CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

«NPOジム第2回「広報にインターネットはもっと使える。」のツイッターまとめ。 | Main | 「やりがい120%のシゴトへインターンシップ!」の説明会を開催しました!»
検索
検索語句
法人プロフィール

岡山NPOセンターさんの画像
リンク集
最新記事
カテゴリアーカイブ
<< 2020年02月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
東北地方太平洋沖地震応援基金
https://blog.canpan.info/npokayama/index1_0.rdf
https://blog.canpan.info/npokayama/index2_0.xml
NPOジム第3回 「日本財団職員が教える福祉商品のプロモーション。」の報告。 [2010年06月11日(Fri)]



NPOジム第3回 「日本財団職員が教える福祉商品のプロモーション。」の報告をさせていただきます。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
ぜひ、振り返りなどにご活用ください。


講師 山田泰久さん(日本財団)


福祉商品を紹介するブログを運営「shop人にやさしく/人にやさしく」
・ここ1ヶ月で他の施設の授産品を購入したことがある人は?・・・少数
→意外と、他の施設の商品について知らない。

【個人ワーク】
(1)この1ヶ月で購入した、他の施設の授産品・・・「施設名」「商品」
(2)岡山県内のお薦めの授産品(自施設以外で)・・・「施設名」「商品」
を3分で付箋に書く。


【講義】

日本財団のこれまでの取り組み紹介
・就労などの福祉拠点の整備
・先駆的モデル事業への助成
・先駆的施設での「出稽古」研修プログラム
・見本市や販売会の企画・開催
・ブログによる情報発信
・「真心絶品」ブランド化

施設商品には大きな可能性がある!!
・世間の認知が低い
・施設商品を扱いたいという人や団体が増えてきた
・障害者の自立だけでなく、日本の貴重な労働力
・CSRとの親和性の高さ

全国の取り組み
・全国サイト「真心絶品」
 ・・・掲載は厳しい。売れるものしか掲載しない。

・全国サイト「TOMO市」
 ・・・元楽天の商品アドバイザーによる講習を実施。

ナイスハート北海道
 ・・・企業向けの商品紹介サイト。企業目線を知る。

工賃倍増カフェ
 ・・・複数施設のサービスや商品を組み合わせて新商品。

ハンズオン!埼玉
 ・・・「埼玉クッキープロジェクト」

NPO法人トウギャザー
 ・・・オンラインショップ

CHIRORI
 ・・・助成向けのおしゃれなお店。

・県庁授産品見本市
 ・・・県庁で販売キャンペーン。


最近の傾向
・移動販売車・・・うどん、ラーメン、たこ焼きなど
・ネット販売・・・真心絶品、TOMO市など
・販路の開拓・・・個人オーナーのコンビニ、道の駅、パチンコの景品、老人ホーム、病院、学童保育、特別支援学級、お土産など
・企業との連携・・・CSR
・農業との連携・・・農林水産省でもすすめている。補助金も多い。
・コミュニティカフェ・・・ソーシャルなカフェ。
・コミュニティビジネス、ソーシャルビジネス・・・経済産業省で進めている。親和性高い。


その他、情報収集先
スペース96の障害者雇用・就労関連セミナーのお知らせ(メルマガ)
日本財団伊藤のブログ  ・・・担当者の方のブログ
授産機器整備事業に関する調査結果報告書 ・・・特にパン製造の方に
(株)福祉ベンチャーパートナーズ ・・・専門のコンサルタント
『施設長の資格』〜障害者施設の舵取り指南(メルマガ)
障害者就労支援情報コーナー
ATARIMAEプロジェクト
メール de ナミねぇ(メルマガ)
山形県福祉施設ふれあいショップ(ネットショップ)
おおいたイチオシ家族




施設商品を考える


●施設商品(食べ物)のキーワード「おいしい社会貢献」
(1)食べる側・・・おいしい施設商品を食べて社会貢献。
(2)つくる側・・・福祉施設も社会貢献。地域においしいものを提供。地域の人材雇用。高齢者の買い物場所提供。など。

障害のある人も地域に貢献できる!「障害者施設の地域貢献」がこれからのキーワード。

●誰もが持っている可能性←→施設にはできないという先入観
・いい施設は「利用者の可能性を信じている」
・自己規制をしていないか?・・・居酒屋をしている施設もある。

「障害があるからできない」・・・限定された仕事
 ↓
「障害があってもできる」・・・素敵な商品に!
※経験障害・・・障害のある人から経験する権利を奪うのも、二次障害。


●立ち仕事と座っている仕事「工賃が高い施設は立っている」
・立つことで動きやすくなり、効率が上がる。
・働くことの訓練・・・すこしずつ訓練。最初からできたわけではない。
・少しずつ、働く日数や時間を増やしていくことでできるようになる。
・働くことに対する意識の高い施設は取り組んでいる。
※障害があってもなくても、誰もが最初は新人。


●働くことの環境整備
・作業環境→整理整頓。効率よい作業スペース
・売り場→福祉施設っぽいではなく、一般の店舗のように
・利用者周囲→保護者の意識を変える。「できない」の判断を変える。


●職員の仕事
・「職員は利用者と同じ仕事をしていいのか?」職員と利用者の仕事の区分
 ・・・時給が違う人同士が同じ仕事をしてていいのか?
・では、職員の仕事は?
 ・・・日々の作業の準備による効率化、新商品開発、販路開拓、営業、利用者の研修

●就労事業所の理念
・重要な2つの顧客・・・利用者(福祉サービス)と地域や購入者(ビジネス)の要素
・顧客を整理し、「ビジネスとしての理念」を共有する。


●福祉施設の戦略
山田さんの目線で見ると・・・
・「品質」は、一般の商品と変わらない。
・「パッケージ」は、きびしい。福祉商品っぽい。プロなどに頼むと違う。
・「値段」は、安い。(=儲けが少ない)安くしすぎる必要はないのでは?
・「付加価値」は、高い。その点をもっと確かに伝えるべき。

(1)販売方法「福祉施設だからこその利点を」
・宅配・・・お豆腐や食パンをお届けする事例も
・引き売り・・・リヤカーで豆腐などを。また弁当を工場などに。
・移動販売車・・・うどん、ラーメン、たこ焼きなど
・もう一度、ネット販売・・・再び、機運上昇。コストも安く。
・他の施設との連携・・県庁などで一緒に販売。
・セット販売、ギフト販売
・企業や行政の職員を対象に残業用の食事販売
・卒業した学校に、元生徒が販売
・老人ホームでレクリエーション的に販売、
・学校の給食に
・学童保育のおやつや夕飯に販売
・コンビニの景品
・カタログギフトに入れてもらう
・ミュージアムショップの商品をつくる
・フェアトレードショップにおいてもらう・・・などなど

(2)商品開発
・地域の特産品を活用。地産地消として学校の給食に。
・企業、地域、専門家との連携・・・デニムの会社と組んで、紙にデニムを加えた新商品など
・農業との連携・・・担い手不足の分野に参入
・NPOやエコ団体との連携
・地域のニーズに応える。地域貢献。

(3)要望から提案へ
・「仕事を下さい」→「御社の課題を解決します」
 ・・・相手の困っていることを聞いて、その解決を提案する。
 ・・・まずは、お付き合いをつくるところから。
・「お店で売ってください」→「この商品を置くと、お客さんが喜びます」
 ・・・お店やお客さんのメリットを伝える。

(4)PR・周知「マスコミ向けのニュースリリース」
・署名記事や連載を読み、その人に連絡する。
・連載なら、そこに合う形で文章を書いて送る。
・季節に合わせた使用方法の提案をする。
・送付は担当者へのピンポイントで。
・新商品を出したときには、郵送やFAXで送る。
・送ったら、詳細情報をウェブサイトやブログに掲載する
・地域の挨拶回りには、必ず施設商品を持参する。常に持っておく。
・地域の情報誌などにもプレスリリース。
・職員や保護者にも活用いただき、宣伝マンになってもらう
・口コミ効果。


※月給1万円からの脱出
・「月給1万円からの脱出」は裏テーマ。
・お客さんにPRするのは有効な戦略ではない。


まとめ

●心技体
「心」・・・利用者、職員、保護者の意識
「技」・・・商品開発、製造や販売のノウハウ
「体」・・・利用者の体力、体験・訓練の提供、施設の体制

●福祉視点&ビジネス視点
・コンサルタントの多くは福祉の知識や経験がない。そこは施設で補う。
・例えば、「保護者」というステークホルダーは施設に特有のもの。

「ステキな施設商品や、やりがいのある仕事で、地域も、施設も明るく、楽しく!!」



【グループワーク】
・ポストイットに「授産品」と「販路」や「顧客」を書く。
・それを模造紙に貼って紹介。
・出た商品のコラボレーションを考える。



【まとめの講義:事例紹介】
・ラーメンの移動販売車
・あげたてコロッケサンド販売車
・アイスクリームの販売車
エイブルアートカンパニー 
たんぽぽの家 
・大学の学食受を託
CHIRORI・・・おしゃれなショップ
元気ショップ・・・売れない商品は引き取る
・フランス料理の店。予約制。
・高齢者向けのパンの店(お米のかわりにパンを主食にされるお年寄りが!)
・学童保育へのパンの販売
・高齢者が食べやすいサイズにして販売
・産直市場で地域の食材で製作し、販売
・企業向けの販売
・宅配のみ。食パンのみ。それでコストを下げる。
・パン職人を雇って商品開発。
・日持ちをするパンを作成し、お中元などに。
・非常食用の缶入りパンを作成する。パッケージには広告。
トラックバック
※トラックバックの受付は終了しました

コメントする
コメント