CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«生きるを支えるフォーラム:若者を取り巻く環境と自殺予防〜コロナ禍にも対応した支援を考える〜 | Main | 【オンライン】2020年度事務局セミナー実務講座 税理士による年末調整講座»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
【被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー】コロナ禍でも災害時に連携するために被災家屋の支援方法や手順と支援に取り組む組織の情報共有を学ぶ。 [2020年10月07日(Wed)]

201118npokayama_setouchi_seminar.jpg<被災地支援に取り組む人と組織の交流セミナー>

コロナ禍でも災害時に

連携するために

被災家屋の支援方法や手順と

支援に取り組む組織の情報共有を学ぶ。



平成30年7月豪雨災害では、県内NPO、企業、住民組織、各種団体などが情報共有 や連携をしながら復旧・復興に向けて活動を行い、現在、被災地では、日常生活への復帰 やコミュニティ再生の取組などが本格的に行われています。また、本年発生した令和2年 7月豪雨災害の被災地では、新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から、外部からの 支援を十分に受けられない状況での災害対応に苦慮されています。 近年の同時多発的に起こる災害への対応や感染症対策も踏まえ、地域内(市町村域・県 域)の資源をつなぎ、多様な主体が連携・協働して支援活動を行うことが強く求められて います。 今回、被災家屋の復旧方法、生活再建の制度及び手順を学ぶとともに、行政・社協・民間の三者で連携の取れた支援を行うために必要となる「情報共有会議」の役割や機能を学ぶためのセミナーを開催します。

 なお、新型コロナウイルス感染症拡大防止やコロナ禍での災害対応の実状を踏まえ、オンラインによる参加も可能です。


◆日 時:令和2年11月18日(水)13:30-16:30

◆会 場:1瀬戸内市総合福祉センター 2階大会議室(岡山県瀬戸内市邑久町山田庄862−1)

     2ZOOMオンライン

◆定員:1.会場/30名 2.オンライン/20名 ※定員になり次第締め切ります。

◆対 象:行政、社協、災害支援活動をしている(する予定の)NPO

地域組織、企業、専門家 など

◆参加費:無料

◆次第:

講義1 家屋の復旧と生活再建

ワーク 瀬戸内市の災害支援について

    ・瀬戸内市、市社協話題提供  

    ・地域組織で出来ること

講義2 災害対応における三者連携の意義

講義3 災害時の情報共有と支援調整


以下のお申込み内容をWEBフォームからお申込みいただくか、

お問い合わせ先までメールまたはFAXにてお送りください。申込用紙はこちら



【お申込み内容】

1.ご所属 2.お名前 3.連絡先(電話番号・メールアドレス・住所)4.参加方法 5.平成30年7月豪雨での災害支援の有無とその内容 6.平成30年7月豪雨以外の災害支援の有無とその内容


【お問い合わせ先】

災害支援ネットワークおかやま

(受付事務局:NPO法人岡山NPOセンター 担当:大塚、柴田)

〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階 岡山NPOセンター内

電話 :086-224-0995 FAX 086-224-0997

E-mail npokayama@gmail.com

※本事業は岡山県被災者支援NPO等ネットワーク構築事業の一環として実施いたします。

【主催】

岡山県・NPO法人岡山NPOセンター

【共催】

災害支援ネットワークおかやま

【後援】

瀬戸内市、社会福祉法人瀬戸内市社会福祉協議会
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント