CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPO法人事務力検定【2014年度夏季試験】 | Main | 【緊急募集】ろうきん寄附システム「広島市豪雨災害緊急寄付配分団体」募集について»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
東北地方太平洋沖地震応援基金
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
「ソーシャルビジネス採算性向上ワークショップ」開催! [2014年09月03日(Wed)]

SBprofitability_okayama.pngソーシャルビジネス
採算性向上ワークショップ


右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上
9月3日に開催を予定しておりました「ソーシャルビジネス採算性向上ワークショップ」は延期となりました。
★社会貢献と採算性向上の両立を目指す経営者のための「商品の付加価値を10%高める方法」開催決定!★

■日時:平成26年10月24日(金)13:00〜16:00
■場所:岡山県総合福祉・ボランティア・NPO会館
「きらめきプラザ」706会議室(岡山市北区南方二丁目13-1)
詳細及びお申込みは下記URLをご参照ください。
https://blog.canpan.info/npokayama/archive/359
右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上右斜め上

 社会に必要とされながら、収支がつりあわない(赤字)事業を展開されている任意団体や公益法人などの事業者を対象に、事業の問題点や適正規模を見つけ、より採算のとれる事業へと改善していく、または、新規事業の可能性を検討するためのワークショップを開催します。
 当日は「観光・体験プログラム」「商品開発・販売」の先駆者である県内事業者の事例から学ぶだけでなく、同じ悩みを抱える事業者(参加者)同士で相互の取り組みに対するアイデアや助言を交換し合う場を設けます。
 赤字事業にお悩みの皆様、事業の継続をあきらめてしまう前に、一緒に解決策を考えてみませんか?
 改善を目指すNPOの方、大歓迎です!

日 時:2014年8月27日(水)14:00〜17:00「観光・体験プログラムコース」
    2014年9月 3日(水)14:00〜17:00「商品開発・販売プログラムコース」※延期となりました。
会 場:岡山市民会館 203会議室(両日とも共通)
    〒700-0823 岡山県岡山市北区丸の内2丁目1番1号
※会議室棟の入り口は、ホールの入り口とは別の場所にございます(山陽放送会館側)。
 http://www.okayama-shiminkaikan.jp/raikan/info.html
※岡山市民会館は、来客用の駐車場がございません。お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
※お車でお越しの場合は、周辺の有料駐車場をご利用ください。http://goo.gl/7I13q

事例提供者:
「観光・体験プログラムコース」
仲田 芳人さん (かのさと体験観光協会)
 中四国で初めて民間のグリーンツーリズム企画受け入れ団体として設立される。
 地域の自然、農林業、生活文化などの地域資源を生かした体験プログラムを企画し、地域住民との交流を織り込みながら、主に都市住民を受け入れている。
 体験プログラムは「山の精をいただく木の芽の会」「夜川体験」「ばあちゃんの知恵のお裾分け・白菜漬&キムチづくり」「白菜の株主制度」など四季折々に及び、さらに棚田の保全活動、幻の備中白小豆の復活栽培により和洋菓子店と連携した和菓子の商品化、県など行政との協働事業や他団体との連携事業、かのさとファンクラブ、農家民泊「いろり亭」との連携などの幅広い活動を展開している。

「商品開発・販売プログラムコース」
岡本 勝光さん (NPO法人 てっちりこ)
 岡山県の北中部、林業と農業が中心産業の山間地域にある鏡野町で地域伝承品種「姫とうがらし」を活かした特産品開発を進め、地域産業の振興に取り組んでいる。また、県内の百貨店、観光施設、商業施設等との連携により、知名度と販売の向上を図っています。「姫とうがらし」の生産拡大は高齢者の生き甲斐づくりにもつながっている。
 このほかにも、地域の生活基盤を確保する取り組みとして、障がい者共同作業所「ふきのとう」の運営管理、町立観光施設や文化施設の指定管理、郵便・メール便の定時配送をはじめとした都市部との格差是正への取り組み、地域の情報収集を行うことによる、地域の安全巡回などに取り組んでいる。

参加費:無料
定 員:各回20名(先着順)
申込み:申し込み用紙(チラシ)はこちら

※本事業は、平成26年度岡山県ソーシャルビジネス支援事業「SB採算性向上セミナー」として
 実施するものです。(主催:岡山県)

■お申込み・お問い合わせ先
特定非営利活動法人岡山NPOセンター
地域連携センター
 〒700-0822岡山市北区表町1丁目4-64上之町ビル3階
 電話:086-224-0995 FAX:086-224-0997
 E-mail:npokayama@gmail.com
 http://www.npokayama.org/
 (祝日を除く月曜〜金曜日 9:00〜17:00)
 担当:高平、石原
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント