CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2020年01月 | Main
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
東北地方太平洋沖地震応援基金
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
「新型コロナウィルス予防・拡大防止のための行事等の運営・参加に関するガイドライン(第一版)」の策定について [2020年02月21日(Fri)]

「新型コロナウィルス予防・拡大防止のための行事等の運営・参加に関するガイドライン(第一版)」の策定について
 
特定非営利活動法人岡山NPOセンターでは、新型コロナウィルスの流行を受けて、参加者・関係者ならびに私たち自身の健康と安全を確保するため、主催する講座、会議などの各種行事(委託を受けて実施するものを含む)と当法人の役職員が依頼を受けて参加する各種行事について、ガイドラインを定めました。
皆様のご理解とご協力を得て、誰もが安心して参加できる行事運営に努めてまいりますので何卒よろしくお願いいたします。

特定非営利活動法人岡山NPOセンター
「新型コロナウィルス予防・拡大防止のための行事等の運営・参加に関するガイドライン」
(第一版) 2020 年 2 月 21 日

※画像をクリックするとPDFファイルが開きます。
87076884_3143033809040149_8989413636254466048_o.jpg
【3/13(金)】OKAYAMA SOCIAL TALK MEETING for Youth [2020年02月19日(Wed)]

OKAYAMA SOCIAL TALK MEETING for Youth

〜 課題共有ワークショップ[若者] × ESD学生インターンシップ報告会 〜


普段とは少し違う話をしてみよう。

友達やサークルの仲間と話すことも楽しいけど、社会には、岡山には、まだ知らない世界で活動をしている人たちがいる。

そんな人たちが見ている先には、今の社会で解決されるべきたくさんの課題があって、少しずつでも前に進んでいくための仲間がいる。


---------------------------------

日時:2020年3月13日(金) 13:30〜16:30

場所:ハッシュタグ(岡山市北区北長瀬表町二丁目17番80号ブランチ岡山北長瀬内)

内容:岡山で活動する7団体の取組を知り、自分が取り組めることを考えるワークショップ

定員:40名

対象:学生、若手社会人(概ね30歳まで)

費用:無料

申込:フォームからお申し込み下さい。

---------------------------------



200313_25E8258B25A525E825802585WS25E3258125A125E32582258925E325812597-25E5259C25A725E725B825AE25E625B8258825E3258125BF.png

ESD学生インターンシップに参加した学生が、来場団体の取組や活動を経験して感じたことを報告します。

同世代の問題提起を軸に、自分と社会とのかかわりについて考え、発言をしてみましょう。

以下の団体で活動に取り組む方々とお話のできるチャンスでもあります。

なんとなく気になる「ESD」とか「社会課題」。これからの社会をつくっていく一員として、自分にはどんなアプローチができるだろうか。みんなで一緒に考えてみませんか?


当日の来場予定団体

・株式会社ありがとうファーム

・NPO法人岡山市子どもセンター

・NPO法人だっぴ

・NPO法人チャリティーサンタ岡山支部

・社会福祉法人報恩積善会

・一般社団法人ほっと岡山

・岡山市立公民館(公民館振興室)



【主催】岡山市、岡山ESD推進協議会

【申込・問合せ】ESD・市民協働推進センター(岡山市市民協働企画総務課内)

 TEL:086-803-1062  FAX:086-803-1872

 Email:esd-smc@googlegroups.com
【3/3(火)】令和元年度 地域活動リーダー養成講座 [2020年02月18日(Tue)]

令和元年度 岡山市地域活動リーダー養成講座


変容する地域コミュニティにおける活動スタイルを探す

〜 マンションを取り巻くコミュニティ 〜


中心市街地をはじめマンションの建設が進み、地域コミュニティのあり方が少しずつ変化しています。

従来からその地域に居住している人、転居して居住を始めた人が協力して地域の活動に取り組むため、他都市の事例も学びながら地域活動について一緒に考えてみませんか?


地域活動リーダーチラシ.jpg

日時:令和2年 3月3日(火)

   18:30〜20:30

参加費:無料 

定員:50名(先着順)


場所:西川アイプラザ 4階会議室

  (岡山市北区幸町10-16)


講師:佐野 こずえ 氏


近畿大学 建築学部 建築学科講師

福岡生まれ。

大阪大学大学院にて博士(工学)取得

大阪府北部を中心に建築審査会・開発審査会委

員等を兼職 日本マンション学会関西支部幹事


専門分野:住宅・住宅地の居住環境に関する研究

特に、集合住宅、住宅の再利用、コミュニティ空間について

著書「建築・まちつくりの夢をカタチにする力」など

「豊中市の都市空間における集会機能の再編に向けた基礎研究」で

 2008年度第6回地域政策研究賞・奨励賞受賞


■プログラム■

●講演会 18:35〜 19:25  (講演後、質疑応答あり)

●交流会 19:40〜 (要事前申込み)

 10人のグループに分かれてワーク・意見交換などを行います。


■お問合せ・お申込み: ESD・市民協働推進センター (担当:池本、高平)

 電話:086-803-1062

 FAX:086-803-1872

 メール:esd-smc@googlegroups.com


★下記フォームから入力いただくか

 お申込はこちら URL:http://bit.ly/2FSEMPS


以下項目を記載の上 電話・メール・FAXにてお申込みください。


●氏名(ふりがな)

●連絡先TEL・Email

●ご所属・ご職業

●交流会 の参加・不参加


※お申込時の個人情報は厳重に取扱い、当講座及び関連する目的にのみ使用します。


■主催:岡山市(ESD・市民協働推進センター)
【2/26(水)】令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域課題調査」報告会開催 [2020年02月13日(Thu)]

【令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域課題調査」報告会・エリアマネジメント勉強会】開催ご案内

 
 昨年11月に岡山市市民協働ニーズ調査事業として、令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域課題調査」を実施し、ご協力いただいた皆様より今後の参考となるご意見を多数頂戴いたしました。
つきましては調査結果の共有として報告会を開催いたします。併せて外部よりエリアマネジメント実践者の方をお招きした勉強会も行いますので、ぜひご来場くださいますようお願い申し上げます。

 令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域課題調査」報告会
 エリアマネジメント勉強会

 ■日 時:令和2年2月26日(水)14時より
 ■場 所:出石コミュニティハウス(岡山市北区幸町10-10 西川アイプラザ西隣)
 ■参加費:無料
 ■プログラム 
  第一部 令和元年度「西川エリアマネジメント推進に伴う地域課題」報告
  第二部 エリアマネジメント勉強会
      「西川緑道公園(西川エリア)で未来につながる持続可能なエリア
       マネジメントとは」
   講 師:佐藤正一氏((一社)二子玉川エリアマネジメンツ代表理事)
       笠原徳広氏((一社)二子玉川エリアマネジメンツ事務局次長・
              東急(株))
       内野洋介氏((一社)二子二子玉川エリアマネジメンツ事務局・
              東急(株))
 ■参加お申込みは こちら
      
◆お問合せ先◆
NPO法人岡山NPOセンター
〒700-0822 岡山市北区表町1町目4-64 上之町ビル3階
TEL:086-224-0995



【2/28(金)17時締切】助成公募「中国5県における地域格差及び所得格差による課題を解決し、暮らし続けられる地域をつくる事業」 [2020年02月12日(Wed)]

2019年度 「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく
「中国5県における地域格差及び所得格差による課題を解決し、暮らし続けられる地域をつくる事業」助成公募について

民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(いわゆる休眠預金等活用法)に基づく資金分配団体として、当会が構成団体として参画する中国5県休眠預金等活用コンソーシアムが採択され、このたび民間公益活動を行う実行団体への助成公募を開始致しました。

>>公募要領・申請フォームはこちら https://bit.ly/36bxem4
(ひろしまNPOセンターのサイトへ移動します)

■公募事業名
 中国5県における地域格差及び所得格差による課題を解決し、暮らし続けられる地域をつくる事業

■公募概要の抜粋(岡山県エリア)
※詳細は上記リンク先より公募要領をご確認ください。
●岡山県エリア設定テーマ
 貧困や虐待の被害にある子どもたちの生活再建拠目的とする拠点整備
●採択予定実⾏団体数
 1団体程度
●1団体あたりの助成上限額
 2,000万円
 各年度の助成額の内訳
 (1 年目: 1,400 万円、2 年目: 500 万円、3 年目: 100 万円)
●対象となる団体
 岡山県内に主たる事務所を置き、岡山県内で民間公益活動を行う団体で次の条件を満たすこと。
 ・法人格を有する団体(法人格の種類は問わない)。
  本テーマでは不動産取得による拠点整備を事業実施の前提としているため、
  物件の所有者を明確にする観点から、法人格を持たない任意団体による申請は
  対象外とします。
 ・岡山県内での本テーマに関する活動実績を有する団体。
 ・第三者機関による組織評価を受けている、または受ける意欲のある団体。
 ・岡山県内の行政機関との協働事業を行った経験がある、または行う意欲のある団体。
 ・本事業で整備する拠点を岡山県内に置くこと。
 ・多様で複数の組織・団体が関わる事業(いわゆるコレクティブインパクト型事業)を優先する。

■公募締切
 2月28日(金)17時
 申請は専用フォームからのみ受け付けます。

■公募説明会
 岡山県内では、2020年2月4日(火)、10日(月)に
 「休眠預金等を活用した助成制度・事業評価セミナー」とコラボ開催いたします。
 詳細および参加のお申込みはこちらhttps://blog.canpan.info/npokayama/archive/565
※説明会は終了しました。多数のご参加誠にありがとうございました。
 当日の配布資料は以下をご参照ください。

 ・JANPIAプレゼン資料_公募説明会@中国圏.pdf
 ・200204-10岡山NPOセンタープレゼン資料_岡山津山会場.pdf


■主催(資金分配団体)
 中国5県休眠預金等活用コンソーシアム
 (構成団体)
 公益財団法人とっとり県民活動活性化センター
 公益財団法人ふるさと島根定住財団
 NPO法人岡山NPOセンター
 NPO法人ひろしまNPOセンター(代表団体)
 NPO法人やまぐち県民ネット21
chugoku5.jpg

■お問い合わせ
【本事業全般、広島県エリアについて】
 NPO法人ひろしまNPOセンター
 〒730-0013 広島県広島市中区八丁堀3-1 幟会館2F
 TEL:082-511-3180 、 メール:kyumin-ch5@npoc.or.jp
 担当者:松村(まつむら)、山本(やまもと)
【島根県エリアについて】
 公益財団法人ふるさと島根定住財団
 〒690-0003 島根県松江市朝日町478-18 松江テルサ3階
 TEL:0852-28-0690 、 E-Mail:chiiki@teiju.or.jp
 担当者:森山(もりやま)
【岡山県エリアについて】
 NPO法人岡山NPOセンター
 〒700-0822 岡山県岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
 TEL:086-224-0995 FAX:086-224-0997 E-mail:npokayama@gmail.com
 担当者:北内(きたうち)
【2/20(木)】2019年度NPO法人事務局連続セミナー 第11回事業報告書作成に向けた準備と事業評価 [2020年02月11日(Tue)]

2019年度
NPO法人事務局 連続セミナー

J2月20日(木) 13:30〜16:30 
事業報告書作成に向けた準備と事業評価

ステークホルダーと法人の双方にとって「役に立つ」事業報告書と事業評価について考えます。


200220事業報告書作成に向けた準備と事業評価.jpg


参加お申込みフォームはこちら

NPOって何?という初心者さんから、NPO法人の会計を中心とした事務実務まで、
NPOに関する様々なセミナーを開催します。

●開催場所
岡山県ボランティア・NPO活動支援センター(ゆうあいセンター)
〒700-0807
岡山県岡山市北区南方2丁目13-1
岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館「きらめきプラザ」2階
※当日は駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関にてお越しください。

●参加費
☆6回えらぶ割引 6回分    会員: 8,000円  非会員:16,000円
☆各回参加 1回毎の料金    会員: 1,500円  非会員: 3,000円
※1回ずつ、ご自由に選んでの受講も可能です。


※本講座参加へあわせてのご入会もお待ちしております。

●申込方法
申し込みフォームまたはチラシへ必要事項をご記入の上、下記事務局までメールまたはFAXにてお送りください。

・お申込みフォームは こちら

・お申込み用紙(チラシ)はこちら(PDFファイルが開きます)


●申込締切
各講座1週間前まで申し込みを受け付けます。先着順。

●持ち物
筆記用具を各自でご持参ください。

●講師プロフィール
高平亮.png

地域連携センター長 高平 亮
アルバイトでNPO法人岡山NPOセンターに入職し、正社員、副所長を経て、2013年に岡山県ボランティア・NPO 活動支援センター「ゆうあいセンター」の所長に就任。分野別ネットワークの立ち上げや社会参加を促進するための研修・調査などに取り組む。
2014年、岡山市で「ESD に関するユネスコ世界会議」が開催されるのに先立ち「ESD 市民活動推進センター(現ESD・市民協働推進センター)」が設置され、センター長に就任。特に多様な主体の協働による課題解決のスキームづくりとその運営に力を注いでいる。現在まで岡山県内6つの自治体において協働事業(補助事業)の審査員を務めているほか、1つの自治体において補助制度の設計・運用や事業の伴走支援に携わっている。CSOネットワーク『伴走評価エキスパート』育成プログラム修了生(DE実践者(研修修了生))



●お申込み・お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター NPO事務支援センター
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama@gmail.com
(祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)

【2/18(火)】アパレルにおけるSDGsを取り入れた経営とは [2020年02月10日(Mon)]

アパレルにおける
SDGsを取り入れた経営とは

200129市民向け消費者志向経営推進事業.jpg


1952年から、「時代を超えて愛される服を作る。」をミッションで抱え、68年目を迎える、岡山県倉敷市のアパレルメーカー・ジョンブル。激動な時代の中で、どのように時代に適用しながら生き抜き、現代に合わせながら全国展開したのか?地元の企業や地元の素材とのコラボレーションとは?高い品質を守りながら、時代を超えて愛され続けるジョンブルと一緒に、これからの消費者志向経営のあり方や、地元に根差した企業について、考えてみませんか


●日時 2020年 2月 18日(火) 19:00〜21:00
●場所 ハッシュタグシェアスペース(岡山市北区北長瀬表町二丁目17番80号 BRANCH岡山北長瀬内)
●対象 (定員80名先着順)
@岡山市内の企業経営者の方A岡山市内の 金融機関関係者の方 B顧客・消費者志向経営に関心のある方 Cその他、SDGs、エシカル消費などのテーマに関心のある方など
●参加費 無料(お申込み、先着順)
●プログラム
(1)ご講演:アパレルにおけるSDGsを取り入れた経営とは
講師:株式会社ジョンブル 菅野伸哉さん
内容:
1.ファッション業界の現状
2.岡山の繊維の産地の歴史、現状
3.SDGSに関する取り組み
・残った生地、製品を活用したリメイク商品製作について
・サプライチェーンの追求(地元の職人、企業とのエプロン・ユニフォーム製作)
(2)質疑応答
●申込方法
以下のリンクか【チケット】からお申込みください。
●主催 岡山市
●企画運営 NPO法人岡山NPOセンター
●講師
菅野伸哉さん(すがのしんや)
倉敷市児島生まれ。京都、龍谷大学経営学部卒業後、児島へ戻り、株式会社ショーワにて生地の生産、株式会社ベティスミスにて、OEM製品の営業に携わり、2006年に株式会社ジョンブルに入社。現在、取締役専務。
●CANPANY PROFILE
ジョンブルHP→http://www.johnbull.co.jp/
「時代を超え、愛され続ける服を創る。」
私たち株式会社ジョンブルは、1952年の創業以来、歴史の中で培った技術と感性を糧に、ものづくりを続けてきました。
ジーンズの聖地として名高い岡山県倉敷市児島にて学生服・作業服のメーカーとして創業した私たちは、国産ジーンズの草創期である1960年代前半にジーンズの製造に着手。その後小売事業にも力を入れ、現在ではジーンズを中心としたカジュアルウエアの企画から製造、そして販売までを一貫して行うアパレル企業となりました。
服それぞれが持つ意味や、魅力、ルールを熟知したうえで、リアリティとクオリティを追求し、「ジーンズ」「ワーク」「ミリタリー」「ドレス」の新しい価値を世の中に届けること。それが私たちジョンブルの役割です。