CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«【3月3日】KOTOMO基金 第2回活動報告会「虐待事件からの提言を受けて必要な支援について考える」 | Main | 3/21 被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー「コロナ禍でも災害時に連携するために地域の連携体制と支援に取り組む組織の情報共有を学ぶ。」@鏡野町»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2022年05月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
よる会(近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会) 第10回:登録して1年、2人の子どもの里親になりました。 [2022年02月25日(Fri)]

よる会(近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会)
第10回:登録して1年、2人の子どもの里親になりました。

第10回よる会は、里親ファミリーのお話を伺います。
ゲストのなほさんは、【ぐるーん】という抱っこをするボランティアの活動をするなかで、一時里親という制度を知りました。それをきっかけに一時里親、養育里親へ登録し、1年後に今の里子2人と出会いました。
ご自身のご両親との大人3人の生活から、子どもたちのいる5人の、笑いの絶えない生活に激変。里親支援も受けながら一年半が経とうとしています。
社会的養護について少しでも関心が広がればと、実際に里親になって体験したことをもとにお話をしていただきます。

日時:2022年3月25日(金)19:00〜20:30
会場:Zoomによるオンライン開催(申込制)
申込こちらから⇒ https://220325yoru-kai-10.peatix.com

第10回ゲスト:なほさん(ぐるーんサポーター)

岡山市在住
高校卒業後、東京、京都、愛媛を転々としたのち十数年前から岡山に落ち着いてます。
趣味は、旅行・水族館巡り・車中泊・DIY
同居の両親の協力を得ながら、2020年10月から2人の兄妹の養育里親として生活中。
多趣味を活かして2人に沢山の経験をプレゼント出来るよう日々奮闘中。


よる会チラシ(第10回ゲストなほさん).jpg



よる会は、様々な当事者であるゲストと進行役との対話形式で近くて遠いさまざまな社会の課題に心を寄せて語り合う会です。
※ゲストへのご質問は申込フォームまで。ご参加の皆さまとの意見交換も予定しています。


対象:テーマに関心がある方、「当事者」から話を聞いて何ができるか考えたい方。
   申込時に「誹謗中傷をしない」などの「よる会のルール」に同意いただける方。
参加費:1,000円、学生500円
《集まった参加費の半額はゲストの取組ないしはゲストが選んだ当事者支援団体に寄付します》
問合せ:岡山NPOセンター【メール】 npokayama@gmail.com (担当 しらはた)
   【電話】 086-231-0532(電話は担当者勤務地・ゆうあいセンターにつながります)


★よる会にご参加の皆さまには
以下の5つの事項を守っていただきますようにお願いいたします。
【よる会のルール】
1.思いやりのある発言を心がけ、誹謗中傷をしません。
2.いろんな方の意見が聞けるように自分の発言のボリュームを配慮します。
3.撮影は許可を得たもののみとし、録音・録画等の記録を禁止します。
4.会の中で知り得た個人情報の取り扱いに注意します。
5.SNS等への無断での録画や映像・音声の投稿や誹謗中傷する投稿をしません。
※個人的な感想などは問題ありません。


「よる会」情報サイト
岡山NPOセンターのサイト⇒ http://www.npokayama.org/yoru-kai-okayama
「よる会」Facebookページ⇒ https://www.facebook.com/yoru.kai.okayama


トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント