CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«新型コロナウィルスの感染拡大防止に伴う在宅勤務について | Main | 休眠預金活用推進議員連盟に提案を行いました。»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年05月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
東北地方太平洋沖地震応援基金
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
【アンケート結果】「新型コロナウイルス感染拡大への対応及び支援に関する岡山県内NPO法人等緊急アンケート」の最終結果報告書を公開いたします。 [2020年04月13日(Mon)]

「新型コロナウイルス感染拡大への
対応及び支援に関する
岡山県内NPO法人等緊急アンケート」
の最終結果報告書を
公開いたします。

クリップボード01.jpg

本件につきまして、多くの県内NPOの方々にご協力をいただき、ありがとうございました。
アンケートの結果につきましては、継続的な政策提言(国、県、市町村への要望など)や当法人としてのNPO支援の取り組みに活用させていただきます。

【調査概要】

回 答 数:89(うち、無効2)

対  象:岡山県内NPO法人及び市民活動団体

対象期間:20202月〜3月において受けた影響について

開 始 日:2020327

締め切り:2020410

実施方法:岡山県内に主たる事務所を置く全NPO法人のうち、ヤマト運輸メール便の受取が可能な住所を把握している644法人へ調査票を送付。回答はFAXE-mailにて受付。また岡山NPOセンターのウェブサイト、FacebookTwitter上にウェブフォームを開設し、非営利活動を行うその他法人及び任意団体からの回答を受け付けた。

実施主体:NPO法人岡山NPOセンター


<調査概要>

・福祉(高齢、生涯)、子ども、環境、まちづくり等幅広い活動団体から回答。

68%の団体が活動の中止や縮小等の影響を受けており、45%の団体が団体の経営への影響を受けている。

2月〜3月に経営への影響があったとし、具体的な金額を回答した23法人における被害額は平均で1,748,261円、最大で20,000,000円である。

・対人支援、対面販売等事業を行う団体において、衛生面での対応やマスク等物資の不足に関する不安を抱える傾向が見られる。また、スタッフ自身が罹患した場合、また支援対象者が罹患した場合などに活動や支援が継続できなくなることを不安視する意見が多く挙げられた。

・どの世帯も経済的に困窮し、利用者が増えるが今の体制のままでは応対し切れない。子育て世帯なので、孤立によるメンタルヘルスマネジメント活動地域(ベトナム・フィリピン)において、中韓日人への差別が横行しつつある。等の多様な社会課題増加の懸念が示された。




トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント