CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

« 2019年12月 | Main | 2020年02月»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年01月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
東北地方太平洋沖地震応援基金
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
【2/12(水)】SDGsネットワークおかやま第7回定例会 第4回山陽新聞社140周年地域づくり連続シンポジウム・事前ワークショップ [2020年01月27日(Mon)]

SDGsネットおかやま_タイムライン.jpg

SDGsネットワークおかやま
第7回定例会
第4回山陽新聞社140周年地域づくり連続シンポジウム・事前ワークショップ
11.住み続けられる街づくり


SDGsネットワークおかやまは、岡山県内のNPO/NGO有志による声掛けにより、岡山においてSDGsの達成に対する確かな行動を促すためにNPO/NGOを中心とした民間非営利組織によるネットワークです。本定例会は、SDGs17目標への理解を深め行動を考えてきましたが、第7回定例会で岡山におけるSDGsの具体的な取り組み紹介を山陽新聞社140周年記年地域づくり連続シンポジウム第4回「移動の自由確保」のプレイベントと兼ねてワークショップを開催いたします。
ご参加をご希望される方はコチラのフォームよりお申込みください

●日時 2020年2月12日(水)19:00〜21:00

●場所 山陽新聞社 9階大会議室(岡山市北区柳町2丁目1−1)
    https://goo.gl/maps/hnb8eLzsCz4yvniR6

●プログラム
    山陽新聞140周年記念地域づくり連続シンポジウム
    連動企画「移動の自由確保」を考えるワークショップ

  (1)連続シンポジウムとねらいの解説

  (2)第4回「移動の自由確保」の内容共有(予定)
     NPO法人公共の交通RACDA
     西粟倉地域おこし協力隊員 猪田有弥氏

  (3)論点整理のためのワークショップ

●参加費 無料 (*事前課題あり)

●主催/共催
    主催:SDGsネットワークおかやま(事務局:岡山NPOセンター)
    共催:山陽新聞社

【2/10(月)当日消印有効】NPOの組織内人材育成プログラム募集開始(おかやまNPOサポート基金配分事業) [2020年01月26日(Sun)]

【NPOの組織内人材育成プログラム】募集開始!
(おかやまNPOサポート基金配分事業)

okayama_npo_award2019_yokou-ページ1.jpg

NPOで求められる力を
育むための
人材育成を支援します

岡山NPOセンターでは、県内で地域社会の課題解決に取り組む特定非営利活動法人(以下NPO法人)を支援するために、広く市民に寄付をいただく仕組み[おかやまNPOサポート基金]を運営しています。

本年度は、組織内の人材育成の取り組みを支援します。NPOにとって最も大切ともいえる「人」を育て、持続的に社会課題の解決を行うための体制づくりに本気で取り組むNPOを支援します。そのための寄付配分を通じて、社会課題の解決やそのためのサービスが持続していくとともに、市民活動の活性化を応援します。

なお、本基金は2,500人以上の市民の皆様からの寄付を財源にしています。2,500人分の想いに応えたい!というNPO法人の皆様からのご応募をお待ちしております。

■プログラムと配分額 自組織の状況に合わせてエントリーください。
組織内人材育成研修
対 象:事業の質向上や運営上必要なスキル獲得のための人材育成研修を予定しているNPO法人。
使 途:組織内部研修を行う際にかかる経費(講師への謝金、交通費等)。
ないしは、組織の人材育成のために、外部の講座に参加する際の経費(参加費、交通費等)。
配分額:上限10万円(5法人程度)

■対象となるNPO法人   
次の全てに該当する「NPO法人(特定非営利活動法人)」を対象とします。
1.岡山県内に事務所を有し、岡山県内で特定非営利活動を行っていること。
2.NPO法に定められる情報開示を行い、さらに積極的な開示への意欲をもっていること。
3.岡山NPOセンターが運営する公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録を採択後に行う事を約束できる法人、または、すでに登録をしている法人であること。
4.プランを提案するだけでなく、2020年度中の実践が可能であること。

■選考方法
(1)第1次審査(書類審査)
  所定の応募用紙によりいただいた申請の中より、事務局(岡山NPOセンター)が選考します。
(2)第2次審査(ヒアリング審査)
  選考したNPO法人に対して、設置した審査委員会によるヒアリング審査を行い、最終選考をします。

■選考基準
(1)実 現 性・・・現実的なプランであり、申請団体において実施が可能か。
(2)効 果 性・・・研修の目的と対象が明確であり、実施により成長が見込める内容か。
(3)開 発 性・・・研修実施後、学びを生かして事業や団体運営の改善が図られ、組織全体の底上げに繋がるビジョンがあるか。

■募集期間
2020年1月6日(月)〜 2020年2月10日(月) ※当日消印有効

■1次審査・応募書類、方法
公益ポータルサイト「NPOkayama」への登録または登録申請をした上で、所定の応募用紙により申請してください。
応募にあたっては、上記募集期間中に岡山NPOセンターまで郵送またはEメールにて応募用紙をお送りください。

■2次審査(ヒアリング審査)・日程、方法
日 時 : 2020年2月27日(木)13:30〜16:30(1団体20分程度)
     ※詳細は一次審査結果と共にお知らせします。
場 所 : 当法人事務所(〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階)
内 容 : 外部委員中心の審査委員会による約20分のヒアリングをし、実効性などを審査させていただきます。
審査員 : 一般社団法人岡山県中小企業診断士会、公益財団法人倉敷青年会議所、NPO法人赤磐市市民活動支援センター、運営団体(幣法人)

■事業報告の提出について
事業終了後2ヶ月以内に事業報告を事務局に提出してください(但し、最長2021年3月31日とします)。

■その他
★岡山NPOセンターと日本財団CANPANの連携について
本基金は、県民とNPOをつなぐことで、NPOの基盤づくりを支援するものです。そのためには、NPOが広く県民に知られ、理解されることが必要であり、情報公開、情報発信が欠かせません。そこで、岡山NPOセンターでは日本財団の公益ポータルサイト「CANPAN」と連携し、団体情報の公開支援を行っています。この機会に、ぜひCANPANを活用した情報公開や情報発信に積極的な取り組みをお願いいたします。 

★公益ポータルサイト「NPOkayama」とは
岡山NPOセンターがその情報が信頼できると判断したNPO法人と支援者とをつなぐことを目的としたウェブサイトです。公開されている情報と提出いただいた各種資料を岡山NPOセンターが登録要件に基づいて確認し、さらに公開されている情報と現物との確認を行っている証として、「認証マーク」を付与したNPO法人のみを紹介しています。
この認証マークは、CANPANの団体情報(データベース)を見た際にも、認証団体のみに添付されています。
おかやまNPOアワードの審査結果や表彰団体の紹介も、この公益ポータルサイトでおこないます。
本アワードに申請される予定で、公益ポータル未登録の法人は申請前にお早めにご相談ください。


■お問合せ・申請先 
特定非営利活動法人 岡山NPOセンター  
〒700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階
TEL 086-224-0995   FAX 086-224-0997   
E-mail npokayama@gmail.com   URL  http://www.npokayama.org/
業務時間:月曜日〜金曜日 9:00〜17:00(年末年始、祝日を除く)
【2/5(水)】ネット販売、 スーパーマーケットにおける SDGsやエシカル消費 を取り入れた経営とは [2020年01月16日(Thu)]

ネット販売、スーパーマーケットにおける
SDGsやエシカル消費を取り入れた経営とは

200116事業者向け消費者志向経営推進事業_page-0001.jpg

近年、事業者は、顧客志向だけでなく、社会や環境にも配慮した商いも求められています。本講座では、インターネット・ショッピングモール「楽天」の崎村様には、ネット販売の観点から、「株式会社R・B・K」にて金藤様には、スーパーマーケットの観点から、持続可能な消費、SDGsや消費者志向経営への取り組みをお伺いします。持続可能な消費や顧客への働きかけとは?消費者志向経営を担当されている企業の皆さま、ECやスーパーマーケットの今後に関心のある方など、是非ご参加ください

●日時 2020年 2月 5日(水) 19:00〜21:00
●場所 ハッシュタグシェアスペース(岡山市北区北長瀬表町二丁目17番80号 BRANCH岡山北長瀬内)
●対象 (定員40名先着順)
@岡山市内の企業経営者の方A岡山市内の 金融機関関係者の方 B顧客・消費者志向経営に関心のある方 Cその他、SDGs、エシカル消費などのテーマに関心のある方など
●参加費 無料(お申込み、先着順)
●参加方法
以下のリンクからお申込みください。
https://forms.gle/3cZjKFPxBTD678Sj8
●主催 岡山市
●企画運営 NPO法人岡山NPOセンター
●講師
〇崎村奏子さん
新聞社を経て、2015年より楽天グループのソーシャルイニシアチブの企画運営を担当。2018年、「楽天市場」にオープンした「EARTH MALL with Rakuten」では、「未来を変える買い物を。」をテーマに、持続可能な社会づくりに繋がる商品を紹介するほか、サステナブルなお買い物を楽しんでもらうためのウェブメディアを運営している。
〇金藤純子さん
神戸大学法学部卒業後、開TBに入社。関西営業本部情報企画室、マーケティング室主任研究員として、顧客データベースマーケティングや調査事業、販促計画立案、店舗指導に携わる実務に関わる。1999年、潟潟]ームに入社。流通小売業各業種を中心に、顧客マーケティング、CRM推進のリサーチ、分析、エリアマネージャーによる店舗マネジメント改革プロジェクトや生産性向上プロジェクトの支援を行う。SCにおいては、デベロッパーとショップの課題を調査、分析し、課題解決に向けたSCマネジメント業務の研修プログラム企画やリニューアル前後の顧客動向調査、商圏分析など、SCの経営・顧客データの戦略的活用を受託。2007年より専務取締役。
2012年、全国の商業施設におけるテナントの出退店動向を調査し集約した業界最大級のデータベース「SC GATE(エスシーゲート)」の企画開発を担当、2017年12月より、SC専門のシンクタンク「SCトレンド研究所」所長を務める。
2020年、株式会社R・B・Kにて商業コンサルティング
【2/4(火)、2/10(月)】休眠預金等を活用した助成制度・事業評価セミナー [2020年01月16日(Thu)]

岡山県 令和元年度地域活動継続支援事業
休眠預金等を活用した助成制度・事業評価セミナー
コラボ開催!休眠預金助成公募説明会
岡山県内で子どもの未来を支える拠点整備を行う団体を募集します。


※終了しました。多数のご参加誠にありがとうございました。
 当日の配布資料は以下をご参照ください。

 ・JANPIAプレゼン資料_公募説明会@中国圏.pdf
 ・200204-10岡山NPOセンタープレゼン資料_岡山津山会場.pdf

★助成に関する公募要領、申請様式一式は>>こちら
(ひろしまNPOセンターのサイトへ移動します)


200204-10NPOhyokaseminar.png
休眠預金等活用法に基づく資金分配団体が決定し、実行団体への助成公募が開始されました。

岡山県内で本助成への申請を検討する団体をはじめ、県内のNPO/NGO、地域団体、企業組織、行政機関等のみなさまへ、本助成制度の狙いや概要、社会から期待される成果についてご説明を行うとともに、その趣旨や事業規模に適した事業提案や取り組みを行うためのポイントを解説するセミナーおよび助成公募説明会を開催します。

併せて、本助成制度において導入が求められる事業評価について、実際に評価に取り組まれている県内団体の事例紹介を通じ、具体的な実践方法をご紹介します。






■ 開催概要・・・「1.解説」および「2.助成公募説明」は両日とも同じ内容です。
<岡山会場>
日時:2020年2月4日(火) 19:00〜21:00
場所:BRANCH岡山北長瀬 ハッシュタグ シェアスペース
   (岡山市北区北長瀬表町2-17-80)
   地図:https://oka-kitanagase.hashtags.biz/top/access (外部サイト)
内容:1.休眠預金等活用によって目指すもの
    解説:浅野 美樹 氏
      (一財)日本民間公益活動連携機構 事業部 プログラムオフィサー
   2.助成公募説明「岡山地域での募集テーマと申請手続き」
    担当:岡山NPOセンター
      (資金分配団体中国5県休眠預金等活用コンソーシアム 構成団体)
   3.事業評価実施団体による事例紹介
    事例提供:認定NPO法人子どもシェルターモモ
    進行:岡山NPOセンター
   県内団体が活用できる助成金情報紹介 等

<津山会場>
日時:2020年2月10日(月)13:30〜15:30
場所:津山商工会議所 3階 第1会議室
   (津山市山下30-9)
   地図:https://www.tsuyama-cci.or.jp/about/access.html (外部サイト)
内容:1.休眠預金等活用によって目指すもの
    解説:鈴木 均 氏(予定)
      (一財)日本民間公益活動連携機構 事務局次長
   2.助成公募説明「岡山地域での募集テーマと申請手続き」
    担当:岡山NPOセンター
      (資金分配団体中国5県休眠預金等活用コンソーシアム 構成団体)
   3.事業評価実施団体による事例紹介
    事例提供:はにわの森
    進行:岡山NPOセンター
   県内団体が活用できる助成金情報紹介 等

● 対 象 :県内のNPO/NGO、地域団体、企業組織、行政機関など
      ※各回定員30名、1団体2名まで
●参 加 費:無料
●参加方法:【要事前申し込み・先着順】専用のウェブフォーム、メール、FAXにて、チラシ裏面の申込み用紙または同内容を「お問い合わせ先」までお送りください。
● 主 催 :岡山県、NPO法人岡山NPOセンター 協力:(一財)日本民間公益活動連携機構
●持 ち 物:筆記用具 ※助成金の募集要項等は当日会場にて配布いたします。
●お 願 い:当日は時間が限られておりますので、円滑な進行へのご理解・ご協力をお願い致します。

■ お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター(担当:柴田、北内)
〒700-0822
岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
電話:086-224-0995
FAX:086-224-0997
E-mail:npokayama★gmail.com (★を@に変えてお送りください)
業務時間:祝日を除く月曜日〜金曜日 9:00〜17:00
【1/26(日)】被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー 被災からの避難所や在宅での暮らし支援の経験を学ぶ。 平成30年7月豪雨災害・倉敷真備での実践者から学ぶ避難所運営や地域支援 [2020年01月08日(Wed)]

被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー


被災からの避難所や在宅での暮らし支援の

経験を学ぶ。


平成307月豪雨災害・倉敷真備での実践者から学ぶ

避難所運営や地域支援



  趣 旨 


 平成307月豪雨災害では、岡山県内NPO、企業、住民組織、各種団体などが情報の共有や連携を行い、復旧・復興に向けて活動が展開されてきました。お互いに連携して活動が展開できたのは「平時からの活動」や連携できる「関係性」のおかげでした。


 今、被災地は緊急支援からコミュニティ再生に取り組むフェーズへと変わり、支援活動もそれにあわせて変化しながら続いています。その現在進行形で進む倉敷市真備で実際に支援をされた方々の事例を学び、今後発生する災害に備えるために、お互いの顔が見える関係づくりと災害に関する認識共有を図ると共に、災害支援のためのネットワーク「災害支援ネットワークおかやま」への参画やネットワークとの連携を高めることを目的とした交流セミナーを開催します。


2 概要


◆日 時:    2020126日(日)13:301630


◆会 場:    浅口市健康福祉センター2階研修室(岡山県浅口市鴨方町鴨方2244-26)


◆対 象:    今後の災害支援について関心のある行政、NPO、企業、専門家、

         各種組織、一般市民など


◆参加費:   無料


◆定 員:      50


◆参加方法: コチラのフォームよりお申し込みください。 


◆主催/共催: 岡山県・特定非営利活動法人岡山NPOセンター/災害支援ネットワークおかやま


◆後援:        浅口市社会福祉法人浅口市社会福祉協議会



◆プログラム


(1) 開会挨拶・趣旨説明


(2) 事例報告


          @心の復興と地域を紡ぐ〜私にできることとは?〜(槇原聡美/川辺復興プロジェクトあるく)


          A 避難所・避難所生活を支えるために(合田茂広/一般社団法人ピースボート災害支援センター理事)



(3) 意見交換会


(4) 浅口市くらし安全課より情報提供


        閉会 


3 お問い合わせ先


特定非営利活動法人岡山NPOセンター (担当:柴田、大塚、詩叶)


700-0822 岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階 岡山NPOセンター内


電話 086-224-0995  FAX 086-224-0997  E-mail      npokayama@gmail.com


*当交流セミナーは、岡山県被災者支援NPO等ネットワーク構築事業として実施します。




0001 (1).jpg0002.jpg


続きを読む・・・
【1/19(日)】令和元年度 岡山市地域協働フォーラム [2020年01月07日(Tue)]

令和元年度 地域協働フォーラム
伝統芸能継承活動を通じた地域コミュニティの持続可能性を考える


統芸能を継続することの意義、また活動の持つ機能は何でしょうか?

地域の伝統芸能継承活動の担い手不足が深刻になるなか、現在の地域の担い手である人々は、活動を絶やすまいと「保存」と「伝承」に全力をあげています。

継承活動を介してなされるコミュニケーションは、地域のアイデンティティや住民の絆意識を醸成しコミュニティ基盤を強化するという意義があり、活動に係わる人々の『暗黙知』として蓄積されています。

他の地域の活動事例から次世代に活動を継承するための知恵や工夫を知り、各地域の伝統芸能が地域コミュニティで果たしている役割や意義を学びます。
●日時:2020年1月19日(日)
  開場13:00(13:30〜16:30)
               
●場所:岡山市勤労者福祉センター5F
 (岡山市北区春日町5−6)

●定員:100名

●参加費:無料

申込はこちらから


続きを読む・・・
【1/18(土)】おかやまNPO新年会(2019年度会員定例会) [2020年01月06日(Mon)]


特定非営利活動法人岡山NPOセンター
(2019年度会員定例会)
開催のご案内
※本企画は、特定非営利活動法人岡山NPOセンター会員のみなさまへのご案内となります。
岡山NPOセンターの会員制度及びご入会のお申込みはこちらからご確認ください。


*申込受付終了いたしました。
ご応募頂き、ありがとうございました。(1/16)


【jpeg1】2019年度岡山NPOセンター新年定例会チラシ.jpg

厳寒の候、時下益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
また平素より、当法人の運営に格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。
さて、恒例の会員新年会「おかやまNPO新年会」を2020年も開催する運びとなりました。
本会ではシェフを呼び、美味しいご飯を食べながら、楽しい演出の中で、グループで内側、外側で輪になり、順番に、1対1で、団体の活動内容の情報交換や今年の抱負自己紹介を行います。参加者全員とお話することができ、岡山で活動する様々なジャンルのNPOとの繋がりができる新年会となっています。
皆さま、お誘いあわせの上、是非ご参加ください。
皆さまとお会い出来ますことを、楽しみにしております。


日時  2020年1月18日(土) 19:00〜21:00
場所  ハッシュタグ
    (岡山市北区北長瀬表町二丁目17番80号 BRANCH岡山北長瀬内)
対象  岡山NPOセンター会員、会員のご紹介の方(会員の種別は問いません。)
参加費   4,000円(岡山NPOセンター会員)
            4,500円(岡山NPOセンター会員に同行される方) 
            →当日、岡山NPOセンターの会員になっていただくこともできます。
内容  食事をしながら懇親、楽しい演出のもと自己紹介

   
≫チラシはこちら(PDFが開きます)

    電話・E-mailでお申込みの場合は、ご参加頂けます方の

   「お名前、ご所属、当日の緊急連絡先、Eメールアドレス」を

     下記事務所までお知らせください。

申込締切 2020年1月15日(水)



■お申込み・お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター
〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64 上之町ビル3階
電話086-224-0995 FAX086-224-0997 E-mail npokayama@gmail.com
業務時間 祝日を除く月〜金曜日 9:00〜17:00