲスト:臼井 進(うすい すすむ)さん

日本てんかん協会 岡山県支部 副代表
13歳でてんかんと診断を受け、薬物治療を開始、現在進行中。薬の服用が不可欠なことから、同じ気持ちの分かる薬剤師になりたいという大きな夢を抱き、薬学部に進学する。卒業後メンタル面での不調を起こし、夢半ばで地元に帰郷。そこから、就労の悩みを抱える。
2008年、てんかん協会での活動を開始。それがきっかけとなり、その5年後の2013年には、課題であった障がい者枠で一般企業への就職が実現し、現在に至る。
サッカー観戦、手話学習、サイクリング、パン屋巡り、旅行など、多趣味な一面を持っています。

よる会チラシ(第16回ゲスト臼井さん).jpg



よる会は、様々な当事者であるゲストと進行役との対話形式で近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会です。
※ゲストへのご質問は申込フォームまで。ご参加の皆さまとの意見交換も予定しています。


対象:テーマに関心がある方、「当事者」から話を聞いて何ができるか考えたい方。
   申込時に「誹謗中傷をしない」などの「よる会のルール」に同意いただける方。
参加費:1,000円、学生500円
《集まった参加費の半額はゲストの取組ないしはゲストが選んだ当事者支援団体に寄付します》
問合せ:岡山NPOセンター【メール】 npokayama@gmail.com (担当 しらはた)
   【電話】 086-231-0532(電話は担当者勤務地・ゆうあいセンターにつながります)


★よる会にご参加の皆さまには
以下の5つの事項を守っていただきますようにお願いいたします。
【よる会のルール】
1.思いやりのある発言を心がけ、誹謗中傷をしません。
2.いろんな方の意見が聞けるように自分の発言のボリュームを配慮します。
3.撮影は許可を得たもののみとし、録音・録画等の記録を禁止します。
4.会の中で知り得た個人情報の取り扱いに注意します。
5.SNS等への無断での録画や映像・音声の投稿や誹謗中傷する投稿をしません。
※個人的な感想などは問題ありません。


「よる会」情報サイト
岡山NPOセンターのサイト⇒ http://www.npokayama.org/yoru-kai-okayama
「よる会」Facebookページ⇒ https://www.facebook.com/yoru.kai.okayama


はたらく×地域貢献 〜地元企業の事例から学ぶ〜 [2022年08月03日(Wed)]

令和4年度岡山市市民活動リーダー養成講座
はたらく×地域貢献 〜地元企業の事例から学ぶ〜


企業にとって社会貢献活動は、ビジネスとどう関係しているのか?
講演と、地元企業の取組事例を聞き、取組に関わる社員の方へのインタビューを通して、はたらくことと地域社会との関わりを一緒に考えます。


チラシ(最終)_page-0001.jpg


日時:令和4年9月16日(金) 14:00〜16:30
会場:岡山国際交流センター7階 多目的ホール
    (JR岡山駅西口から徒歩3分)
対象:岡山市内在住または在学の大学生
定員:先着30名
申込:フォームからお申込みください。
   ※申込締切 9月9日(金)  ただし、定員に達し次第、締め切ります。

講師:
  社会参画の推進を通して若者のキャリア形成を支援しています。
  岡山職業能力開発促進センター(ポリテクセンター岡山)での求職者と経営者のトークイベントの企画運営、岡山県中小企業団体中央会主催「岡山の優良企業を巡る!企業魅力発見1dayバスツアー」のファシリテーションおよび企画支援など。国家資格キャリアコンサルタント。
参加企業:
 ○おかやま信用金庫/信用金庫・労働金庫・信用組合
  おかやましんきんSDGsアワードの開催で地域企業の社会貢献を推進しています。
 ○岡山スイキュウ株式会社/陸運送業・倉庫業・不動産業
  食料品の支援を行う北長瀬コミュニティフリッジに運搬で協力しています。
 ○大紀産業株式会社/食品乾燥器の製造・販売
  自社の乾燥技術でフードロス削減や発展途上国の雇用創出に貢献しています。

内容:
@講演(井口さん)
A企業の取組紹介(3社)
B企業へのインタビュー、質疑応答(登壇者を中心に、参加者のみなさんと一緒に)


ビジネスと地域社会との関わりについて、大学生のみなさんと一緒に考える機会です。
ぜひ、ご参加ください!


チラシはこちらからご覧いただけます。

<主催>
 岡山市(市民協働企画総務課)、ESD・市民協働推進センター
<お問合せ>
 ESD・市民協働推進センター(担当:前野、野ア)
  TEL:086-803-1062
  メール:esd-smc@googlegroups.com
よる会(近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会)第15回:震災で気付いた人生、自分らしい生き方という移住。 [2022年08月01日(Mon)]

よる会(近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会)
第15回震災で気付いた人生、
自分らしい生き方という移住。
「極み」減農薬メロンを岡山から全国に届けたい!

「これからの人生をどこで過ごしていくのか」という問いに対して、「都会を離れて田舎で暮らそう」と考える人の割合は増えているそうです。

移住と聞くとどんなイメージをお持ちでしょうか。
岡山に移住し、試行錯誤しながら念願のメロン作りを続けて8年になる「くまさんの森」農園主の、くまさんこと木さんは、どんなきっかけで移住をされたのでしょうか。全国各地の中で、移住先として岡山を選んだ理由は?

「極み」減農薬で丹精込めてメロン作りをする「くまさん」の移住までの道のりと、これまでの苦労や喜び、大切にしていること、これからの夢を伺います。


日時:2022年8月25日(木)19:00〜20:30
会場:Zoomによるオンライン開催(申込制)
申込こちらから⇒ https://220825yoru-kai-15.peatix.com/

第15回ゲスト:木俊治(たかぎとしはる)さん

「くまさんの森」農園主
東京で生まれ育ち会社勤めを経て、手に職をと2009年に茨城県で農業の職業訓練を受けました。農業の基礎を学びながら、研修先の農家でメロン栽培に出会いました。
研修後の2011年、福島県で新規就農しようと引っ越しを終えた3月11日に、東日本大震災が発生、福島第一原発事故に遭遇し、福島からやむなく東京に避難しました。
そこで放射能、自分の体の健康のことを考慮し、今後どのように生きていきたいのか、どんな農業をしたいのか、この時、真剣に考えました。
その後、安心してメロン作りをできる場所を探して全国各地を訪ね歩き、2014年、岡山県に単身移住。やっと「理想の場所」が見つかりました。
現在、「くまさんの森」農園を立ち上げ「メロン家」として生きることにまい進しています。

よる会チラシ(第15回ゲスト木さん).jpg



よる会は、様々な当事者であるゲストと進行役との対話形式で近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会です。
※ゲストへのご質問は申込フォームまで。ご参加の皆さまとの意見交換も予定しています。


対象:テーマに関心がある方、「当事者」から話を聞いて何ができるか考えたい方。
   申込時に「誹謗中傷をしない」などの「よる会のルール」に同意いただける方。
参加費:1,000円、学生500円
《集まった参加費の半額はゲストの取組ないしはゲストが選んだ当事者支援団体に寄付します》
問合せ:岡山NPOセンター【メール】 npokayama@gmail.com (担当 しらはた)
   【電話】 086-231-0532(電話は担当者勤務地・ゆうあいセンターにつながります)


★よる会にご参加の皆さまには
以下の5つの事項を守っていただきますようにお願いいたします。
【よる会のルール】
1.思いやりのある発言を心がけ、誹謗中傷をしません。
2.いろんな方の意見が聞けるように自分の発言のボリュームを配慮します。
3.撮影は許可を得たもののみとし、録音・録画等の記録を禁止します。
4.会の中で知り得た個人情報の取り扱いに注意します。
5.SNS等への無断での録画や映像・音声の投稿や誹謗中傷する投稿をしません。
※個人的な感想などは問題ありません。


「よる会」情報サイト
岡山NPOセンターのサイト⇒ http://www.npokayama.org/yoru-kai-okayama
「よる会」Facebookページ⇒ https://www.facebook.com/yoru.kai.okayama